未分類

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
イサムのトレード力向上講座

無料でお教えします!


kouza0122.jpg

ご希望の方はコチラをクリックしてください



 


日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170324

(チャートをクリックすると拡大されます)
昨日の日足ローソク足は同値線を形成しております

1時間足を見ますと
前半 レンジ
中盤 レンジ
終盤 レンジ
の流れとなっております

一昨日同様にレンジ展開となっております
大きな動きは発生しておりません

昨日はレンジ下限として1.0780付近に注目しておりまました

中盤以降はほぼこのライン上でレンジ展開となっておりますので

下方向にアタックを仕掛けている展開ではありますが
抜けきれませんのでサポートが効いている状況です

今後下降圧力が優勢になった際に注目しているのが下値抵抗線 1.0715ラインです

日足レベルでは上昇トレンド中ではありますが
このラインを割れることで流れの変化を読み取れる最初の場面として意識しております

また、逆に上方向ですが
引き続き、1.0830ラインを意識しております
このラインは今年最高値の重要ラインですので
越えることで変化発生ではありますが
反落する可能性も十分ありますので
重要ポイントとして意識しております

FOMC以来、米国の勢いも失速しておりますし
ドル円は110円台を記録していますので
今後の変化にはいち早く対応できるようにしましょう

以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170324

(チャートをクリックすると拡大されます)






日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170323

(チャートをクリックすると拡大されます)
昨日の日足ローソク足は同値線を形成しております

1時間足を見ますと
前半 レンジ
中盤 レンジ
終盤 レンジ
の流れとなっております

終日レンジ展開でありましたので
ほぼ動かずの展開となっております

動かないというよりも動けない
の表現の方が適切かもしれません

昨日のレポートで解説しましたように
現在のユロドルは日足で上昇トレンド中で
重要な上壁付近に位置しております

上値抵抗線 1..0830
を重要抵抗線として位置付けておりますが

昨日もこのライン付近まで上昇するものの抵抗を受けている状態です

また、現在の上昇を支えているのが1.0780ラインでして
昨日のレポートでもこのラインに注目し
このラインをキープしている間は上方向に向かっていることを示唆しておりました

その結果、昨日の安値もこのライン付近でピタッと止まっておりまして
昨日は上下共に指摘したラインで止まっております

1時間チャートを見るとよくわかりますが
レンジ上限 1.0830
レンジ下限 1.0780

で綺麗に推移しております

今日のポイントは昨日と同様でして
上記を重視しております

まずは1.0780ラインをキープできるかどうかが課題ですので
その結果で方向を見極めるといいでしょう

下方向にブレイクした際は1.0715を割れることで下降圧力の強まりを期待しております

以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170323

(チャートをクリックすると拡大されます)

日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170322

(チャートをクリックすると拡大されます)
昨日の日足ローソク足は陽線を形成しております

1時間足を見ますと
前半 上昇
中盤 上昇
終盤 レンジ
の流れとなっております

上昇圧力が優先な展開となりまして
上方向にプチ変化が発生しております

昨日のレポートでも指摘しましたように
上値抵抗線 1.0780をこえることにより
1時間足でのレンジブレイクとなっております

ブレイク後も上昇圧力は強さを増しましたが
次の抵抗線 1.0830のやや下で止まっております

今日のポイントは1.0830ラインで見ています

このラインは今年最高値ラインとなりますので
厚い上壁の存在として意識しております

この壁を越えると上昇圧力の強さを確認できるでしょう

今日は1.0780を基準線として考えておりまして
このラインよりも上の範囲では上昇圧力継続で
上方向にアタックを仕掛けている状況を読み取れます

下方向に関しては
まずは1.0780ラインですが

その下の1.0715を割れることで下降圧力の強まりを期待しております

以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170322

(チャートをクリックすると拡大されます)



日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170321

(チャートをクリックすると拡大されます)
金曜日の日足ローソク足は陽線を形成しております

1時間足を見ますと
前半 上昇
中盤 下降
終盤 レンジ
の流れとなっております

とはいえ、大きな動きは発生しておりません

昨日指摘しましたラインに対しての変化がない事から判断ができます

昨日の前半は上方向に反応しましたが
指摘した上値抵抗線 1.0780のやや下で高値が止まり
下降に流れを変えてきました

やはり、この付近には上値抵抗線の存在があるようですので
今後も注目しておきたいラインです

逆に下方向は1.0730付近で安値が止まっておりまして
このラインでは金曜日の安値も止まっておりますので
下値抵抗線として意識できるようです

ただし、指摘したラインは1.0715付近ですので
近いところにダブルの抵抗線として意識するといいでしょう

現状では日足短期で上昇トレンドでありながらも
1時間足ではレンジ展開となっております

特に1.0780ラインは直近高値の重要ポイントになりますし
ここを越えると今年の最高値1.0830が待ちかまえていますので
今後の上昇圧力の強まりを読み取る上ではポイントとなるでしょう

