FC2ブログ

未分類

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180921

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 上昇
終盤 上昇

の流れとなっております

日足では陽線を形成しております

ようやく動きましたね
一昨日まではレンジ相場を継続しておりました
その理由は上値抵抗線が重たく、何度かアタックを仕掛けるものの
越えることができずにいる状態で
上値抵抗線付近で揉み合っている状況であることを指摘してきました

その上値抵抗線が1.1720ラインでして
昨日はこのラインを越えると、一気に上昇圧力が加速して
上昇に勢いを持っております

今朝の時点では1時間足で上昇トレンド中ですので
どこまで上昇するのかを見ていきたいところです

最初の目標を1.1800で見ております
このラインも重要でして、越えたとしてもキープできるかを確認していきたいと思います
上昇圧力が継続されればその次の目標値を1.1850付近で見ております


ただ、1.1800付近は過去に何度か跳ね返されているラインですので
反落も視野に入れておきたいところです

下降圧力発生の目安として1.720ラインを割れることで
昨日の上昇力の弱まりを読み取れるでしょう


以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180921

(チャートをクリックすると拡大されます)




日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180919

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 レンジ
終盤 下降

の流れとなっております

日足では陰線を形成しております

昨日は大きな動きは発生しておりません
最近の傾向を見ますと
日足で陽線と陰線が交互に形成されておりますので
方向が定まっていない状況が読み取れます

ただ、先週は陽線優先の展開であったことがチャートをみるとわかると思いますが
上方向にアタックを仕掛けておりました

この上昇により目標値としておりました1.1720に到達し
上昇の勢いを弱めております

このラインが抵抗線であることを解説させていただきましたが
ここ数日の展開をみると
このラインに対してアタックを仕掛けるものの
ラインを越えることができない状況でして
何度かこのラインで高値が止まっております

その結果、レンジになっている状況です

このように抵抗線付近でレンジになっている状況は
長く続かないことが多いです

ラインを越えると上方向への変化でもありますが
越えられないとエネルギーを失って一気に下落することもあります

ですので、このラインの攻防を見て方向を決めたいと思います

上抜けした際は
次の目標値を1.1800付近で見ております

逆に下降した際は
最初の目標値を 1.1570付近で見ております
このラインを割れると下降圧力の強まりを期待しておりまして
次の目標値を1.1500付近で見ております

で意識しております


以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180919

(チャートをクリックすると拡大されます)





日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180917

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 上昇
終盤 下降

の流れとなっております

日足では陰線を形成しております

先週は月曜から木曜日までは陽線続きの展開でしたが
金曜日に比較的長い陰線を形成しております

結果的に戻しの展開となっております

金曜日のレポートで指摘した通りの展開となっておりまして
金曜日の朝の時点では上方向にアタックを仕掛けておりました

ただし、上値抵抗線である1.1720を最初の壁として意識していましたが
金曜日の中盤までは上昇基調でありながらも
最高値が1.1720に達すると急に流れを変えて
下降へと転じました

やはりこの付近の上値抵抗は強いことが確認できておりますので
今後も上昇に反応した際は注目しております

金曜日の終盤では
1時間足で下降トレンドを形成しておりますので
まずは下方向にアタックを仕掛けている場面です

最初の下値抵抗線を1.1570ラインで見ております
このラインの攻防は大事ですので
日足平均線と重なっておりますのでダブルのラインとして意識しております

このラインよりも下の範囲では下降圧力優勢場面として見ておりまして
順調に下降すればその次の下値抵抗線を1.1500付近で見ております

上昇に反応した際は
第一上値抵抗線を日足+1σライン
第二上値抵抗線を1.1720ライン

で意識しております


以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180917

(チャートをクリックすると拡大されます)






日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180914

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 上昇
終盤 上昇

の流れとなっております

日足では陽線を形成しております

やや上方向に変化が出つつあります

昨日の上昇力により日足+1σラインを越えてきましたので
この点は変化として注目しております

今日のポイントはこのラインよりも上をキープできるかどうかで見ております
キープできている間は上昇圧力優勢の相場を読み取りまして
次の目標値を1.1720付近で見ております

更にこのラインを越えると1.18台に乗せてくる可能性がありますが
最近の傾向では1.18まで上昇するケースは稀ですので
過度な期待はしない方がいいように思います

逆に日足+1σラインを割れた際ですが
上昇圧力の弱まりを読み取れます

この場合は即ショートを取るほどではないと思いますが

短期で下降圧力が確認出来れば
最初の目標値を日足平均線付近で見ております

まずは日足+1σラインの攻防を見ていきましょう



以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180914

(チャートをクリックすると拡大されます)






