未分類

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
イサムのトレード力向上講座

無料でお教えします!


kouza0122.jpg

ご希望の方はコチラをクリックしてください



 


日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170221

(チャートをクリックすると拡大されます)
昨日の日足ローソク足は陽線を形成しております

とはいえ、短いローソク足の展開となっておりまして
1時間足を見ると終始レンジ展開です

昨日のNY市場がお休みでしたので
様子見で終わったという感じです

今日のチャート上から読み方も昨日と同様で見ています

レンジでありながらも日足ー1σラインが上値抵抗線として昨日しておりますので

日足ー1σラインを基準線として考えておりまして
このラインよりも下の範囲ではショート軸継続で見ております

下降圧力が継続したい際は
直近の重要な下壁を1.0520付近で見ております

逆に日足ー1σラインを越えると上昇圧力の再燃も期待できますが

1.0680付近に短時間の直近高値の存在がありますので
注目しております

このあたりは日足平均線とも重なってきますので
直近では比較的重たい上壁の存在として意識しています


以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170221

(チャートをクリックすると拡大されます)







日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170220

(チャートをクリックすると拡大されます)
金曜日の日足ローソク足は陰線を形成しております

やはり上昇は長続きしませんでした

先週は火曜日までは下降トレンドを形成しておりまして
水曜日、木曜日に比較的幅のある上昇となりました

金曜日の朝の時点では上昇圧力を継続しているものの
真上に上値抵抗線である日足平均線の存在がありましたので

このラインを上昇継続か反落かの目印しておりました

結果的に日足平均線が上値抵抗線としてのしかかり
下落に流れを変えております

また、下降した際は
下値抵抗線 1.0650
を目安としておりまして
このラインをブレイクすることで次の目標値
日足ー1σラインを目安しておりました
この点も満たす形となっております

金曜日の終わりかけの展開では
1時間足で下降トレンド中ですので
まずはどこまで下落するのかを見ていきたいところです

今日は日足ー1σラインを基準線として考えておりまして
このラインよりも下の範囲ではショート軸継続で見ております

下降圧力が継続したい際は
直近の重要な下壁を1.0520付近で見ております

逆に日足ー1σラインを越えると上昇圧力の再燃も期待できますが

1.0680付近に短時間の直近高値の存在がありますので
注目しております


以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170219

(チャートをクリックすると拡大されます)







日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170217

(チャートをクリックすると拡大されます)
昨日の日足ローソク足は陽線を形成しております

一昨日に引き続いての陽線となります

昨日の陽線は最近の流れとしてはしっかりとした上昇力となりました

直近2週間では下降トレンドを形成しておりましたので
ようやく流れの変わり目を期待できる程の上昇力となっております

昨日のレポートでも解説しましたように
上方向には何層かの壁の損座がありました

昨日の展開ではその壁を1つずつクリアした結果の展開となっております

今朝の時点では1時間足で上昇トレンド中ですので
まずはどこまで上昇が続くのかを見ていきたいところです

直近の目標値は日足平均線でして
このラインを今日の基準線として考えております

このラインよりも上の範囲では上昇圧力継続中で見ておりまして
次の目標値を日足+1σ付近でみています

逆に日足平均線を越えられない場合は
反落の可能性も視野に入れておきたいところです

下方向では
まずは1.0650付近の下壁を意識しております

この壁を割れてくると日足ー1σラインに向かいやすくなり
日足ー1σラインを割れることで再度下方向へ向かう力の強まりを読み取れるポイントとして見ています

まずは短期の上昇トレンドがどこまで継続するのかを見ていきましょう


以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170217

(チャートをクリックすると拡大されます)



日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170216

(チャートをクリックすると拡大されます)
昨日の日足ローソク足は陽線を形成しております

ようやく上昇したって感じですね
昨日のポイントは日足の下ヒゲでして

1時間足を見ると流れがわかりますが
前半 レンジ
中盤 下降
終盤 上昇

の流れで来ていました

昨日までの数日間は下降トレンドを形成しましたので
ようやく反発した格好となっていますが
1時間足トレンドを見ると完璧に抜けきれてはいませんので
再下落の可能性もあり得る形ではあります