これらを越えられない場合は反落も想定したいところですので
今は重要な位置とも言えます

どのタイミグで反落するかわかりませんが
日足+1σラインを割れてくると現状の上昇圧力の弱まりを読み取れるポイントとして見ています

今日のところは1時間足でレンジですのでレンジ上限下限の攻防を見ていきましょう

以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170321

(チャートをクリックすると拡大されます)


日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170320

(チャートをクリックすると拡大されます)
金曜日の日足ローソク足は陽線を形成しております

1時間足を見ますと
前半 レンジ
中盤 下降
終盤 レンジ
の流れとなっております

先週は上昇優先の展開でしたので
金曜日に調整の下落となっている展開です

先週木曜日から金曜日にかけての上昇圧力で
3月の最高値を更新していますが

その先の上昇の対しては渋りの展開となっております
結局金曜には戻しが入っているのですが

先週末の最高値である1.0780付近には上壁の存在があるとして
今週も注目したいところです

金曜日は戻しの下降となっておりますが
安定した下降圧力ではありませんので
再上昇もあり得る状態ではあります

その際の目安として1.0780ラインに注目したいと思います

このラインを越えると上昇圧力の強まりを期待しておりまして
次の目標値を1.0830付近で意識しております

日足レベルの短期では上昇トレンド継続中ですので
この可能性もあり得るでしょう

逆に下降圧力に関しましては
第一下値抵抗線を1.0715付近で見ています
このラインを割れてくると短期で下降圧力の強まりを期待しておりますので
ショートチャンスが増えてくるでしょう

その次の目標値を1.0670付近
その次を1.0600付近で見ています

特に1.0600付近の下壁は厚いですので
ブレイクした際は変化発生の目印になると思います

まずは1.0715ラインの攻防で今日の方向を判断したいと思います

以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170320

(チャートをクリックすると拡大されます)




日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170316

(チャートをクリックすると拡大されます)
昨日の日足ローソク足は陽線を形成しております

1時間足を見ますと
前半 上昇
中盤 下降
終盤 上昇
の流れとなっております

前半の上昇と中盤の下降では
緩やかな行った来たでレンジ展開となっておりました

メインイベントのFOMC待ちの様子見相場となりました

先ほどFOMCの会見が行われましたが

フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を25ベーシスポイント(bp)引き上げ0.75─1%とすることを決めまして

利上げの踏み切っております

この結果はドル買いに好材料ではありますが
既に利上げは織り込み済みでしたので
ドル買いには反応しませんでした

むしろ、利上げ幅や今後のペースに注目が集まっていたのですが
FOMCの会見では
将来の利上げペースが加速するとの兆候は示さず、追加利上げは「緩やかに」とどまる。

の文言でして、この内容でドル売りに反応している状況です

その結果、ユーロドルは大幅な上昇となっております

今朝の状況ではちょうど上値抵抗線の攻防をおこなっておりまして
指摘しました 1.0715ラインにアタックを仕掛けている最中です

今日はこのラインを基準線として考えておりまして
このラインよりも上の範囲ではロング軸でみています

次の目標値は 1.0830で見ていますが

このラインは中期の高値ラインですので厚い壁の存在となりますので
注目ポイントとなります

逆に1.0715ラインを守れない場合は戻しも意識したいところです

直近では1.0680付近に短期の下壁の存在がありますので
このラインを割れると次の下壁を1.0650付近で見ています

指標で急激に上昇している最中ですので
この流れが継続するのか、一時的で戻すのかが今日のポイントですので注視しましょう

以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170316

(チャートをクリックすると拡大されます)