日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180912

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 上昇
中盤 下降
終盤 上昇

の流れとなっております

日足では陽線を形成しております

とはいえ、大きな動きは発生しておりません
1時間足の流れを見ても
上昇→下降→上昇
となっておりましてトレンドは発生していない状況です

これまでの解説通りの上値抵抗線と下値抵抗線に挟まれた状態が継続しております
まだレンジ展開中ですので
昨日同様の上値抵抗線と下値抵抗線の変化に対して注目しております

上昇に反応した際は日足+1σラインに注目しております
このラインを越えると上昇圧力の強まりが期待できる重要なラインと見ています
上昇力が強まることで
次の抵抗線を
第二上値抵抗線を1.1680
第三上値抵抗線を1.1720
で見ております


逆に下降に反応した際は
日足平均線に注目しております
このラインを割れることで下降圧力の維持を読み取れまして
次の目標値を1.1500付近で見ております

このあたりが近々のポイント値になりやすいでしょう

以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180912

(チャートをクリックすると拡大されます)






日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180911

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 下降
中盤 上昇
終盤 レンジ

の流れとなっております

日足では陽線を形成しております

昨朝の時点では下方向にアタックを仕掛けていることを解説しました

昨日の最初のポイントは
下値抵抗線である日足平均線でして
前半はこのラインに対してアタックを仕掛けておりました
短期的に割れたものの、結局ラインよりも下をキープできずに
戻しております

結果的に小反発となっておりますが
上昇力もまだ強くはありませんので
今後の方向は定まっていない状況です

指摘した抵抗線がまだ有効ですので
今日も注目したいと思います

このまま上昇力が継続した際は
まずは、日足+1σラインに注目しております
このラインを越えると上昇圧力の強まりが期待できる重要なラインと見ています
上昇力が強まることで
次の抵抗線を
第二上値抵抗線を1.1680
第三上値抵抗線を1.1720
で見ております


ただし、まだ上昇力は不安定ですので、再度下方向にアタックを仕掛ける流れに代わる可能性もあります

その際はこれまでと同様に
日足平均線に注目しております
このラインを割れることで下降圧力の維持を読み取れまして
次の目標値を1.1500付近で見ております

このあたりが近々のポイント値になりやすいでしょう

以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180911

(チャートをクリックすると拡大されます)







日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180910

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 上昇
終盤 下降

の流れとなっております

日足では陰線を形成しております

金曜日は米国雇用統計発表がありまして
結果は
予想19.1万人に対し20.1万人と予想を上回り、
平均時給も前月比・前年同月比
ともに上昇し、3回目の利上げがほぼ確実視され、ドル買いとなっております

とはいえ、大きな変化は発生しておりません
指摘しております下値抵抗線である日足平均線でピタッと止まっておりま

1時間足では短期で下降トレンド中で下方向にアタックを仕掛けおりますので
今日はこのラインの攻防で方向を見極めたいと思います

このラインを割れると、下降圧力の強まりを期待したいと思います
その場合は次の
下値抵抗線 1.1500付近に注目しております

また、日足平均線を越えられないと小反発することも想定しておいた方が良いでしょう
無理に押し目買いを狙う必要はありませんので
上昇した際は少なくとも上値抵抗線を意識しましょう


上値抵抗線は何層かありまして
第一上値抵抗線を日足+1σ
第二上値抵抗線を1.1680
第三上値抵抗線を1.1720

付近で見ております

先週は上下抵抗線が効いておりましたので
今日もこれらのラインの攻防を見定めましょう



以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180910

(チャートをクリックすると拡大されます)





日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180907

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 上昇
中盤 下降
終盤 レンジ

の流れとなっております

日足では同値線を形成しております

昨朝の時点では上方向にアタックを仕掛けておりましたが
指摘した上値抵抗線である日足+1σラインでピタッと止まりまして
その後、は膠着状態になっております

ただ、反落はせずに上値抵抗線付近でモジモジしておりますので
まだ上方向にアタックを仕掛けている状況は続いております

今日も引き続き
日足+1σラインに注目しておりまして
このラインを越える事で
上昇圧力の強まりを期待したいと思います

上値抵抗線は何層かありまして
第一上値抵抗線を日足+1σ
第二上値抵抗線を1.1680
第三上値抵抗線を1.1720

付近で見ております

日足+1σを越えることで上昇圧力発生の目安にし
次の目標値1.1680付近までの到達を期待したいと思います


とはいえ、今朝の時点では上昇圧力も然程強くありませんので
下降も想定しておく必要があります

再度、下降圧力が発生した際は
まずは日足平均線を最初の抵抗線として意識しております

最近の傾向として
このラインで何度か止まっていますので
近々の重要抵抗線として意識しております

このラインを割れると、下降圧力の強まりを期待したいと思います
その場合は次の
下値抵抗線 1.1500付近に注目しております

下方向では
このラインの攻防は重要ですので注視しましょう

以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180907

(チャートをクリックすると拡大されます)