ただ、昨日の最安値は直近安値として今後の下値抵抗線として意識する必要はあるでしょうから
下値抵抗線 1.0520
はチェックしたいところです

上昇圧力継続のポイントですが
まずは日足ー1σラインを最初のポイント値として見ています

このラインよりも下の範囲では
再下落の可能性も十分あり得ますので油断はできないでしょう

ただし、このラインを越えたからといって強い上昇を期待できるほどではなく
これまで下降トレンド中でしたので
上方向には複数の壁の存在があります
この壁の乗り越えを1つずつチェックする必要はあるでしょう
直近では
第一上値抵抗線 日足-1σ
第二上値抵抗線 1.0635
第三上値抵抗線 1.0660

付近を意識しております

これらを都度チェックしたいと思います

以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170216

(チャートをクリックすると拡大されます)


日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170214

(チャートをクリックすると拡大されます)
昨日の日足ローソク足は陰線を形成しております
引き続きの陰線を形成しております

日足だけを見ますと陰線が立ち並んでいますので
下降圧力優勢の状況を読み取れますが

1時間足見ますと下降一方の展開ではありません

昨日は前半下降、中盤上昇、後半下降
と流れがわかれました

昨日のレポートで指摘しましたように
1.0620の第一下値抵抗線が壁となりまして
中盤は小反発しております

しかし、終盤に入り再度下方向へのアタックで
1.0620の下壁をブレイクすることで
下方向に勢いが増しまして
次の目標値である1.0600付近でモジモジしている状況です

このように
下降圧力優勢の状況でありながらも
小さい波を描いていますので
そのつど、壁の攻防を確認することで方向が読み取りやすくなるでしょう

現状では日足短期で下降トレンド中ですので
どこまで下落するのかを見ていきたいところです

今日は日足ー1σを基準線として考えておりまして
このラインよりも下の範囲では
ショート軸継続中で見ています

上方向への流れに変化としては

まずは日足ー1σラインを越えることは必要ですので
これだけで上昇判断は乏しいですので

直近の上値抵抗線を越えることを確認しましょう

第一上値抵抗線 1.0650
第二上値抵抗線 1.0670
第三上値抵抗線 1.0710

このラインを直近のポイント値として見ています

まずは現状の下降圧力がどこまで続くのかを見ていきましょう


以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170214

(チャートをクリックすると拡大されます)

日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170213

(チャートをクリックすると拡大されます)
金曜日の日足ローソク足は陰線を形成しております

振り返りますと先週は
5営業日のうち1本が陽線、4本が陰線を形成しております
結果的に陰線優先ではありましたが
中身は下降一方ではなく
何度か戻している場面もありました

ただ、金曜日の陰線は意味がありまして
下方向にアタックを仕掛けている状況を読み取れます

金曜日のポイントとしては
1.0640を割れてきましたので
指摘した下値抵抗線を割れてきているのですが

その次の1.0620付近が壁が重たくなってきています

金曜日のレポートで指摘しましたように
この付近では狭い範囲で下値抵抗線が何層か存在している状況です

金曜日の終盤もこの影響を受けておりまして
終盤では1時間足で陽線が出始めましたので
やや反発気味の状態でクローズしております

今日は週明けですので
上昇下降の両方を想定していきたいのですが

下降方向においてはまずは1.0620ラインに注目しております

その次は1.0600ラインでして
このラインは日足ー1σラインと重なってきますので重要ラインと位置付けております

逆に上方向ですが

第一上値抵抗線 1.0650
第二上値抵抗線 1.0670
第三上値抵抗線 1.0710

を近々の目安と見ています

週末の日米首脳会談の反応も若干あるかもしれませんので
今日は東京市場から注目しております


以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170213

(チャートをクリックすると拡大されます)







日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170210

(チャートをクリックすると拡大されます)
昨日の日足ローソク足は陰線を形成しております

一昨日の陽線と昨日の陰線となりまして
ナカナカ方向の定まらない状況になっております

今週だけを見ますと陰線の本数が多いですので
下降圧力優勢ではありますが
まだ強い下降圧力とまでは至っていない状況です

これまで解説してきましたように
直近の日足ではレンジ展開となっておりまして
現状ではまだレンジ幅内での展開となっております

昨日のレポートで指摘しました
第一下値抵抗線 1.0640
もブレイクしておりませんので

変化発生とまでは至っておりません

ただ、今朝の時点では1時間足で下降トレンド中ですので
まずは下方向へのアタックから見て
下値抵抗線をブレイクすれば
下方向への変化として読み取ることができます

昨日の展開では抵抗線に対しての変化は発生しておりませんので
想定している抵抗線は昨日同様に見ています

第一下値抵抗線 1.0640
第二下値抵抗線 1.0620
第三下値抵抗線 1.0585

あたりに注目しておりまして
ブレイクすると
下降圧力の強まりが期待できますが

最近の値動きでは反発もあり得ますので
そのあたりも狙い目として持っておきたいところです

逆に上方向に反応した場合ですが

第一上値抵抗線 1.0705
第二上値抵抗線 1.0750
第三上値抵抗線 1.0800

を近々の目安と見ています

今日はいよいよ日米首脳会談が行われます

結果によっては為替に反応することも十分あり得ますので
ニュースにはしっかりと耳を傾けるようにしましょう

以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170210

(チャートをクリックすると拡大されます)




