未分類

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
イサムのトレード力向上講座

無料でお教えします!


kouza0122.jpg

ご希望の方はコチラをクリックしてください



 


日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170524

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 レンジ
終盤 下降
の流れとなっております

昨日は中盤までは揉み合っていましたが
終盤に差し掛かるところから下降圧力優勢の相場展開となりました

とはいえ、大幅な下降ではありませんので変化発生しておりません

5月は圧倒的に上昇圧力の強い相場展開ではありますが
ここにきてやや上壁の影響を受け初めている様子が伺えます

上方向では、まずは1.1270付近に上壁の存在が確認出来ております
この壁を越えると直近高値更新となりますが
その上の1.1300付近に長期の壁の存在がありますので
現状ではこの壁の影響を受けているように思います

1.1300を越えられない展開が続くと
反落も想定できますので今後のポイント値としてみています

また下方向では1.1170ラインを最初の抵抗線としてみていますが
昨日の展開ではまだブレイクできておりません

今朝の時点では1時間足で下降トレンド中ですので
下方向にアタックを仕掛けている状態です

まずはこのラインを割れることで下降圧力の強まりを期待しておりまして
ブレイクすることで次の目標値の日足+1σラインを想定しております

ただし、まだ日足では上昇トレンド中ですので
基本方針はある程度下降してからの再上昇待ちでみています

今日の序盤はどこまで下降するのかを見ていきたいところです


以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170524

(チャートをクリックすると拡大されます)


日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170523

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 下降
中盤 上昇
終盤 レンジ
の流れとなっております

結果的には上昇力が勝りまして日足は陽線となっております

昨日のポイントは前半の下落からその後の上昇です

前半はある程度戻しの展開が働いておりましたが

私が指摘しましたポイント値である
1.1170ラインにタッチすると同時に上昇へと流れを変えております

つまり、ドンピシャの再上昇ポイントとなりました

その結果、昨日も今年の最高値を更新しています

レンジの更新でどこまで上昇を続けるのか未知数ではありますが
上昇トレンドが切れるまではロング軸で攻めていきたいところです

しかし、最高値更新状態での新規ロングはリスクが高いですので

ある程度下降してからの再上昇待ちを軸に組み立てて行きたいところです

今日も1.1170ラインには注目しておりまして
このラインを割れることで短期の下降圧力発生を期待しております

その次は日足+1σラインに注目しておりまして
日足+1σラインよりも上の範囲では上昇圧力継続でありロング軸中心で見ています

また、上方向のやや上には1.1300の長期の壁の存在が見えてきましたので
今後はこのラインにも注目していきたいと思います


以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170523

(チャートをクリックすると拡大されます)








日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170521

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 上昇
終盤 上昇
の流れとなっております

やはり上昇しましたね
金曜日のレポートで予測した通りの展開となりました

木曜日に陰線を形成したものの金曜日は再上昇となりましたが

現状では上昇トレンド中でしたのでトレンドに準じた展開となっております

また、金曜日に指摘したのは
日足+1σラインでして
このラインよりも上の範囲では再上昇待ちでした

特に金曜日のポイントは1.1170ラインでして
このラインは先週水曜日から木曜日にかけて形成された上値抵抗線でした

金曜日のレポートで指摘したことは、このラインを越えることで
追い込みロングのポイントとしておりましので
良い目安になったかと思います

また、結果的に最高値を更新しておりますので
次の目標値の見えない状況ですし
金曜日の終わりかけでは1時間足で上昇トレンド中でしたので
まずはどこまで上昇するのかを見ていきたいところです

今日の注意点は
現状からの新規ロングはリスクが高いので控えたいところです

上昇トレンド中ですのでロング軸ではありますが
ある程度下降してからの再上昇待ちを軸に組み立てていきたいところです

そういう意味では一時的な下落を待ちたいと思います

1.1170を一つのポイントとしてみておりまして
このラインを割れてくると短期下降圧力の発生を期待しております

ただし、下降の場合は長続きしない事もあり得ますので
過度な下落期待は控えたいところです

まずは金曜日の終盤の上昇トレンドがどこまで続くのかを見ていきましょう

以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170522

(チャートをクリックすると拡大されます)

