ゴルスパ特別会員

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
■■ゴルスパチャートで分析中■■

日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20150913

(チャートをクリックすると拡大されます)

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます!)

まずは日足チャートからの分析です

金曜日のユーロドルは陽線を形成しました

引き続きの上昇展開ではありましたが、指摘した上値抵抗線でピタッと止まりましたね

金曜日にも指摘しましたが

ユロドルは6営業日続けての陽線を形成しております

上昇トレンド中ですので、基本はロング軸で攻めたいところですが
まだ不安定な要素もありました

そういう意味からも近々では日足+1σラインを上値抵抗線として意識しておりまして
このラインを越えると更なる上昇を期待しておりましたが

案の定、金曜日の高値は日足+1σラインでピタッと止まってしまいました

ですので、今日の展開は大事です

日足+1σラインを基準線として考えるとわかりやすいでしょう

このラインを越えてると更なる上昇を期待しています

逆を言えば、日足+1σを越えるまではロングは控えた方が良いでしょう

日足+1σラインを越えることが出来なければ反落のケースも想定すると良いでしょう

今日は抵抗線際からのスタートですので
チャンス場面になる可能性もありますので
ラインの攻防を注視するようにしましょう

以上を大きな狙い目と考えております


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20150913

(チャートをクリックすると拡大されます)

前日営業日の展開は
前半 下降
中盤 上昇
終盤 上昇

の流れとなりました

金曜日は前半は下降圧力の発生もありましたが
結果的に上昇トレンド継続となりました

このトレンドを支えたのが1時間足平均線の存在です

このラインを割らずにキープすることができましたので

ロング方針で攻めることができたと思います

ところが深夜になるとモジモジしている様子がわかります

これは日足+1σラインが上値抵抗線である証拠と言えます

このラインを越えると上昇圧力の強まりが期待できるでしょう

トレンドで見ますと1時間足平均線をサポートラインとして見ていますので
このラインを割れると下降圧力の発生が期待できて
日足平均線付近までの下降を想定しております

ですので、今日は
上値抵抗線を日足+1σライン
下値抵抗線を1時間足平均線

で見ています

どちらかに変化があると、次の動きが想定しやすいでしょう


以上を今日のロングとショートの目安として考えております

ご活用頂けましたら幸いです


★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。




■■ゴルスパチャートで分析中■■

日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20150902

(チャートをクリックすると拡大されます)

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます!)

まずは日足チャートからの分析です

昨日のユーロドルは陽線を形成しました

一昨日に引き続いての陽線となりました
昨日の場合は比較的長い陽線となっております

しかし、大きな変化は発生していませんが
今日の以降の流れに含みを持たせた展開となっております

注目は日足+1σラインです

昨日のレポートではこのラインを上値抵抗線として注目しておりました

昨日の比較的長い陽線であったものの、高値が日足+1σラインでピタッと止まっております

つまり、抵抗を受けている状態です

要するにまだ上昇の波に乗り切れていない状態とも言えます

しかし、今朝の時点では上昇圧力継続中ですので
このラインの攻防が今日の方向を読み取る鍵になりやすいと思います

日足+1σを越えると上昇期待

越えられなければ反落もあり得る

と見ています

ここ数週間の流れを見ると先週こそは下降圧力が強かったのですが
週単位で見ると上昇圧力の方が優勢の状況の変わりはありません

特に今日は日足+1σの攻防が重要と考えておりますので
このラインに注目すると良いでしょう


以上を大きな狙い目と考えております


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20150902

(チャートをクリックすると拡大されます)

前日営業日の展開は
前半 上昇
中盤 下降
終盤 上昇

の流れとなりました

結果的に日足で陽線となっておりますが
終日上昇のながれではありませんでした

1日の流れを見ると上がったり下がったりしています

その理由は最高値にあります

昨日の場合は2度ほど高値が日足+1σラインにタッチしている状況が確認できております

指摘した通りにここが上値抵抗線になっている状態が確認できていますね

今後のポイントとしてこのラインを越えてくると
次の更なる上昇が期待しやすいと思います

今朝の時点では上昇トレンド継続中ですので
まずはこのラインを越えることができるかどうかに注視しましょう

もう1つの注目点は1時間足平均線で見ています

このラインを割れてくると上昇圧力の弱まりを読み取れます
ただし、この時点でのショートは慎重にとって欲しいところです

日足平均線をわれるまでは一時的な下落で止まるケースも想定されますので
深追いは禁物でしょう

まずは日足+1σの攻防に注目しましょう

以上を今日のロングとショートの目安として考えております

ご活用頂けましたら幸いです


★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。