日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170209

(チャートをクリックすると拡大されます)
昨日の日足ローソク足は陽線を形成しております

なかなかトレンド形成とまではいきませんね

今週月曜日火曜日と陰線を形成しましたが
昨日はやや戻しの展開となっております

昨日の着目点は日足平均線でして
このラインよりも下の範囲をキープできるのかどうかを目安としておりました

しかし、昨日の展開で日足平均線を越えてきましたので
流れの変化を読み取れております

とはいうものの上値抵抗線を越えたわけではないので
上昇圧力の発生を読み取れるほどではありませんでした

要するにレンジ相場の一貫の流れとなっております

今朝の時点では1時間足で方向付かずの状況ではありますので
直近の高値と安値に対しての値動きで方向を見ていきたいところ

まず上方向では

昨日はレポートで指摘しましたように
高値が1.0705付近でピタッと止まりましたので
まずはこの付近に注目しております

第一上値抵抗線 1.0705
第二上値抵抗線 1.0750
第三上値抵抗線 1.0800

を近々の目安と見ています

逆に下方向ですが
昨日は1.0640付近で安値が止まりましたので
この付近を最初の抵抗線として見ています

第一下値抵抗線 1.0640
第二下値抵抗線 1.0620
第三下値抵抗線 1.0585

あたりに注目しております

これらのラインの攻防で今日の方向を読み取る目安にされるといいと思います

多くの投資家が明日の日米首脳会談に注目しておりますので
このあたりで大きく動く可能性もあるでしょう


以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170209

(チャートをクリックすると拡大されます)


日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170208

(チャートをクリックすると拡大されます)
昨日の日足ローソク足は陰線を形成しております

一昨日に引き続きの陰線となっておりまして
比較的強い下降圧力の発生となっておりますが

私の指摘した下値抵抗線通りの展開となっております

昨日指摘しましたポイントは
第一下値抵抗線 1.0700
第二下値抵抗線 1.0685
第三下値抵抗線 日足平均線

でした
下降圧力優勢ではありましたが

最安値は日足平均線付近で止まっている様子がわかります

もっと細かいことを言いますと
日足平均線に到達することで
1時間足では上昇へと流れが変わっていますので
やはり日足平均線が転換ポイントになっております

全体像としましては
日足は中期で上昇トレンド中でありながらも
上壁付近でモジモジしております

要するに近々ではレンジ展開中です

昨日と一昨日の下降圧力で比較的に幅のある下落となってはおりますが
まだレンジから抜け出してはいません
そういう意味では日足平均線からの反発は想定通りの展開と言えます

今後も日足平均線には注目しておりまして

第一下値抵抗線 日足平均線
第二下値抵抗線 1.0620
第三下値抵抗線 1.0585
付近で見ています

1時間足では昨晩から緩やかではありますが
上昇トレンドとなっておりますので
まずはどこまで上昇するのかを見ていきたいところです

今日の上方向のポイントは

第一上値抵抗線 1.0705
第二上値抵抗線 1.0750
第三上値抵抗線 1.0800

を意識しております

このあたりのラインブレイクで上方向への変化を読み取れると思います


以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170208

(チャートをクリックすると拡大されます)

