未分類

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
イサムのトレード力向上講座

無料でお教えします!


kouza0122.jpg

ご希望の方はコチラをクリックしてください



 


日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足201701211

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 下降
中盤 下降
終盤 上昇

の流れとなっております

日足では同値線を形成しております

雇用統計発表日でありましたが
発表直後はドル売りに反応しましたが
勢いはなく、すぐに戻しております

ドル円を見てもこの流れが読み取れております

雇用統計結果は悪くない結果ではありますが
予想の範囲内ということで大きな変化に繋がっておりません

今週のFOMCに向けての様子見感もあると思います

一応、金曜日の終わりかけでは、1時間足でゆるやかな上昇トレンド中ですので
今日はどこまで上昇するのかを見ていきたいところです

先週は下降圧力優勢の相場でしたので、何層もの上値抵抗線の存在がありますので
上昇の際は石橋を叩くがごとく確認したいところです

第一上値抵抗線 1.1815
第二上値抵抗線 1.1850
第三上値抵抗線 1.1880

あたりに注目しております

逆に下方向では
金曜日の最安値が近々の安値ラインとして注目しておりますので
下値抵抗線 1.1730
に注目しております

このあたりを今週初めのポイント値として意識しております


以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170701210

(チャートをクリックすると拡大されます)


日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足201701208

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 レンジ
終盤 レンジ

の流れとなっております

日足では陰線を形成しております

終日揉み合いの展開となりましたが
指摘した抵抗線に対して変化は発生しておりません

今日の雇用統計を前に様子見もあるかと思います

そして、いよいよ今日は雇用統計発表です。
加えて米暫定予算・債務上限引き上げ期限でもあります

このあたりを中心に注目していきたいところです

また、引き続きではありますが
米税制改革法案、ロシアゲート問題は相場を動かす力がありますので
今後もニュースには注目していきましょう

変化の読み方は昨日同様です

下値抵抗線付近で揉み合っておりますが
最初の注目の攻防は日足平均線付近で見ております
このラインを割れると更に下降の期待が増しまして
次の目標値を 1.1700付近で見ております

逆に
上方向への変化の目安として
第一上値抵抗線 1.1850
第二上値抵抗線 1.1880
付近に注目しております

特に1.1880付近を越えてくると上昇圧力の強まりが期待できるポイントとして注目しております

本日はいよいよ雇用統計があります
米国の利上げ問題に影響力の大きい指標です

場合によっては大きく動く可能性もありますので
上記を目安に変化発生に乗り遅れないようにしましょう


以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170701208

(チャートをクリックすると拡大されます)


日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足201701207

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 上昇
中盤 下降
終盤 下降

の流れとなっております

日足では陰線を形成しております

昨日の時点では
下方向にアタックを仕掛けているものの
下値抵抗線付近で反発気味に状態であることを指摘しました

昨日の前半はこの状況が続きまして
上方向に向かったのですが
結局、指摘した上値抵抗線を越えることができずに
中盤以降は再下落へと流れを変えてきました

中盤以降の下落により変化が発生しておりまして
指摘した下値抵抗線 1.1800を割れてきております

強い下降の勢いはないものの
今朝の時点では1時間足レベルで緩やかな下降トレンドを形成しております

今日のポイントとして
まずはどこまで下落するのかを見ていきたいところです

最初の目標値は日足平均線付近で見ております
このラインを割れると更に下降の期待が増しまして
次の目標値を 1.1710付近で見ております

ただ、勢いが弱いと反発する可能性もあります
上方向への変化の目安として
第一上値抵抗線 1.1850
第二上値抵抗線 1.1880
付近に注目しております

特に1.1880付近を越えてくると上昇圧力の強まりが期待できるポイントとして注目しております

明日はいよいよ雇用統計があります
米国の利上げ問題に影響力の大きい指標です

今日明日で動く可能性もありますので
上記を目安に変化発生に乗り遅れないようにしましょう


以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170701207

(チャートをクリックすると拡大されます)