日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180905

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 下降
終盤 上昇

の流れとなっております

日足では陰線を形成しております

近々の傾向としては
先週末から下降圧力が発生し、下方向にアタックを仕掛けている状況ではありますが
昨日は日足平均線でストップが掛かっております
やはり、この付近には下値抵抗線の存在があるようです

今朝の段階では日足平均線付近から小反発をしておりますが
そこまで強い上昇圧力ではないですので
再下落もあり得る状況です

下降圧力が再度発生した際は
まずは日足平均線を最初の抵抗線として意識しております

このラインを割れると、下降圧力の強まりを期待したいと思います
その場合は次の
下値抵抗線 1.1500付近に注目しております

このラインの攻防は重要ですので注視しましょう


逆に上昇に流れを変えた際では
第一上値抵抗線を日足+1σ
第二上値抵抗線を1.1680
第三上値抵抗線を1.1720

付近で見ております

今朝の段階では何とも言えませんが
日足+1σを越えることで上昇圧力発生の目安にしたいと思います


以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180905

(チャートをクリックすると拡大されます)







日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180903

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 下降
終盤 レンジ

の流れとなっております

日足では陰線を形成しております

先週中盤まで日足レベルでの上昇トレンドが継続しておりましたが
木曜日、金曜日の下落により幅のある戻し展開となっております

背景には新興国通貨安が再燃していることが主だった理由でありまして
まだ解決策の見えない情勢ですので、今後も注目しております

1時間足では下方向にアタックを仕掛けておりますので
まずは日足平均線の攻防を見ていきたいと思います

このラインを割れてきますと
下降圧力に勢いが増しやすいと思います

下降圧力に拍車がかかった際は
下値抵抗線 1.1500付近に注目しております

逆に上昇に流れを変えた際では
第一上値抵抗線を1.1680
第二上値抵抗線を1.1720

付近で見ております

このあたりが今日の上下のポイント値として意識しております


以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180903

(チャートをクリックすると拡大されます)



日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180831

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 下降
終盤 上昇

の流れとなっております

日足では陰線を形成しております

久しぶりの陰線となっております

その前4営業日続けての陽線を形成しておりまして
上方向にアタックを仕掛けておりました

前回のレポートでもそのことは指摘しておりましたように
上昇圧力発生の際は次の目標値を1.1720ラインで見ておりました

やはり、このライン付近が重たいようでして
今週の最高値は1.1720ライン付近で止まってしまい
昨日はこのライン付近から反落となりました

とはいえ、まだ強い下降圧力が発生しておりませんので
再度、上昇圧力発生の際は1.1720ラインを上値抵抗線として意識しております
このラインを越えると次の目標値を1.1800ライン当たりで見ております


また、昨日発生した下降圧力はさほど強くありませんが
今日も下降の流れを継続させるのかを見ていきたいところです

今日は日足+1σラインを基準線として考えております
このラインよりも下の範囲では下降圧力継続中で見ておりまして
最初の目標値を1.1570付近で見ております

このあたりを今日の方向を読み取るポイントとして考えております

今日は月末日ですので大きく動く可能性もありますので注視しましょう

以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180831

(チャートをクリックすると拡大されます)





イサムのトレード力向上講座

無料でお教えします!


kouza0122.jpg

ご希望の方はコチラをクリックしてください



 


日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180828

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 下降
中盤 上昇
終盤 上昇

の流れとなっております

日足では陽線を形成しております

先週金曜日に続いての陽線となっております

昨日のレポートで指摘しましたように
昨朝の時点では1時間足で上昇トレンドを形成しておりました
前半はやや戻しはあったものの
下値抵抗線をブレイクすることはありませんでしたので下降気配は出ずに
再度上昇圧力発生の流れになっております