日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170314

(チャートをクリックすると拡大されます)
金曜日の日足ローソク足は陽線を形成しております

1時間足を見ますと
前半 上昇
中盤 下降
終盤 下降
の流れとなっております

一昨日までの上昇を受けて、昨日の前半は上昇圧力が優勢でした

しかし、中盤以降は戻しの圧力が働いております

昨日も解説しましたように現状は中期レンジ幅の上限付近に位置しております

昨日は一時的に越えたものの、維持できずに戻しております

やはりこの付近の上壁は厚いと判断できます

1時間チャート上では前半までの上昇と中盤以降の戻しにより
山を形成しております

山の頂点は今後の上値抵抗線として意識したいところです

レート表示では1.0715あたりですので、今後の注目ポイントとして考えております

再上昇した際はこのラインを最初の上壁として意識しておりますが
昨日のように一時的な上昇で再下落の可能性も十分あり得ますので
注意しましょう


また、今朝の時点では戻しの下降トレンド中ですので
まずはどこまで下降するのかを見ていきたいところです

最初の下壁として日足+1σライン(1.0650付近)を意識しております

このラインを割れてくると次の目標値を1.0600付近で見ております

その次は1.0550と50PIP刻みで見ています

明日のFOMCを前にどこまで動くかわかりませんが
上記ラインの攻防で変化を読み取るといいでしょう

以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170314

(チャートをクリックすると拡大されます)




日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170313

(チャートをクリックすると拡大されます)
金曜日の日足ローソク足は陽線を形成しております

1時間足を見ますと
前半 レンジ
中盤 上昇
終盤 上昇
の流れとなっております

比較的幅のある上昇となっております

金曜日は米国雇用統計発表がありまして
発表の結果は雇用者増であったことから
直後はドル買いに反応したものの
平均時給が下がっていたためにドル売りに振れまして

深夜にはユーロの「QE終了前の利上げ検討」のニュースでユーロ買いに反応しています

その結果、ユロドルは大幅は上昇となっています

ドルに関しては既に利上げは織り込み済みなので
反応薄とみても妥当でしょう


また、チャート上では指摘しました上値抵抗線を越えましたので変化アリと見ています

今日は1.0680に注目しております
このラインは中期のレンジ上限にあたっておりまして
今朝はこの付近からのスタートです

大きな上昇力がないと振り戻す可能性も十分ありますので
このラインを基準線として見ています

特に1.0660を割れてくると戻しの圧力が読み取れる第一ポイントとして見ています

今朝の時点では追い込み上昇と戻しの下降の可能性は半々ですので
どちらにも対応できるようにしましょう


以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170313

(チャートをクリックすると拡大されます)

日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170310

(チャートをクリックすると拡大されます)
昨日の日足ローソク足は陰線を形成しております

1時間足を見ますと
前半 下降
中盤 上昇
終盤 上昇
の流れとなっております

昨日は反発展開となりましたね

一昨日までは3営業日続けての陰線を形成しておりましたが
強い勢いはなくジリ下げを指摘致しました

また、直近2週間ではレンジ相場であることと
やや下に何層かの下値抵抗線の存在をしてきました

結果的にその中の1つである
1.0520ラインのやや上で反発している状況です

今朝の時点では1時間足で上昇トレンドを形成しておりますので

今日はどこまで上昇するのかを見ていきたいところです

ただ、2週間のレンジ相場は継続中ですので
今日は上値抵抗線を見ていきたいです

第一上値抵抗線 1.0615
第二上値抵抗線 1.0630

このあたりを今日のポイント値として見ています

逆に下方向は
第一下値抵抗線 1.0545
第二下値抵抗線 1.0520
第三下値抵抗線 1.0500

あたりに注目しております

1.0500を割れてくるとレンジブレイクの気配が読み取れる大事なポイントとして意識しております

今日は特に雇用統計発表があります

現在の米国は3月の利上げ実行に対してナーバスですし
現状では利上げを織り込み済みでドル買い傾向にもあります

雇用統計発表が悪いと一気にドル売りに反応する可能性もありますので
ポジション調整には気を付けましょう


以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170310

(チャートをクリックすると拡大されます)

日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170309

(チャートをクリックすると拡大されます)
昨日の日足ローソク足は陰線を形成しております

1時間足を見ますと
前半 下降
中盤 下降
終盤 下降
の流れとなっております

3営業日続けての陰線ではありますが
いずれにジリ下げの展開となっております

先週金曜日の比較的長い陽線を形成したものの
陽線を長続きせずに戻す展開となっております

直近2週間を見ますとユーロドル日足はレンジてんかいとなっておりまして

今朝の段階でもレンジ幅の範疇に収まっている状況です

昨日は下降展開ではありますが
安値は1.0540をやや割り込むところでストップをしておりまして

これは私が指摘しておりました下値抵抗線ですので
まだ効いている状況でして
今日もこのラインの攻防に注目しております

直近では
第一下値抵抗線 1.0540
第二下値抵抗線 1.0520
第三下値抵抗線 1.0500

あたりに注目しております

1.0500を割れてくるとレンジブレイクの気配が読み取れる大事なポイントとして意識しております

逆に上方向への判断は難しいところではありますが
まずは1.0560あたりを意識しております

ここを越えるとと一時的に上昇圧力の強まりを期待しておりまして
次の目標値を日足平均線あたりで見ています

現状のレンジ上限は1.0630付近ですので
このあたりは今後のポイント値として意識したいところです


以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170309

(チャートをクリックすると拡大されます)