日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170207

(チャートをクリックすると拡大されます)
昨日の日足ローソク足は陰線を形成しております

日替わりでローソク足の色が変わっている状況でして
方向の定まらない状況が続いております

これまでの解説通りではありますが
現在のユーロドルは日足中期で上昇トレンド中でありながらも
上壁付近でモジモジしております

やはり1.0800台が重たい壁になっているようでして
乗せてもすぐに戻されてしまう状況になっております

これから先の流れは
上壁を越えて上昇に拍車が掛かる可能性と
逆に越えられずに下降に戻す可能性と半々ではあります

ただ、上方向へのアタックの期間が長くなると
エネルギーを失って一気に下落する可能性もありますので
この点も加味しておきたいところです

今日の方向を読む材料は
1時間足では今朝の時点で戻しの上昇中ですので
まずはどこまで上昇するかを見たいところです

直近では
第一上値抵抗線 1.0800
第二上値抵抗線 1.0830
第三上値抵抗線 1.0870

を意識しております

逆に下方向では
第一下値抵抗線 1.0700
第二下値抵抗線 1.0685
第三下値抵抗線 日足平均線

あたりに注目しております

現状では抵抗線からの反発反落も有効ですので
上記の抵抗線の存在を意識するといいでしょう


以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170207

(チャートをクリックすると拡大されます)





日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170206

(チャートをクリックすると拡大されます)
金曜日の日足ローソク足は陽線を形成しております

金曜日のレポートで指摘しましたように
木曜日の終盤から金曜日の朝にかけては1時間足で下降トレンドを形成しておりました
金曜日の課題としてはどこまで下落するかがポイントでありまして
案の定、金曜日の夕方まで下降圧力は継続しました

ところが、最近の傾向としては日足でレンジ傾向が強いですので
下値抵抗線付近からの反発を狙い目として指摘しておりまして

結局、指摘した通りの展開となっております

それが、金曜日の日足の下ヒゲに表れている状況です

金曜日は1.0730付近を第一下値抵抗線として指摘しておりましたが

このラインをやや割れたところで安値がストップし反発しております

金曜日の終わりかけは1時間足で上昇トレンド中ですので
今日の課題は、まずはどこまで上昇するのかを見ていきたいところではあります

目安としては金曜日の狙い目を同様でして
1.0800ラインを最初の関門として意識して
次に抵抗線を1.0830付近で見ています

このラインを越えると比較的強い上値抵抗線として
1.0870付近を意識しております

週明けですので
どこまで上昇の余力が残っているかわかりませんが
このあたりに注目です

逆に下方向ですが
まずは日足+1σラインを割れることで
下向きに力を読み取れます

抵抗線としては金曜日の最安値である1.0710付近を第一下値抵抗線として意識しております

このラインを割れてくると下降圧力の強まりを期待しておりまして
第二下値抵抗線 1.0685
第三下値抵抗線 日足平均線

を次の目標値として見ています

日足での直近2週間はレンジ傾向が強くなってきておりますので

現状では抵抗線からの反発反落も有効ですので
上記の抵抗線の存在を意識するといいでしょう


以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170206

(チャートをクリックすると拡大されます)



日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170203

(チャートをクリックすると拡大されます)
昨日の日足ローソク足は同値線を形成しております

始値と終値がほぼ同値ではありますが
目立つのが上ヒゲの存在です

昨日は中盤までの上昇、そして後半の下降

と流れが大きく分かれました

結果的に行った来たの状態になっております

上方向にアタックを仕掛けたものの戻されているのですが

昨日も指摘しましたように
上方向への変化はナカナカ続かない状況となっております

ただ、昨日の流れで1時間足チャート上では山が形成されておりますので
山の先である1.0830付近に上値抵抗の存在が読み取れておりますので
今後のポイントにしたいと思います

今朝の時点では1時間足チャート上で短期下降トレンド中となっておりますので

まずはどこまで下降するかに注目したいところです
直近のレンジ下限として1.0730付近で安値が止まっておりますので
まずはこのラインを意識したいと思います

このラインを割れることで下降圧力の強まりを読み取れまして

第二下値抵抗線 1.0685
第三下値抵抗線 日足平均線

といった具合で見ています

ただし、最近の傾向では抵抗線で止まって反発していますので
その点も狙い目として持っておきたいところです

逆に上方向に反応した際ですが
1.0800ラインを最初の関門として意識して
次に抵抗線を1.0830付近で見ています

このラインを越えると比較的強い上値抵抗線として
1.0870付近を意識しておりますが

上方向においては直近高値更新になってきますので
先が読みにくい状況になってきますので
トレンドの切れ目を見るようにするといいでしょう


以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170203

(チャートをクリックすると拡大されます)