日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170519

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 上昇
中盤 下降
終盤 レンジ
の流れとなっております

ようやく上昇が止まりましたね
直近では4本続けて陽線が並びましたので
久しぶりの陰線です

昨日も指摘しましたように
最近の上昇により直近高値を更新しておりましたので
新規ロングの判断の難しい場面でしたので
一旦、下落するのを待っておりました

そういう意味では昨日の下降により今後の選択肢が広がっています

欲を言えばもう少し下落して欲しいところです

今朝の時点では1時間足でまだ下降優勢の形をしておりますので
どこまで下落するのかを確認したいところです

特にポイントは日足+1σラインでして
このラインよりも上の範囲ではロング軸で見ています

基本は押し目買いを中心に組み立てたいと思っておりまして
現状から日足+1σラインの間で反発する可能性もありますので
注視しましょう

近々では1.1080付近に下壁の存在があります
この壁を割れると次の目標値を日足+1σラインで見ておりますが
このラインを小反発する可能性もあります

また、上方向には1.1170付近に上壁の存在がありますので
今後の追い込みロングのポイントとしてみています

このラインを越えると上昇圧力の強まりを期待しております
ただし、その先の目標値が見えてきませんので
深追いは禁物ですし、エントリーと同時の損切り設定は必須でしょう

以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170519

(チャートをクリックすると拡大されます)



日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170518

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 上昇
中盤 上昇
終盤 上昇
の流れとなっております

昨日も引き続きの上昇圧力優勢場面となっております
一昨日は直近高値を更新したのですが
昨日は更に高値を更新しました

勢いが強いですね
昨日のレポートで指摘しましたように
このような状況で気を付けなければいけないのは
「レートに惑わされない」ことです

直近高値の場合は心理的にショートを狙いたくなります

しかし、昨日のように上昇を重ねた場合は結果的に含み損を抱えてしまいますね

ショートが絶対にダメというわけではありませんが
上昇トレンド継続中のショートはリスクが高いということです

ショートのタイミングとしてはロングの弱り目を確認してから入れるように心がけたいところです

さて、今朝の時点では1時間足で上昇トレンド継続中ですので
まだ上攻め中です

昨日の方針同様にここからの新規ロングはリスクが高いですので控えたいところです
メインの狙い目はある程度下降してからの再上昇待ちである押し目買いを中心に組み立てないところです

現状では1.1080付近に下壁の短期の下壁の存在がありますので
このラインを割れてくると短期下降圧力発生を期待しております

また、1.1020付近を1つの方向の目安として考えておりまして
このラインよりも上の範囲では
ロング中心(押し目買い)の組み立てで想定しています

このラインを割れてくるとある程度の下降を期待しておりますので
近々での基準線にするといいと思います

ただ、瞬間的で終わる可能性もありますので
必ず損切り設定は忘れないようにしましょう

以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170518

(チャートをクリックすると拡大されます)




日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170517

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 上昇
中盤 上昇
終盤 上昇
の流れとなっております

力強い上昇となりましたね

昨日のレポートで指摘ましたように
昨朝の時点では上方向にアタックを仕掛ける場面でした

指摘しました上値抵抗線1.1020を
越えましたので
このタイミングで上昇圧力の強まり読み取れましたし
変化発生を読み取ることができたと思います

昨日も解説しましたようにこのラインを重要でして
直近高値ラインでした
昨日上昇で越えたことで今年一番の高値を記録したことになります
上記からも重要な変化であることがわかりますね

今後の課題はこの上昇圧力がどこまで続くのかです

現状では、天井が見えませんのでこのタイミングからの追い込みロングは推奨できません

上昇トレンドですので基本方針はロングではありますが
今の狙い目はある程度下降してからの再上昇を待ちたいところです

そういう意味からも下がり目を探っていきたいところでもあります

昨日のポイントであった1.1020を目安としておりまして
このラインを再度割れてくることで上昇圧力の弱まりを読み取れる目安としてみています

基本は日足+1σラインを割れるまでは上昇圧力継続で見ていますので

この間は短期の戻し(ショート)狙いか押し目買い狙いを待ちたいと思います

変化発生の過渡期ですのでレートだけのトレードは避けるようにしましょう


以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170517

(チャートをクリックすると拡大されます)