日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170307

(チャートをクリックすると拡大されます)
昨日の日足ローソク足は陰線を形成しております

1時間足を見ますと
前半 下降
中盤 下降
終盤 レンジ

の流れとなっております

昨日はあまり安定した値動きとはなりませんでした
上記で1時間足のトレンドは記載しておりますが
トリッキーな動きの場面が何度か発生しております

昨朝の時点では昨日までの上昇圧力を継続していたものの
昨日の昼過ぎの発散の上昇の後に下落している状況です

昨日の最高値を見ていただくとわかりますが
私の指摘しました
上値抵抗線 1.0630付近
でピタッと止まっている様子がよくわかります

やはりこのライン付近は上値抵抗線として有効ですので
今後も注視したいところです

昨日はどちらかというと下方向優勢の展開ではありますが
安定した下降とはなっておりません

今朝の時点ではレンジ中ですので
上下共に想定しておいた方がいいでしょう

上方向に反応した際は上記の通りですが

下方向に反応した際は

第一下値抵抗線 1.0575付近
第二下値抵抗線 1.0540付近
第三下値抵抗線 1.0520付近

と細かいですのがこのあたりを意識しております

まずは上下どちらの抵抗線に反応があるか見ていきましょう


以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170307

(チャートをクリックすると拡大されます)




日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170306

(チャートをクリックすると拡大されます)
昨日の日足ローソク足は陰線を形成しております

1時間足を見ますと
前半 上昇
中盤 上昇
終盤 上昇

の流れとなっております

最近の動きでは大幅は部類に入る上昇となっております

金曜日のポイントとしてましては
イエレン議長よる発言でして
米国利上げを3月に実施するかについては
「利上げ適切」との発言はしたものの

目新しい表現なかったことと
木曜日までにある程度、利上げを意識した下落であったために
調整の上昇となりました

それと重なって、フランス大統領選挙の見通しも良くなったので
ユーロも変われてユロドルは上昇となっております

チャート上では
1時間足で上昇トレンド中ですので
どこまで上昇するのかを見ていきたいところです

金曜日の上昇の勢いで
上値抵抗線 1.0570を越えることで
積極的にロングで攻めることができましたが

次の目標値 1.0630
が今日のポイントになるでしょう

このラインを越えてくると
その次の目標値を1.0680付近で見ています

ただし、日足中期では下降トレンド中ですので
再下落の可能性も十分あり得ます

特に上値抵抗線付近からの反落はあり得ますので
狙い目として持っておいてもいいでしょう


以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170306

(チャートをクリックすると拡大されます)


日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170303

(チャートをクリックすると拡大されます)
昨日の日足ローソク足は陰線を形成しております

1時間足を見ますと
前半 下降
中盤 下降
終盤 下降

の流れとなっております

昨日のレポートで指摘しましたように
昨朝の時点では下方向にアタックを仕掛けておりました
結局、昨日は終日この流れを継続した格好となっております

ただ、下値抵抗線も重たく大きな変化は発生しておりません

指摘しておりました第一下値抵抗線の1.0520を割れてはいるものの
次の抵抗線である1.0490付近でピタッと止まっております

このラインは直近安値を更新するほどのラインですので
慎重に判断したいところです

今日は1.0520ラインを基準線として考えておりまして
このラインよりも下の範囲では下攻め継続で見ております

今朝の時点では下降圧力継続中ですのでまずはどこまで下落するのかを見ていきたいところです

逆に1.0520ラインを越えてくると
小反発を期待したいところですが

1.0570付近の上壁を越えるまでは積極的ロングは控えたいところです
このラインを越えるまでは上がっては戻しての展開も十分あり得るでしょう

そういう意味では戻り売りも狙い目としては有効ですので選択肢として持っておきたいところです


以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170303

(チャートをクリックすると拡大されます)