日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足201701206

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 上昇
中盤 レンジ
終盤 下降

の流れとなっております

日足では陰線を形成しております

昨日のレポートでは
下方向にアタックを仕掛けている状況であることを解説しました

午前中はやや反発気味の展開ではありましたが
上値が重く、夕方以降に再下落の展開になっております

注目は最安値付近でして
昨日の最安値は私の指摘した
下値抵抗線 1.1800 付近でピタッと止まっております

やはり、この付近は下値抵抗線として有効なようです

今朝はこのラインからやや反発気味の展開となっておりますが
下値抵抗線付近でモジモジしている状況ですので

まずは下方向へのアタックから注目したいところです

読み方は昨日と同様で見ております
下方向は引き続き
下値抵抗線 1.1800
を最初の下値抵抗線として注目しております

このラインを割れると次の目標値を日足平均線付近で見ております


逆に上方向では
1.1880付近で昨日は抵抗を受けておりますので
この付近を最初の上値抵抗線として意識しております

越えることで再度、上方向へのアタックの期待も出てくるでしょう
その場合は日足短期でレンジ上限の1.1960付近を目標値として見ております

引き続き、今週は重要指標やニュースが多いですので
流れの変化にいち早く気が付くようにしましょう


以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170701206

(チャートをクリックすると拡大されます)





日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足201701205

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 下降
終盤 レンジ

の流れとなっております

日足では陰線を形成しております

日足の実体はそれほど大きくありませんが
昨日のスタートと同時に下窓を開けております

この窓を埋める上昇力は発生することなく
下降圧力を維持したことは今後に影響があるようにも思えます

1時間足チャートを見ますと大きなトレンドは発生していないものの
下方向にアタックを仕掛けている状況です

昨日の下降により日足+1σラインを割れたことで
上昇圧力の弱まりは読み取れているものの
まだ積極的にショート狙いの場面には至っておりません

今日の注目は
下値抵抗線 1.1800
を最初のポイントとして見ております

このラインを割れると次の目標とを日足平均線付近で見ております

逆に上方向では
1.1880付近で昨日は抵抗を受けておりますので
この付近を最初の上値抵抗線として意識しております

越えることで再度、上方向へのアタックの期待も出てくるでしょう
その場合は日足短期でレンジ上限の1.1960付近を目標値として見ております

引き続き、今週は重要指標やニュースが多いですので
流れの変化にいち早く気が付くようにしましょう


以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170701205

(チャートをクリックすると拡大されます)




日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足201701204

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 上昇
中盤 下降
終盤 上昇

の流れとなっております

日足では同値線を形成しております

同値線ではありますが上ヒゲも下ヒゲも出しておりますので
上下に振れる展開となっております

週末に重要なニュースが2つありまして

・1つはフリン前米大統領補佐官の証言
・もう1つは税制改革法案が上院可決

です
前者はロシアゲート疑惑になりますがフリン氏が捜査協力する方向のニュースですので
トランプ政権にとってはマイナスの話題になります
つまり、ドル売りに反応しやすい材料となります

その一方で税制改革案が上院通過はプラスのニュースでして
これはドル買いに反応しやすいニュースとなります

本日はどちらに反応するか非常に興味深いところですし
NY時間も注視したいところです

チャート上では
1時間足でレンジ展開となっております

上値抵抗線 1.1960
下値抵抗線 1.1800


このあたりにまずは注目しております
ラインの変化次第で方向を見ていきたいと思います
今週は重要週ですので、しっかりと見定めて取っていきましょう


以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170701203

(チャートをクリックすると拡大されます)


日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足201701129

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 下降
終盤 下降

の流れとなっております

日足では陰線を形成しております

前半こそレンジ展開ではありましたが
終日、上昇気配はなく下降優勢の展開となりました

今週の月曜火曜の下落により
先週金曜日の上昇分を戻した格好となっております

昨朝のレポートで指摘しましたように
昨朝の時点では短期で下降トレンド中でして
昨日はその流れを継続させた結果となっております

また、指摘しました下値抵抗線に沿った展開となっております

1時間足チャートをみるとわかりやすいのですが
下値抵抗線 1.1880 付近で
何度か揉み合ったのですが
ブレイクすることで下降圧力が強まっております

その勢いで次の下値抵抗線 1.1840 付近に到達しております

今朝の時点では1.1840よりもやや上で揉み合っておりますので
この抵抗線が効いている状況です

現時点では短期で下降トレンド継続中ですので
まずはどこまで下落するのかを見ていきたいところです

今日の注目は
第一下値抵抗線 1.1840
第二下値抵抗線 日足+1σライン

特に日足+1σよりも下の範囲ではショート優勢で見ています

逆に上方向では
第一上値抵抗線 1.1920
第二上値抵抗線 1.1960

に注目しております

1.1960は直近高値の重要ラインとして意識しておりまして
上昇圧力の強まりを読み取れるポイントとして見ております


以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170701129

(チャートをクリックすると拡大されます)