日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170516

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 上昇
中盤 上昇
終盤 レンジ
の流れとなっております

昨日のレポートで指摘しましたように
金曜日から上昇圧力が発生しておりまして
昨朝の時点では1時間足で上昇トレンド中でした
どこまで上昇するのかが最初の課題ではありましたが
指摘しました基準線である日足+1σラインを越えることで
更なる上昇圧力の発生に気が付くことできております

深夜にはレンジに変わっておりますが
まだ下降圧力は発生しておりませんので
金曜日から継続している上昇圧力は継続中で見ています

今日の最初の課題は上方向にアタックでありますので
どこまで上昇するのかを見ていきたいところですです

最注目は1.1020ラインでして
このラインを直近高値の重要ラインとして意識しております
越えると変化発生ではありますが
このライン付近で反落になることもあり得ますので
その点も選択肢として用意しておきたいところです

また、今日も日足+1σラインを基準線としてみております
このラインよりも上の範囲では上昇圧力継続で見ていまして
上記の1.1020ラインを目指しやすいと思います

逆に日足+1σラインを割れることで
上昇圧力の弱まりを読み取る目安としてみています

この場合は次の下壁を1.0915付近で見ておりまして

この壁を割れてくると大きな節目1.0830を意識しております

このあたりを直近の重要ポイントとしてみております

以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170516

(チャートをクリックすると拡大されます)


日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170515

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 上昇
終盤 上昇
の流れとなっております

先週は月曜日から木曜日まで陰線が続いておりまして
下方向にアタックを仕掛けていました

ただし、レポートでも指摘しましたようにそれまでが上昇圧力が強い展開でしたので
1.0830ラインを割れるまでは下方向への変化としては判断できない状況でした

木曜日までの下落でこのライン際まで下がってきましたので
金曜日は割れるのか小反発するのかの場面でありましたが
結果的に反発となりましたので
下値抵抗線 1.0830は依然として有効であります

また、金曜日のレポートで指摘しましたように
上値抵抗線 1.0900ラインを越えることで
上方向への変化を想定しておりましたので
金曜日は上手に乗ることができたと思います

今朝の時点では1時間足で上昇トレンド中ですので
まずは、どこまで上昇するのかを見ていきたいところです

最初のポイントは日足+1σラインでして
このラインを今日の基準線で見ています

このラインよりも上の範囲では上昇圧力継続で見ておりますし

ラインを越えられないと反落待ちで見ています

上方向に変化が発生した際は
次の目標値を1.1020付近
で見ていますが
このラインは直近高値の重要ラインですので
前回のようにこのライン付近から反落することもあり得るでしょう

下の方向に反応した際は先週同様に1.0830付近を重要ラインとして注目しております

このあたりが今週前半のポイントになりそうですので注視しましょう


以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170515

(チャートをクリックすると拡大されます)

日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170512

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 上昇
中盤 下降
終盤 レンジ
の流れとなっております

昨日一日の値動きは同値線となっております

今週の流れとしては下降トレンドを形成しておりまして
昨日の前半は上方向に向かい始めたものの
上昇力の乏しい展開で終わってしまいました

弱いながらも昨日の最安値は直近安値を更新している展開となっておりますので
下攻め中であることに変わりはありません

現状での下値抵抗線は1.0830付近を意識しております

このラインを割れてくると更なる下降圧力の強まりを期待しておりまして
次の目標値を日足平均線付近で見ています

逆に上方向に反応した際ですが
近々では1.0900付近で何度か止まっておりますので
まずはこのラインの攻防に注目したいところです

このラインを越えると次の目標値を日足+1σ付近で見ています
日足+1σラインを越えてると先週のような上攻め展開と想定できる形としてみています

今朝の時点では下降圧力優勢の展開ですので
まずはどこまで下落するのかを見ていきましょう

以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170512

(チャートをクリックすると拡大されます)