日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170202

(チャートをクリックすると拡大されます)
昨日の日足ローソク足は陰線を形成しております

2月最初の相場ではありましたが
やはり流れが変わってしまいましたね

一昨日の陽線により変化が出そうではありましたが
重要な上値抵抗線 1.0800を指摘しました

このラインを基準線としまして
ラインを越えると更なる上昇を期待したのですが
結局、昨日はこのラインの抵抗が効きましたね

ただ、下降圧力も安定ではなく
指摘した最初の下値抵抗線である
日足+1σラインでピタッと止まっております

このあたりも狙い通りです

結局、上昇圧力は続かないものの
強い下降圧力にもなっていない状態です

現状では
上値抵抗線 1.0800
下値抵抗線 日足+1σライン

この上下抵抗線を意識したいところです

上方向に反応した際は直近高値更新になりますので
変化の度合いが大きく次の目標値を1.0870付近で見ています


下方向に反応した際は戻しになりまして
次の目標値を 1.0685付近で見ています

今日はこのあたりが変化発生を読み取れるポイントになるでしょう

トランプ大統領が日本の円安策に文句を言っていることも為替に与える影響がありますので
このあたりも注視しましょう

以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170202

(チャートをクリックすると拡大されます)


日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170201

(チャートをクリックすると拡大されます)
昨日の日足ローソク足は陽線を形成しております

比較的に長い陽線となりましたね
やはり月末に来ての調整が入った展開となっております

昨日のレポートで指摘しましたように
上方向には何層かの上値抵抗線の存在がありました
昨日であれば
第一上値抵抗を 1.0740
第二上値抵抗線 1.0770
第三上値抵抗線 1.0800

を指摘しておりまして

第一上値抵抗を越えると事で上昇圧力の強まりを読み取ることができまして
それぞれで刻むことができたと思います

やはり、最終の1.0800は重たい壁の様でして
上昇圧力もこの壁に達することで揉み合いに変わりました

まだ、上方向にアタック中ですので
このラインの攻防次第で今日の方向を見極めたいと思います

1.0800ラインを今日の基準線として考えておりまして
このラインよりも上の範囲であれば
上昇圧力継続中で次の目標値を1.0875で見ております

逆に1.0800ラインよりも下の範囲では戻し目線で見ておりまして
最初の目標値を日足+1σラインで見ています

今日から2月に変わりますので
昨日の月末調整から流れが変わることも十分ありますので
一旦リフレッシュするといいでしょう

まずは基準線の攻防で今日の方向を見極めるといいと思います

以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170201

(チャートをクリックすると拡大されます)




日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170131

(チャートをクリックすると拡大されます)
昨日の日足ローソク足は陰線を形成しております

目立つのは下ヒゲですね

昨日のレポートで指摘しましたように
1時間足ではレンジ展開でありました

昨日の流れは前半は上昇方向に反応するのものの
一時的な勢いで止まってしまいまして
午後からは下降圧力に転換しています

その勢いで指摘した下値抵抗線をブレイクし
下降圧力の勢いを増しています

また、下方向にブレイクした際は次の目標値を1.0625付近で定めておりましたが

昨日の最安値はほぼこのレート付近でピタッと止まっておりますので
想定通りの展開となっております

また、夕方以降は下降から上昇に反応しておりますので

それが下ヒゲの形になっています

おさらいしますと昨日は
上昇→下降→上昇

と流れとなりましたので
短期の山と谷を形成しております

ここを今日のポイントにしたいと思います

上方向では
第一上値抵抗を 1.0740
で見ています
このラインを越えると
第二上値抵抗線 1.0770
第三上値抵抗線 1.0800
を意識しております

下方向は
第一下値抵抗 1.0620
を見ています

このラインを割れると
次の目標値を日足平均線付近で見ています


特に今日は月末日ですので調整の動きは発生しやすくなります

上記の抵抗線ブレイクを流れの変化の最初の目安にされるといいでしょう

以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170131

(チャートをクリックすると拡大されます)


日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170130

(チャートをクリックすると拡大されます)
金曜日の日足ローソク足は陽線を形成しております

木曜日に若干変化が期待できそうな陰線が出たのですが
金曜日は陽線を出してしまいましたので
変化にはつながっていない状況です

とはいえ、金曜日の陽線は実体に短いローソク足ですので
大きな動きは発生しておりません

1時間足で見るとほぼレンジとなっておりますので

まずはレンジブレイクを最初の変化として見ていきたいところです

金曜日の短期レンジ幅は
上値抵抗線 1.0725
下値抵抗線 1.0655

で見ています
狭い範囲ですので
今日の展開でどちらかには反応すると思いますので
最初のポイントとして意識するといいでしょう

特に下値抵抗線 1.0655付近では
木曜日も金曜日も止まっているラインですので
このラインを割れることで下方向への変化発生になるかもしれません

この場合は次の目標値を1.0625付近で見ています
このラインを割れると日足平均線付近まで下落する可能性も出てくるでしょう

逆に上方向に反応した際ですが

レンジブレイクの次は
第一上値抵抗線 1.0770
第二上値抵抗線 1.0800

このあたりをポイント値として見ております

今日はこのあたりに注目しております
以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170130

(チャートをクリックすると拡大されます)