日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足201701128

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 上昇
終盤 下降

の流れとなっております

日足では陰線を形成しております

昨朝の時点では上昇圧力優勢の状況でありまして
昨日の中盤までは上昇圧力を継続したのですが
後半に入り戻しの展開になりました

結果的に日足で陰線を形成しております

ただし、昨日の下落のみでは先週末の上昇圧力の弱まりを読み取れるには至りませんので
引き続きの警戒が必要です

昨日の上昇→下降 の流れにより短期の上値抵抗線の存在が見えてきました
上値抵抗線 1.1960
を近々のポイント値にしたいと思います

このラインを再度越えることで
上昇圧力の強まりを読み取れるポイントとして見ております

また、短期では今朝の時点で下降トレンド中ですので
まずはどこまで下落するのかを見ていきたいところです

第一下値抵抗線 1.1880
第二下値抵抗線 1.1840

このあたりを近々のポイント値として見ておりますが
1.1840を割れると先週から続いている上昇圧力からの流れの変化を読み取れるポイント
として見ております

月末が迫ってくると今月の調整の動きも発生しますので
方向を読み間違えないようにしましょう


以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170701128

(チャートをクリックすると拡大されます)





日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足201701127

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 上昇
終盤 レンジ

の流れとなっております

日足では陽線を形成しております

変化アリの上昇となっております
これまでのレポートで
上値抵抗線 1.1880
に注目しておりましたが
金曜日の上昇によりこのラインをブレイクしましたので
変化発生を読み取れております

振り返りますと先週水曜日から上昇圧力の強まりが継続しております
それぞれ理由は異なりますが

先週水曜日は米国指標が弱かったことからドル売りによるユロドル上昇
先週木曜日は欧州の指標が良くユロ買いによるユロドル上昇
さらに
先週金曜日はドイツで大連立の可能性が出てきたことによりユロドル上昇

となっております

近々のユロドルの流れは上昇トレンドとなっておりますので
どこまで上昇するのかを見ていきたいところです

1時間足レベルでは
1.1840を割れてくると下降圧力の発生を読み取れる目安としてみておりますが
それまでは上昇目線で見ています

今週は重要指標も予定されておりますし
月末月初週ではあります

米国指標や税制改革案も重要ですし
欧州、特にドイツの情勢にも注視したいと思います

このあたりを今週前半のポイントとして意識しております



以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170701126

(チャートをクリックすると拡大されます)



日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20171122

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 下降
終盤 上昇

の流れとなっております

日足では陽線を形成しております

昨日のレポートで指摘しましたように
昨朝の時点では短時間で下降トレンド中でしたので
どこまで下落するのかが最初のポイントでした

昨日の前半は下方向に圧力が掛かったのですが
日足平均線付近に来ると下降圧力は失速し、
流れが変わっております
やはり、指摘しました第一下値抵抗線は重たいようです

結果的にこのラインで小反発し
1日を通すとレンジ展開となりました

今日の方針もほぼ昨日と同様にみております

下方向は
日足平均線付近に注目しております
ちょうど、この付近は1.1700のラインも重なっておりますので
近々の下値抵抗線として重視しております
このラインを割れると、下降圧力の強まりを期待しております


逆に上昇圧力発生の際ですが

引き続き日足+1σラインに注目しております

このラインよりも上の範囲では上昇圧力優勢場面で見ています
その場合は
第一上値抵抗線 1.1860
第二上値抵抗線 1.1880

付近で見ております

このあたりを今日の方向を読み取るポイントとして意識しております



以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20171122

(チャートをクリックすると拡大されます)



日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20171121

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 上昇
終盤 下降

の流れとなっております

日足では陰線を形成しております

昨日の中盤に差し掛かるまでは上方向にアタックを仕掛けておりましたが
やはり、上値は重たく、結果的に下降圧力優勢の状態でクローズ致しました

昨日のレポートで解説しましたように
現在直面している上壁を越えるためには強い上昇圧力が必要なようです

昨日は日足+1σラインを基準線としておりましたが

再度割り込むことで下降圧力の強まりを読み取れております

今朝の時点では1時間足レベルで短期下降トレンドを形成しておりますので
まずはどこまで下落するのかを見ていきたいところです

まずは日足平均線付近に注目しております
ちょうど、この付近は1.1700のラインも重なっておりますので
近々の下値抵抗線として重視しております
このラインを割れると、下降圧力の強まりを期待しております


