FX口座比較|イサムのFX初心者研修会ブログ

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
イサムのトレード力向上講座

無料でお教えします!


kouza0122.jpg

ご希望の方はコチラをクリックしてください



 


日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170120

(チャートをクリックすると拡大されます)
昨日の日足ローソク足は陽線を形成しております

昨日はECBがありまして
ドラギ総裁の発言でユーロ売りに反応しました

ユーロドルは下落したのですが
深夜の動きで戻しております

チャートを見るとよくわかりますが昨日のレポートで指摘しました
日足+1σラインで安値がピタッと止まっております

このラインが抵抗線として効いている間は
まだ上昇方向へ向かう力が残されていることが読み取れますので
方向を読み取る上で重要なラインと言えます

但し、長期で下降トレンド中ですので
安定した上昇は期待し難く
一昨日のように調整の下降も入りやすので注意は必要です

昨日のように日足+1σラインの下値抵抗線が効いている間は
まだ上方向に向かう力があると見ています

今日も日足+1σラインを基準線として見ています
今朝の時点では1時間足で短期上昇トレンド中ですので
まずはどこまで上昇するかを見たいところです

直近では
一昨日の上昇から昨日の下降で短期の山が形成されています
直近では山の頂点1.0720付近を上値抵抗線として意識しております

このラインを越えると次の目標値を1.0800付近で見ています


逆に下方向に流れを変えた際は
まずは日足+1σライン割れを目安にしたいと思います
このラインを割れることで下降圧力の強まりを読み取れまして
次の目標値を日足平均線で見ています


特に今日はトランプ大統領就任となります
就任演説でどんなコメントは発するのか全世界が注目しております

時間は未定ですが
オバマ大統領の時は25時台からでした

サプライズがあると一気に為替が動く可能性がありますので
注意しましょう


今日はこのあたりに注目しております
以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170120

(チャートをクリックすると拡大されます)





経済指標20170120
日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170119

(チャートをクリックすると拡大されます)
昨日の日足ローソク足は陰線を形成しております

一昨日は比較的長い陽線を形成しましたが
昨日は半分ほど戻してしまいました

ナカナカ上昇は継続されませんね

これまでのレポートで解説しましたように

長期では下降トレンド中ですので
ある程度上昇すると下降圧力勢力が強くなりがちですので
昨日もそういった調整の展開となりました

特に昨日の注目は1.0650ラインをキープできるかどうかでしたが
結局、割れてきました

即ショートという場面ではありませんが
今日の注目は日足+1σラインで見ています

このラインを割れてくると下降圧力が比較的強くなりやすい目印になると思います

日足+1σラインを割れてくると次の目標値を日足平均線で見ていますので
このあたりを目安にするといいでしょう

逆に上方向に反応した際ですが
一昨日の上昇から昨日の下降で短期の山が形成されています
直近では山の頂点1.0720付近を上値抵抗線として意識しております

このラインを越えると次の目標値を1.0800付近で見ています

特に今日はECBがありますのでここでもサプライズ発言があると
相場は動きやすくなりますので注視しましょう

21:45 欧州中央銀行(ECB)理事会、政策金利発表
22:30 ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、記者会見

時間でいうと上記あたりがポイントとなります

今日はこのあたりに注目しております
以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170119

(チャートをクリックすると拡大されます)







経済指標20170119