日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170510

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 下降
終盤 下降
の流れとなっております

下降の勢いが止まりませんね
昨日のレポートでしてきましたように流れは変わりつつあります

月曜日だけの下落では半落ち状態でしたが
昨日の下落で指摘した日足+1σラインを割れてきましたので
このことでショート軸で方針を決めることができたと思います

また、昨日の予測値である1.0875付近で最安値がピタッと止まりましたので
このあたりの狙い目もバッチリでしたね

背景としては
ユーロドル下落ですので
ドルが買われている状況にあります
フランス大統領選挙でEU残留派のマクロン氏が当選したことで
リスクが回避されていたことと
米国利上げが6月に実施させることへの期待感からのドル買いが先行している状況です

今朝の段階では1時間足で下降トレンド継続中ですので
どこまで下降するのかが今日の課題です

下方向での注目は
第一下値抵抗線 1.0850
第二下値抵抗線 1.0830
第三下値抵抗線 1.0780

このあたりで見ています


逆に日足+1σを越えてくると上昇圧力の強まりを期待できる展開で
ロングチャンスが増えてくると思います


以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170510

(チャートをクリックすると拡大されます)



日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170509

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 下降
中盤 レンジ
終盤 下降
の流れとなっております

直近では上昇力が働いていましたが
昨日は戻しの下降となりました

先週末から指摘していました
短期の上昇圧力は昨日の下降により転換した格好となっております

ただし、まだ日足+1σラインよりも上の範囲に位置しておりますので
再上昇の可能性も期待できる位置ではありますので
下降一方で絞らない方がいいと思います

今日は日足+1σラインを基準線としてみておりまして

このラインよりも上の範囲では再上昇を期待した押し目買い狙いの目線で見ています

ただし、今朝のところは1時間足で下降トレンド中ですので
闇雲にロングを取ることは控えたいところでして
特に1.0960ラインを越えてくると上昇圧力の強まりを期待度が増してくると思っております

逆に日足+1σラインを割れてくると下降圧力の強まりを期待しておりまして
次の目標値を1.0875付近、その次を1.0850付近で見ています
下方向には何層かの抵抗線の存在がありますので
このあたりを意識しながらポジション調整をしていきたいと思います

以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170509

(チャートをクリックすると拡大されます)





日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170508

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 下降
終盤 上昇
の流れとなっております

強い動きではありませんが
木曜日の変化を継続している流れとなっております

金曜日のレポートで解説しましたように
木曜日の陽線により上値抵抗線をブレイクし
上方向に抜けてきました

この展開から上方向への変化を指摘したのですが
金曜日はこの変化を継続し、直近高値を更新した格好となっております

また、金曜日は米国雇用統計がありましたが
この指標が後押しにもなっております

現状では直近高値を更新中ですので
次の明確な上値抵抗線のない状態ですので
どこまで上昇するのかを見ていきたいところです

いわば現状からの新規ロングはリスクを伴いますので
あまり推奨できない状況ではあります

ただ、トレンドは上昇トレンド中ですので
一旦、落ち着いてからの押し目を狙っていきたい場面ではあります

現状の上昇圧力継続の判断基準ですが
1.0950ラインに注目しております

このラインよりも上の範囲では上昇圧力継続中で
更なる上方向へアタックを仕掛けている状態を想定しております

このラインを割れてくると現状の上昇圧力の弱まりを読み取れるポイントとして
意識しております

このレポートは月曜日の市場が開く前に書いていますが
日曜日のフランス大統領選挙の結果を受けて
大きな窓を開ける可能性もあります

月曜日前半は空いた窓をどこまで埋めるのかも課題となってきますので
チャンスを逃さないようにしましょう

以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170508

(チャートをクリックすると拡大されます)




日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170505

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 上昇
終盤 上昇
の流れとなっております

ようやく動いてきましたね
これまで解説してきましたように
最近のユーロドルは日足でも日替わりで陽線陰線を出すがごとく
方向定まらないレンジ相場となってきました

また、レポートではレンジ上限下限を指摘しまして
その範囲内で推移していたのが最近の展開です

昨日の展開では指摘しましたレンジ上限を越えてきましたので
上方向への変化を読み取ることができます

フランス大統領選挙以来上方向にアタックを仕掛けていましたが
これまでの展開では1.0950ラインの壁が厚く何度も阻まれておりました

昨日の上昇圧力でこの壁を越えたことは変化として受け止めたいと思います

さらに言えば、直近高値も更新しておりますので
それも変化とも言えます

今後のポイントはこの上昇圧力がいつまで続くのかでしょう
下方向への変化だとわかりやすかったのですが

上方向は直近高値を更新してきておりますので
この状態を継続させるには大きなエネルギーが必要となります

場合によっては数日の短期上昇で終わる可能性もありますので
そのあたりはリスク管理しておきたいところです

今の段階では1.0950ラインよりも上の範囲では上昇圧力継続でみておりまして
このラインを再割れしてくると昨日の上昇圧力の弱まりを読み取れる第一歩としてみています