逆に上昇圧力発生の際ですが

引き続き日足+1σラインに注目しております

このラインよりも上の範囲では上昇圧力優勢場面で見ています
その場合は
第一上値抵抗線 1.1860
第二上値抵抗線 1.1880

付近で見ております

このあたりを今日の方向を読み取るポイントとして意識しております



以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20171121

(チャートをクリックすると拡大されます)



日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20171120

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 レンジ
終盤 レンジ

の流れとなっております

日足では陽線を形成しております

一応陽線ではありますが
大きな動きはありません

金曜日は日足+1σラインに注目していましたが
終始このラインを行ったりきたりしております

方向は上方向に向かっているものの
上値が重たい状況です

現状では過去1ヶ月ベースでの高値圏内ですので
そういう意味からの上値が重たい状況でもあります

今のところは上方向に向かう余力はありますが
力尽きて反落するケースもありえますので
両方の目線で見て行きたいところです

引き続き日足+1σラインを基準線としてみております

このラインよりも上の範囲では上昇圧力継続中でみております

その場合は
第一上値抵抗線 1.1860
第二上値抵抗線 1.1880

付近で見ております


逆に日足+1σラインよりも下の範囲では下降圧力優勢の目線で見ています
その場合は日足平均線付近を目標値で見ております

このライン付近には1.1700の壁の存在もありますので
下降圧力の強まりを読み取る上で重視しているところでもあります

重要な場面ですのでしっかりと見ていきましょう



以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20171120

(チャートをクリックすると拡大されます)





日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足201701117

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 下降
終盤 レンジ

の流れとなっております

日足では陰線を形成しております

やはり上値が重たくなってきております
終日、ほぼレンジ展開ですので
大きな動きは出ていませんが引き続きの警戒が必要でしょう

このまま反落の圧力が勝るのか、再上昇の圧力が発生するのか
今の状況では半々です

上値抵抗線付近で揉んでいますので
この攻防で方向を見定めたいと思います

今日も日足+1σを基準線として見ております

このラインよりも上の範囲では上昇圧力継続で
次の目標値を日足+1σ付近で見ております

逆に日足+1σラインよりも下の範囲では下降圧力優勢の目線で見ています
その場合は日足平均線付近を目標値で見ております

このライン付近には1.1700の壁の存在もありますので
下降圧力の強まりを読み取る上で重視しているところでもあります

重要な場面ですのでしっかりと見ていきましょう



以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170701117

(チャートをクリックすると拡大されます)







日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足201701116

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 上昇
終盤 下降

の流れとなっております

日足では同値線を形成しております

同値線ではありますが、上ヒゲの目立つローソク足となっております
形としては行った来たの展開ではありますが

先週末からの短期上昇トレンド中に長い上ヒゲですので
今日以降は注意が必要です

上昇圧力発散を意味する場合もありますので
下降圧力優勢の展開に変わる可能性もあります

現状では日足+1σを挟んでの展開ですので
今日は日足+1σを基準線として見ております

このラインよりも上の範囲では上昇圧力継続で
次の目標値を日足+1σ付近で見ております

逆に日足+1σラインよりも下の範囲では下降圧力優勢の目線で見ています
その場合は日足平均線付近を目標値で見ております

重要な場面ですのでしっかりと見ていきましょう



以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170701116

(チャートをクリックすると拡大されます)



日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足201701115

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 上昇
終盤 上昇

の流れとなっております

日足では陽線を形成しております


先週末から日足陽線は続いておりましたが
昨日の陽線はこれまでと違い
変化発生の展開となっております

やっと変化が出てきました
昨日のレポートでも指摘しましたように

上方向には日足平均線と1.1700のダブルの上値抵抗線の存在がありました

夕方まではこのラインを抜けずにモジモジしていたいのですが
ドイツのGDPが予測より良かったことが好感を受けて
ユーロ買いに拍車が掛かり、上値抵抗線を抜けております

今朝の時点では次の目標値である日足+1σ付近で揉んでおりますので
このラインの攻防で方向を見定めたいと思います

日足+1σよりも上の範囲では上昇圧力継続中でみておりまして
次の目標値を1.1880付近で意識しております

逆に上昇の勢いが落ちると戻す可能性もあります

まずは日足+1σラインの攻防を方向を見極める目安にしていきたいと思います


以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170701115

(チャートをクリックすると拡大されます)