日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170302

(チャートをクリックすると拡大されます)
昨日の日足ローソク足は陰線を形成しております

1時間足を見ますと
前半 下降
中盤 下降
終盤 上昇

へと流れを変えております
昨日はトランプ大統領の講演がありまして
その結果、ドル買いに反応しました

NY市場の入口まではドル買いが継続したのですが
その後は戻しが入り
深夜には再度の下降圧力が発生しております

下降から戻しの上昇の流れで谷を形成しておりますが

谷の先が指摘しました 1.0520付近で止まっております

つまり、指摘しておりました抵抗線で安値が止まっている形となっております

1時間足を見るとよくわかりますが
一旦戻したものの
今朝の流れでは再下落の形となっておりますので
まずは下方向へのアタック場面です

ポイントは昨日と同様でして
最初の目標値を1.0520
その次を1.0490付近で見ています

このラインを割れてくると直近安値更新となりますので
変化発生となりますが
ここ数週間の流れでは一時的な下落で戻す可能性もありますので注意したいところです

逆に上方向に反応した際ですが
最初の抵抗線を 1.0570 付近で見ています

次の抵抗線を1.0600付近
その次を1.0630付近

と上方向には何層かの壁の存在がありますので
1つずつ確認したいところです


以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170302

(チャートをクリックすると拡大されます)




日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170301

(チャートをクリックすると拡大されます)
昨日の日足ローソク足は陽線を形成しております

1時間足を見ますと
前半 レンジ
中盤 上昇
終盤 下降

へと流れを変えております
直近3日間では似たような展開となっております
中盤までは上昇圧力優勢で
後半に戻しの圧力が発生し
結果的に行った来たの状態となっております

単純に申し上げれば
上方向に向かうものの抵抗を受けて反落状態です

昨日の上昇から下降に流れを変えていますので
1時間足では山を形成しております
山の頂点は1.0630付近でして

このレートは私が昨日のレポートで指摘した通りの場所で
ピタッと高値が止まっている様子がわかります

このラインが効いていますので
今日も注目したいところです

今朝の時点では戻しの短期下降トレンド中ですので
どこまで下落するのかを見ていきたいところです

とは言っても、昨日と同様の方針です

最初の下壁は 1.0550付近で見ています

この壁を割れてくると次の目標値を1.0520
その次を1.0490

と見ていますが
このあたりは厚い下壁の存在ですので
一時的なブレイクで戻されてしまうこともありますのでショートを入れる際は
損切り設定を必ず入れるなどの対策はしましょう

逆に上方向に反応した際ですが
最初の抵抗線を1.0630付近で見ています

勢いが付いた場合は次の上値抵抗線を1.0680付近で見ていますが

日足が下降トレンド中ですので
ある程度上昇してからの再下落も狙い目として持っておきたいところです

今日は午前11時頃~ トランプ大統領の両院議会演説を控えています
減税に対しての内容が発表があると相場に反応しやすいですので
世界中の投資家が注目しておりますので注視しましょう


以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170301

(チャートをクリックすると拡大されます)






日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170228

(チャートをクリックすると拡大されます)
昨日の日足ローソク足は陽線を形成しております

1時間足を見ますと
前半 上昇
中盤 上昇
終盤 下降

へと流れを変えております
この一連の流れにおきましては
一昨日とほぼ同様となっております

上方向にアタックを仕掛けるものの戻されてしまっている状況です

昨日のレポートでも指摘しましたように
トレンドは下を向いていますので
ナカナカ安定した上昇に変わってくれない状況です

昨日のレポートでは
ある程度上昇してからの再下落を想定しておりまして
最初の抵抗線を1.0620付近で定めておりました

昨日の最高値は1.0630を頂点として
上昇から下降に流れを変えておりますので
ほぼ予測通りに動きになっております

昨日の流れでは大きな変化は発生しておりませんので
今日も引き続きの方針で見ています

まず、今朝の時点では1時間足で下降中ですのでどこまで下落するのかを見ていきたいところです

最初の下壁は 1.0550付近で見ています

この壁を割れてくると次の目標値を1.0520
その次を1.0490

と見ていますが
このあたりは厚い下壁の存在ですので
一時的なブレイクで戻されてしまうこともありますのでショートを入れる際は
損切り設定を必ず入れるなどの対策はしましょう