日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170127

(チャートをクリックすると拡大されます)
昨日の日足ローソク足は陰線を形成しております

昨日の陰線はここ数日の中では比較的幅のある下落となっております

まだ変化発生とまでは言えませんが
変化に繋がる可能性もあるでしょう

その一方でドル円は上昇しておりますので
ドル買い、円売りの状態が読み取れます

昨日のポイントは日足+1σラインでした
昨日のレポートではまずは1.0710ラインを第一下値抵抗線として指摘しておりまして
このラインを割れることで次の目標値である日足+1σラインに到達しております

ただし、日足+1σラインは何とか守り切ったところで揉んでいる状況です

このラインを守り切れるかどうかは結構重要なところでして

日足では1月に入ってから続いている上昇トレンドが継続できるか判断材料になりかねないポイントでもあります

今日も引き続きこのラインには注目しております

日足+1σラインを基準線として考えておりまして

このラインよりも下の範囲では下降圧力優勢で見ていまして
この場合は次の目標値は1.0625付近で見ております

逆に日足+1σラインよりも上の範囲内では
反発待ちで見ています

上方向に反応した際は第一上値抵抗線 1.0770
第二上値抵抗線 1.0800

このあたりをポイント値として見ております

今日はこのあたりに注目しております
以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170127

(チャートをクリックすると拡大されます)




日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170126

(チャートをクリックすると拡大されます)
昨日の日足ローソク足は陽線を形成しております

昨日のレポートで解説しましたように
一昨日の陰線は1時間足でレンジ相場の結果
下波でクローズしたので陰線としてあらわされていました

今朝のその逆でして
1時間足でのレンジ相場が継続している流れで
上波の方でクローズしているので陽線となっている状況です

つまり、23日あたりから始まっているレンジ相場が継続している状況です

相場そのものには変化がありません

その一方でNYダウが初の2万ドル突破のニュースが流れていまして
通常ではドル買いが優勢でもおかしくないのですが

為替には反応していない野は
トランプ政権への様子見感が強い状況が読み取れます

新たなサプライズ発言があれば一気に動く可能性もありますので
今後もトランプ大統領の動向には注視したいところです

チャートに戻りますがレンジ中ですのでポイントは昨日とほぼ同様です

レンジ展開の
上限 1.0770
下限 1.0710

はブレイクすることで方向を読み取る上で目安になりやすいと思います

上方向に反応した際は

次の抵抗線を1.0800付近
その次は1.0875付近
で見ています

逆に下方向に反応した際は
1.0700付近に下壁の存在がありますので

このラインを割れると日足+1σラインを次も目標値として見ています

更にこのラインを割れてくると
短期上昇トレンドの弱まりを読み取れるポイントとして見ています

その次の抵抗線を1.0550付近で見ています

今日はこのあたりに注目しております
以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170126

(チャートをクリックすると拡大されます)

日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170125

(チャートをクリックすると拡大されます)
昨日の日足ローソク足は陰線を形成しております

3営業日続いた陽線も一服した展開となっております

日足では陰線ではありますが
1時間足を見ると下降一方の展開ではない様子がわかります

昨日の展開としては、ほぼレンジ展開でして
終わり際の結果として陰線になったといえる状況です

前半は上方向にアタックを仕掛けていたのですが
やはり1.0800付近の上壁は厚いようでして
届かずの展開となっております

昨日からのレンジ展開の
上限 1.0770
下限 1.0730

はブレイクすることで方向を読み取る上で目安になりやすいと思います

上方向に反応した際は

次の抵抗線を1.0800付近
その次は1.0875付近
で見ています

逆に下方向に反応した際は
1.0700付近に下壁の存在がありますので

このラインを割れると日足+1σラインを次も目標値として見ています

更にこのラインを割れてくると
短期上昇トレンドの弱まりを読み取れるポイントとして見ています

その次の抵抗線を1.0550付近で見ています

今日はこのあたりに注目しております
以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170125

(チャートをクリックすると拡大されます)