日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足201701114

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 下降
中盤 上昇
終盤 レンジ

の流れとなっております

日足では陽線を形成しております

先週末から日足陽線が続いておりますが
引き続きの微増の展開となっております

結論から言いますと大きな変化は発生しておりません
昨日はまだ大きなイベントもありませんが
今週は先週よりも重要指標が重なってきますので
急に相場に動きが発生することにも待ち構えていた方がいいでしょう

動き出すポイントは昨日と同様に見ております

まず、上方向ですが
最初の上値抵抗線を日足平均線付近で見ています
この付近では上値抵抗線として意識している1.1700ラインの存在もありますので
今後の上昇を想定する上で大事なラインとなるでしょう

逆に下方向では日足ー1σラインに注目しております
このラインを再度割れることで下降圧力の再燃を期待できるところです

上記を週前半のポイントとして見ています


以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170701114

(チャートをクリックすると拡大されます)



日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足201701113

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 レンジ
終盤 上昇

の流れとなっております

日足では陽線を形成しております

週末も大きな動きではありませんでした

先々週金曜日の雇用統計でドル買いに反応しましたが
今週後半の微増の連続で戻した格好となっております

先週はトランプ大統領のアジア歴訪以外はあまり材料となるものがありませんでしたが
今週は米国の重要指標が増えてきますので注視したいところです

今週は注目点がいくつかありまして
土曜日から日米韓の軍事演習が行われていますので
これに対して北朝鮮の反応が気になるところです
今のところは反応ナシですので、相場に影響が発生しておりませんが
挑発すると影響しやすいですので注視したいところです


トランプ大統領の税制改革案も気になるところです
先週のニュースでも為替に影響が出ていましたので今週も注目です

トランプ大統領は今月中の可決を目指しているところですが
可決の可能性が高まればドル買いに反応しやすく

審議難航や先延ばしだと失望のドル売りに反応しやすい材料になるでしょう

チャート上では
週末は不安定ながらも陽線を続けていますので
まずはどこまで上昇するのかを見ていきたいところです

最初の上値抵抗線を日足平均線付近で見ています
この付近では上値抵抗線として意識している1.1700ラインの存在もありますので
今後の上昇を想定する上で大事なラインとなるでしょう

逆に下方向では日足ー1σラインに注目しております
このラインを再度割れることで下降圧力の再燃を期待できるところです

上記を週前半のポイントとして見ています


以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170701113

(チャートをクリックすると拡大されます)


日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足201701110

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 レンジ
終盤 上昇

の流れとなっております

日足では陽線を形成しております

大きな動きではありませんが
ようやくプチ変化が発生しております

これまでのレポートで指摘しておりましたように
最近のユロドルは直近安値付近で揉み合っておりましたので
小反発をする可能性も十分ある状態です

昨日はそのような展開となっております
上値抵抗線である日足ー1σラインを越えてきましたので
プチ変化と言えます

今朝の時点では短時間での上昇トレンドが継続しておりますので
どこまで上昇するのかを見ていきたいところです

次に目標を1.1700付近でみております
またすぐ上には日足平均線の存在もありますので

このあたりの値動きには注目したいところです

ただし、過度な上昇期待がまだ時期尚早でして
日足中期では下降トレンドが払しょくされていません

ですから、狙い目としてはある程度上昇してからの再下落がメインの狙い目となります

特に日足平均線を越えるかどうかは重要なポイントともなりますので注視したいところです


以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170701110

(チャートをクリックすると拡大されます)











日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足201701109

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 上昇
中盤 レンジ
終盤 レンジ

の流れとなっております

日足では陽線を形成しております

1日を通して見ますと
ほぼレンジの展開となっておりまして
変化は発生しておりません

昨日のレポートで解説しましたように
直近安値付近で揉み合っておりますので
今後の動き出しに注目したいところです


上方向では短期で1.1620付近で何度か高値が止まっておりますので

このライン付近を短期の上値抵抗線として意識しておきたいところです
このラインをクリアすると次の目標値を日足ー1σライン付近で見ております

日足ー1σラインよりも下の範囲では下降圧力優勢でありますので
上記のように上昇に対しては石橋を叩くがごとく確認をしていきたいと思います

下方向では1.1570付近を下値抵抗線として意識しております

このラインを割れてくると次の目標値を1.1500付近で見ておりますので
レートの壁としても重要な存在といえるでしょう

今朝の段階ではこれらを上下の重要ポイントとして意識しております


以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170701109

(チャートをクリックすると拡大されます)