昨日のポイントは日足+1σです

このラインは上値抵抗線として意識しておりますが
昨日は上昇優勢であるものの
このラインでピタッと止まっております

つまり、
まだ上値抵抗線はクリアできていない状況ですので
油断できな形ではあります

このままクリアして上昇圧力が増すこともありますが
クリアできずに反落する可能性もあります

今日はこのラインを基準線として意識しておりまして
日足+1σラインよりも上の範囲であれば
上昇力優勢で見ておりまして次の目標値を1.1720付近で考えております

逆に下降圧力発生の際ですが
1.1600付近を下値抵抗線として意識しております

このラインを割れるとその下は日足平均線付近で見ております

このあたりを近々のポイント値して見ております


以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180828

(チャートをクリックすると拡大されます)







日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180826

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 上昇
終盤 上昇

の流れとなっております

日足では陽線を形成しております

先週は木曜日に陰線を出したものの
それ以外は陽線を形成しておりますので
ローソク足を見ただけでも上昇圧力優勢の相場状況と言えます

また、ドル円も111円を回復しておりますので
対ユーロでみても円安傾向の週であったといえます

ユーロにおいては
2週前までは1.1300であったことを考えると
強いの上昇力と言えいます

当時のユロ売りの原動力となったのが
米国よるトルコ制裁ではありますが
この問題はまだ解決したわけではありませんので
今後の動向に注視したいところです

更にはポンペオ米国財務長官による訪朝が取りやめになったニュースもありますし
米中の貿易問題も白熱している状態にもあります
今後もトランプ大統領の発言には注視しましょう

チャート上では1時間足で上昇トレンド中です
今のところは次の目標値を日足+1σライン付近で見ております

このラインを越えると久しぶりの1.17台を目指す可能性が高くなると思います

逆に下降圧力発生の際ですが
最初の目安を1.1500ラインで見ております
このラインは近々では大事な下値抵抗線として意識しておりますので
このラインの攻防は下降圧力発生の目安になりやすいでしょう

今週は月末週でもありますので
大きく動くこともあります
変化にはいち早く察知するよにしましょう


以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180827

(チャートをクリックすると拡大されます)






日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180823

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 下降
中盤 上昇
終盤 上昇

の流れとなっております

日足では陽線を形成しております

結果的に先週木曜日から陽線が続いております

レートでは1.16台に戻る場面もありまして
ようやくトルコ制裁発言前の状態に戻っております

ただ、トルコ問題は解決したわけではありません
最近のユロドル上昇には別の理由がありまして
ドル売り、ユーロ買いが発生しております

ドル売り関しては
トランプ大統領がパウエルFRB議長やFRBの利上げ政策について批判したことや
米中通商協議についても期待していないと発言、
また中国や欧州を為替操作国として名指ししたことなどで、ドル売りとなっております

ユロ買いに関しては
英国のEU離脱問題でEUと英国の交渉会合を継続的に行い、問題解決を加速させることで
合意したことでポンドが大きく買われました。

この条件が揃ったこともあり
ユロドルの上昇に勢いをつけております

とはいえ、
トルコ問題が残っていることと
ベネズエラのデノミによる新興国通貨への不安感がある点では
まだ油断できない状況です

チャート上では
指摘して1.1570ラインまで到達しておりますので
次の目標値を日足+1σラインで見ております
このラインを越えると更なる上昇を期待しております

逆に
1.1570ラインを再割れすることで
上昇圧力の弱まりを読み取れまして
最初の下値抵抗線を1.1500付近で見ております

このラインを割れることで下降圧力の強まりを読み取れる入口になりやすいでしょう

ユロドルは上昇下降のどちらの可能性も秘めておりますので注視しましょう

以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180823

(チャートをクリックすると拡大されます)







日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180821

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 下降
中盤 上昇
終盤 上昇

の流れとなっております

日足では陽線を形成しております

結果的に先週木曜日から3営業日続けての陽線をとなっております
昨日のローソク足は長くはないのですが
意味のある陽線となっております

昨日のレポートでも指摘しましたように
日足ー1σラインが上値抵抗線として効いていました

昨日の前半はこのラインの抵抗を受けて反落展開でありましたが
中盤以降の上昇により、このラインを越えることができました

このブレイクはプチ変化と言えます

今日の課題は日足ー1σラインよりも上の状態を維持できるかどうかだと思います

維持できれば上昇圧力継続で見ておりまして
次の目標値を
第一上値抵抗線 1.1500
第二上値抵抗線 1.1570

あたりを意識しております

逆に、再度日足ー1σラインを割れてきますと
下降圧力優勢の状態を読み取れまして
次の目標値を 1.1400付近
で見ております

以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180821

(チャートをクリックすると拡大されます)