また、本日は米国雇用統計を控えていますので
この結果次第では動く可能性も十分ありますので
今日の注目ポイントとして注視したいところです

更に週末にはフランス大統領選挙決戦投票控えていますので
こちらも相場を動かす大きな力を持っています

週末のポジション持越しには十分気を付けましょう

以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170505

(チャートをクリックすると拡大されます)



日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170503

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 レンジ
終盤 上昇
の流れとなっております

昨日も大きな動きは発生しない展開となりまして
幅の狭いレンジとなっております

日足を見ると日替わりで陰線と陽線が出ていますので
ここからも強いレンジ展開であることが読み取れております

1時間足を見ても長時間継続するトレンドは発生しておりません

その一方でドル円やユーロ円は動きがありまして
ドル円においては久々に一時112円台の場面もありましたので
市場的に動きないわけではありません

ただ、最近のユーロドルにおいては
直近高値付近で揉んでいますので
上値が重たい状況です

通常はこの状態はそう長くは継続しないともいますので
今後の動き出しまで我慢したいところです

今日のポイントは昨日と同様に見ています

上方向は
1.0950付近でストップしております
今後も重要上値抵抗線として意識したいところです

下方向は
第一下値抵抗線 1.0850
第二下値抵抗線 1.0830

このあたりが下方向のポイントになると思います

どっちに反応するかわかりませんが
上方向と下方向の変化を上記から判断すると良いでしょう



以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170503

(チャートをクリックすると拡大されます)
日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170502

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 下降
中盤 上昇
終盤 下降
の流れとなっております

大きな動きは発生しない展開となりまして
幅の狭いレンジとなっております

また
上下共に昨日のレポートで指摘しました抵抗線の範囲内に収まっていますので
変化は発生しておりません

昨日も指摘をしましたように
近々のユーロドルはレンジ展開となっておりますので
その流れに準じた値動きを形成しております

ただ、昨日は上下抵抗線のどちらにもタッチしておりませんので
強い圧力も掛かっていないことが読み取れます

今日、明日とFOMCが開催されますので
様子見感も強いようにも見えます

このような場面ではエントリーチャンスも乏しいですので
チャンス待ちの状況で待つ時はしっかりと待つようにしましょう


今日のポイントは昨日と同様に見ています

上方向は
1.0950付近でストップしております
今後も重要上値抵抗線として意識したいところです

下方向は
第一下値抵抗線 1.0850
第二下値抵抗線 1.0830

このあたりが下方向のポイントになると思います

どっちに反応するかわかりませんが
上方向と下方向の変化を上記から判断すると良いでしょう



以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170502

(チャートをクリックすると拡大されます)

日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170430

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 上昇
終盤 下降
の流れとなっております

日足では陽線を形成しているものの長い上ヒゲを出しています
このヒゲの展開が金曜日のポイントでして

金曜日の流れは上方向にアタックを仕掛けるものの
上値抵抗を受けて反落していることを読み取れます

また、最高値を見ますと
1.0950付近でストップしております

このラインは私が金曜日に指摘した重要ラインですので
ドンピシャの展開になっていることがわかります

このラインは直近高値ラインでもありますし
先週も何度かこのライン付近で高値がストップしておりますので
今後も重要上値抵抗線として意識したいところです

ただ、今のところは上方向に向いていますが
このアタックが何度か失敗すると
下降圧力が強まることも十分あり得ますので
今後に動きには注視したいところです

まずは
第一下値抵抗線 1.0850
第二下値抵抗線 1.0830

このあたりが下方向のポイントになると思います

どっちに反応するかわかりませんが
上方向と下方向の変化を上記から判断すると良いでしょう



以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170501

(チャートをクリックすると拡大されます)