逆に上方向に反応した際ですが
最初の抵抗線を1.0630付近で見ています

勢いが付いた場合は次の上値抵抗線を1.0680付近で見ていますが

日足が下降トレンド中ですので
ある程度上昇してからの再下落も狙い目として持っておきたいところです

本日は月末の調整からの動きも絡んできますので
ボラが大きくなる可能性も十分あります

上記を動き出しのポイントにするといいでしょう


以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足201702228

(チャートをクリックすると拡大されます)





日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170227

(チャートをクリックすると拡大されます)
昨日の日足ローソク足は陰線を形成しております

1時間足を見ますと
前半 レンジ
中盤 上昇
終盤 下降

へと流れを変えております
金曜日のレポートで指摘しましたように
近々では方向のつかない展開となっておりました

金曜日は日足ー1σラインを基準線として見ていましたが
日足のトレンド状態から
上昇に反応した際はどこまで継続できるかは未知数です
すぐに戻してしまうケースも想定していたのですが

まさにその通りの結果となってしまいました

一応は日足で中期の下降トレンドは継続中で見ています
金曜日の流れでは特に変化は発生しておりませんので
重要ラインの存在に変更はありません

下方向では1.0520ライン付近を直近安値の下値抵抗線付近として意識しております
ただ、先週のように反発する可能性も十分ありますので
ライン際の攻防には注視したいところです

上方向に反応した際は 1.0620付近を
最初の抵抗線として見ております

前述のように日足中期で下降トレンド中ですので
ある程度の上昇で戻しが発生することもありますので
このあたりも想定しておきたいところです

勢いが付いた場合は次の上値抵抗線を1.0680付近で見ています

特に今日と明日は月末日ですので
月末の調整からの動きも絡んできますので
ボラが大きくなる可能性も十分あります

上記を動き出しのポイントにするといいでしょう


以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足201702227

(チャートをクリックすると拡大されます)


日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170224

(チャートをクリックすると拡大されます)
昨日の日足ローソク足は陽線を形成しております

一昨日に引き続いての陽線ではありますが
しっかりと指摘した上値抵抗線で止まっております

昨日は日足ー1σラインに注目しておりましたが
最高値がこのラインで止まりまして
その後はモジモジしている状態です

昨日も指摘しましたように
一昨日の中盤までは下降圧力優勢でありながらも
下値抵抗線 1.0520付近の影響を受けて
小反発し、昨日の上昇にもつながっております

現状では
まだ強い方向が付いていない状態です

下方向も上方向も抵抗線が効いていますので
これらを方針を読み取る材料にしたいと思います

今日は日足ー1σラインを基準線として考えておりまして
このラインよりも下の範囲ではショート軸優勢で
短時間の反落待ち状態です
下降圧力が発生した際は次の目標値を1.0520付近で見ています

逆に日足ー1σラインを越えてきますと
上昇圧力の発生を期待しておりますが
中期の下降トレンド状態ですので
上昇反応の際はどこまで伸びるかは未知数でして
すぐに戻る可能性もあり増すので
ロングを取った際は必ず損切り設定も同時に入れましょう

また、上昇に反応した際の次の抵抗線は1.0680付近で見ています

このあたりを近々の変化点として意識するといいでしょう


以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170224

(チャートをクリックすると拡大されます)
日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170223

(チャートをクリックすると拡大されます)
昨日の日足ローソク足は陽線を形成しております

陽線ではありますが
ポイントは下ヒゲです

1時間足を見るとよくわかりますが
昨日の値動きは
前半 レンジ
中盤 下降
後半 上昇

となっております

中盤までの下降はその前から引き継いでいる下降トレンドを継続していました

ところが終盤に入ると上昇に流れを変えてきております

そのポイントとなるのが1.0520ラインです

私はこのラインを直近安値として重視しておりましたように
昨日もこのライン付近で抵抗を受けたけっかとなっております

若干は下方向にはみ出しておりますが
結果的に反発しております
今後もこのラインには注目していきたいと思います

今朝の時点では短期で上昇トレンド中ですので
どこまで上昇するのかを見ていきたいところですが

現状ではそこまで強いトレンドではありませんので
過度な期待は持たない方がいいでしょう

まずは日足ー1σラインに注目しておりまして

このラインを越えると1.0680付近をその次の目標値として期待しています


ただ、日足ー1σラインよりも下の範囲では下降圧力優勢の状況ですので
再下落の可能性も十分考えられます

下方向に反応した際ですが
これまでと同様に1.0520ラインに注目しております

割れたとしては昨日みたいにすぐに戻されることもありますので
損切り設定は必ず入れるなどの注意はしましょう

以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170223

(チャートをクリックすると拡大されます)