日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180820

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 レンジ
終盤 上昇

の流れとなっております

日足では陽線を形成しております

先週木曜日と連続の陽線を出しておりまして
金曜日のローソク足は比較的長いものとなっております

とはいえ、大きな変化は発生しておりません

ポイントは日足ー1σラインでして
前回のレポートで解説しましたように
近々の上値抵抗線を日足ー1σラインで設定しておりました

金曜日は上昇圧力があるものの日足ー1σライン付近で高値がピタッと止まっておりますので
上値抵抗線を受けている状況です

今日はこのラインの攻防で方向を見定めたいと思います

日足ー1σラインを越えると次の目標値を1.1500ライン付近で見ておりまして
このラインを越えると次の目標値1.1570付近までの上昇を期待したいと思います

また、下方向では
1.1400よりも下の範囲では強い下降圧力継続中で見ております

最近の値動きでは
1.1300付近が直近安値ラインとなっておりますので
このラインを割れると下降圧力が強まるポイントとしても見ております

以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180820

(チャートをクリックすると拡大されます)






日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180817

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 上昇
中盤 レンジ
終盤 レンジ

の流れとなっております

日足では陽線を形成しております

一応、陽線ではありますが
大きな変化は発生しておりません

最近の日足チャートを見ますと
短期の下降トレンド形成中ですが
その状況の変化はありません

昨日は陽線ですので
若干、下降の勢いは弱まったことを期待したい場面ではありますが
まだ油断はできない状況ですし
再度、下降圧力が発生する可能性も十分あり得ると思います

方針はこれまでと変わらずでして

日足ー1σラインを越えるまでは基本的にはショート軸で考えておりまして
基本方針はある程度上昇してからの再下落待ちで見ております

日足ー1σラインを越えると次の目標値を1.1500ライン付近で見ておりまして
このラインを越えると次の目標値1.1570付近までの上昇を期待したいと思います

また、下方向では
1.1400よりも下の範囲では強い下降圧力継続中で見ておりますので
むやみなロングは控えた方が良いと思います

最近の値動きでは
1.1300付近が短期のレンジ下限ラインとなっておりますので
このラインを割れると下降圧力が強まるポイントとしても見ております

以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180817

(チャートをクリックすると拡大されます)





日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180814

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 上昇
終盤 下降

の流れとなっております

日足では陽線を形成しております

先週金曜日の大幅な下落に対して
戻しの展開となりましたが
上昇圧力に強い勢いはありません

下落に対しての一番の要因である
トルコリラの問題もトルコ大統領が強硬を貫いていますので
まだ不安は払しょくされていない状況です

リラ安につられてユロ売り、リスク回避の円買いが基本的な動きの構図となりますので
今後もトルコと米国側の発言には注視したいところです

チャート上の読み方は昨日と同様で見ております

昨日はレンジ展開でありますが
金曜日からの下降トレンドはまだ継続中で見ております

日足ー1σラインを越えるまでは基本的にはショート軸で考えておりまして
基本方針はある程度上昇してからの再下落待ちで見ております

まずは、1.1500ラインを節目に見ておりまして
このラインを越えると今の下降圧力の弱まりを期待したいと思います

また、下方向では
1.1400よりも下の範囲では強い下降圧力継続中で見ておりますので
むやみなロングは控えた方が良いと思います

昨日のレンジ展開では
1.1360付近がレンジ下限ラインとなっておりますので
このラインを割れると下降圧力が強まるポイントとしても見ております

以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180814

(チャートをクリックすると拡大されます)



日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180813

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 下降
中盤 下降
終盤 下降

の流れとなっております

日足では陰線を形成しております

日足ローソク足も長く結構な下落幅となっております

また、テクニカル上でも変化アリの展開となりまして
直近安値更新となっております

一番の理由は
米国によるトルコ制裁のようです
リラ安につられてユロ売り、リスク回避の円買いに動いております

ただ、終盤には米大統領顧問弁護士の発言で一服しております

とはいえ、1時間足では下降トレンド中ですのでどこまで上昇するのかを見ていきたいところですが
新規でショートのタイミングの難しい場面ではあります

日足ー1σラインを越えるまでは基本的にはショート軸で考えておりまして
基本方針はある程度上昇してからの再下落待ちで見ております

まずは、1.1500ラインを節目に見ておりまして
このラインを越えると今の下降圧力の弱まりを期待したいと思います

また、下方向では
1.1400よりも下の範囲では強い下降圧力継続中で見ておりますので
むやみなロングは控えた方が良いと思います

直近安値更新中の重要場面ですので
方向を見誤らないようにしましょう

以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180813

(チャートをクリックすると拡大されます)