日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170428

(チャートをクリックすると拡大されます)
昨日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 下降
終盤 レンジ
の流れとなっております

結果的に大きな変化になっておりません
昨日指摘しまし様に直近ではレンジ展開になっておりますのが
昨日はレンジの範囲内で推移しましたのでそれに対しての変化が発生していない状況です

どちらかというと下方向にアタックを仕掛ける展開ではありますが
指摘しました下値抵抗線 1.0830ラインに到達しておりませんので
そこまで強い下降圧力とまでは言えないようです

終盤ではレンジですので
今朝の時点では1時間足でも方向付かずではありますが
下値抵抗線に近いところからのスタートですので
引き続き 1.0830ラインは注視したいところです

逆に上方向においても昨日同様に直近高値である 1.0950ラインに注目しております

今週は上方向にアタックを仕掛けるもののこのラインで何度かストップしておりますので
抵抗の確認が取れている重要ラインです

今日は月末営業日でもありますので
調整の動きも入る可能性があります

まずは上記抵抗線をブレイクすることで
変化にいち早く気が付く事が出来るでしょう


以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170428

(チャートをクリックすると拡大されます)

日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170427

(チャートをクリックすると拡大されます)
昨日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 下降
終盤 レンジ
の流れとなっております

大きなトレンドは発生しておりませんが
前半の上方向へのアタックに対して中盤以降は戻しの圧力が発生しております

一昨日の上昇圧力で直近高値を越えてきたのですが
やはり上方向は重たく上昇一方の展開にはなりにくいようです

また、一昨日、昨日の流れの中で1.0950付近で何度か高値が止まりましたので
このあたりに直近の上値抵抗線の存在が確認出来ましたので
今後はこのラインに注目したいところです

また、中盤以降の戻しによりある程度は下落していますが
指摘した下値抵抗線はブレイクしておりませんので
大きな変化は発生しておりません

今日も引き続き1.0830ラインを下値抵抗線として意識しております

今の段階ではまだ月曜日の上窓から発生した上昇圧力が残っていますので
上方向にアタックを仕掛けている状況です

1.0830を割れるまではこの状況が継続されていると判断しますので
基準にしていただくといいでしょう

ただ、月末にも近づいてきますし
日本ではゴールデンウィーク直前などで企業の決済も発生してくると思います

動きが発生しやすいところですので
変化はいち早く察知するようにしましょう


以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170427

(チャートをクリックすると拡大されます)




日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170425

(チャートをクリックすると拡大されます)
昨日の日足ローソク足は陰線を形成しております

1時間足を見ますと
前半 下降
中盤 レンジ
終盤 レンジ
の流れとなっております

昨日のポイントはスタートですね
週末に行われたフランス大統領選挙第一回目の結果を受けて
予測通りであったことから安心感の買い戻しが発生し
ユーロドルは大きな上窓を開けてのスタートとなりました

約200PIPS位の窓ですので大きな窓と言えますが
レートも非常に重要なポイントでした

1.0905付近まで上昇したのですが、
このラインは私のチャート上にもラインを入れておいたほど注目のレートでして

直近高値の上値抵抗線として意識したいた場所です

昨日は大きな上窓にも拘わらず
上値抵抗はしっかりと受けている様子がわかります

結果的にスタートが最高値となり
その後は戻しの下落
そして中盤以降はレンジとなっております

窓を埋めるほどの戻しは発生しておりませんので
まだ上昇圧力も残されていると判断できます

結果的に昨日は中盤以降レンジでしたので
強いトレンドは発生しておらず、方向を悩んでいる状況です

今日の注目点は

上値抵抗線 1.0905ラインでして
このラインを越えてくると上昇圧力の強まりを期待しておりますが
一時的な上昇で終わることもありますので
損切り設定を入れることは忘れないようにしたいところです


逆に下方向ですが
下値抵抗線 1.0830ラインに注目しております
このラインも元々注目していたラインではありますが
昨日のレンジ下限ラインにもなっております

このラインを割れてくると下降圧力の発生を期待しております

下降圧力が発生した際の最初の目標値は日足+1σライン付近で見ています
このラインを割れてくると下降圧力の強まりを期待できる大事なラインとして意識しております


以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170425

(チャートをクリックすると拡大されます)