ポンド円

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
イサムのFX情報をお読みになられる方は

まずはじめに【下のバナー】のクリック応援をお願い致します
人気ブログランキング

応援ありがとう御座います(^^)v
--------------------------------------
読者の方はイサムと同じチャートに設定しましょう
設定方法はこちらをクリックして下さい
--------------------------------------

さて、解説の前にご案内です

「イサムのメルマガ」をご存知でしょうか?

記事に書いてなかったので、知らない方も多いようです。

緊急速報は真っ先にメルマガにて配信させていただきます

ぜひご登録下さい

勿論無料です
↓ ↓ ↓

メルマガ購読・解除
「日刊」FX塾頭イサムの為替トレード重要ポイント
  
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

★★★★★★★★★★★★
★イサム塾ニュースができました
下記のブログに掲載中です!
私の愛弟子です
先月の成績はプラス1200PIPでした!
今月も着実にプラスを出してますよ
ブログ名「ロスカット男のFX復活日記
人気ブログランキング  現在6位付近です。
★★★★★★★★★★★★

今週1週間のGBP/JPYを振り返ると

始値  141.49
終値  135.39
高値  142.16
安値  134.60

この1週間のポンド円の動きを見てみましょう

週の5本のローソク足5本が全て陰線です
かなり下方圧力が強い週であったことが読み取れます。

原因は米ドル円、ユーロ円同様に「上の抵抗線」に負けたことが理由になります

先週日曜日の週間予測でも掲載しましたが、先週は上値抵抗真下からのスタートを切りましたので、ロングポジションに対しては、抵抗線をこえるまで要注意が必要です
基本スタイルは「戻し売り」という解説をしました。

結果的に抵抗線に負けて大きく下落した形になります。

今週の動きでも実感したことは「下は軽い」状況です
このことは常々申し上げておりますが、上下の波を描きますが、上はゆったりで下は急と言うのが昨今の状況です

この動きにも理由がありますが、この理由は先日の「研修生限定記事」で詳しく説明しましたのでここでは割愛いたします。

さて、この先の展開ですが、前1週間の下落で一応下方抵抗まで下落したと見ることもできます。
つまり、下方抵抗真上からのスタートとなりますので、先週とは逆のスタートになります。

その大きな目安が「米ドル円89.90」になりますね

ちょうどこのあたりからのスタートとなりますが、ここが下方抵抗になれば、小反発が期待できますし、逆に上の抵抗になってくると更なる下落が期待できます。

先週と違うことは「下方の壁は薄い」ということです。
絶対的な予測はできませんが、あまり先入観を持ちすぎて「反発」を狙いすぎるのもいけません。

まずは様子を見ながら抵抗の効き具合を確認していきましょう

という目処が立てられますので、その辺りに注目すると流れが読み取りやすいでしょう

エントリーする時は「タイミング」と「損きり設定」は必要です

自分のタイミングを持っていない方は「研修生」にご応募くださいね

あなたに合ったトレードスタイル一緒に見つけましょう!

抵抗を無視して間の悪いトレードをしないように心がけましょう。

この「節目」の原理をわかっている事により、リスクの少ない安定したトレードが出来ます。

分析をしている人としていない人ではエントリーのタイミングが全く違います。

このように分析をすれば、私の日々のブログのように節目をキッチリと算出し、最高値、最安値の予測精度が高くなると思います

分析と言ってもそれは特殊な手法ではありません

少しのヒントでほとんどの方が読み取れるようになります

それを証拠にこれまで500人以上輩出している「研修生」の方々は

かつて何百万も損をしていたのに数ヶ月で「損をしなくなった」、「むやみにポジションを取らなくなった」、「損益が小さくなり、利益が大きくなった」と言った実績を挙げております

人それぞれ環境が違います。

トレード時間も違えば、得意な通貨ペア、証拠金すべて異なります

つまり猿真似ではFXは勝てないと言うことです

自分のリズムに合わせた「相場観」が必要になるわけです

私はそこに着目して、私に合わせるのではなく、その人にあったアドバイスをする事により結果が大きく変ってくるのです

理屈はとても簡単です

「どうしてそんなに予測があたるのですか?」

と言う質問をよく受けます

それは簡単です

「基準」があるからです

私は人間である以上、「絶対」という予測はできません

しかし、ある基準を算出して、そこを下回れば下方に圧力がかかりやすいとか更に その先はどこまで下落しやすい とかは「節目」を見れば判断できます

つまり、この「節目」を知る事によりとてもリスクが少ない見通しを立てることができるわけです

このように「節目」での値動きを読み取れば活きている相場からメッセージを受けることができます。

これを読み取るのに必要なことは「考える」と言うことです。

考えることにより自分のとるポジションに対して【根拠】が持てます。

この【根拠】を身につけるには自分自身で鍛錬することが大事です。
★★★★★★★★★★★★
【無料FX初心者研修生募集中】
イサムの精度の高い抵抗値の予測が自分でできる勉強を応援します
専用お申込みはこちら↓



条件を満たした方にもれなく「研修生認定」「FX鍛練シート配布」をさせていただきます。

★★★★★★★★★★★★

【日足チャート】
ポンド円日足2.28

イサムのチャートの設定の方法はこちらをクリック

大きな流れは冒頭で申し上げた通りです

日足チャートから見ると、日足―2σを割り込んだところでクローズしておりますので
やや下がりすぎという感じもします。

しかし、これだけの理由で反発を狙うのも危険ですね。

週初めのポイントとしては、冒頭の解説のように「米ドル円88.90」がどちらの抵抗になるかが大事です。

この1週間の下落で、ユーロ円、ポンド円も下方抵抗を割り込むかどうかのところまで差し掛かっております。

先週初めよりは上昇する可能性は高いとは思いますが、下壁は薄いですので、様子見が必要と考えております。

上がるか下がるかという議題になると、可能性は「半々」と考えられます。
しかし、現状が抵抗線付近に位置しておりますので、ここで安定はしにくいでしょう。
そういう意味ではこの先1,2週間である程度の変動幅は期待できると思います。

その基礎となる方向性が今週初めで決まることも考えられます。
その第一ポイントが「米ドル円88.90」と考えておりますので、この動きをしっかり見ましょう。

これだけ下がっても、上記のポイントを割り込めばマダマダ下落する可能性が高くありますので、「もう下がらないだろう」という先入観は持たないようにしましょう。

このような相場の変わり目は「メンタル」が非常に重要です。
「FX上達術」レポートは「メンタル強化レポート」ですので、毎日お読みになって勝ちの精神を継続させましょう!
抵抗値 
上値抵抗値 138.90
下値抵抗値 135.50


人気ブログランキングへ←現在2位です。ブログ存続の為、毎日応援クリックをお願い致します。

★FXで全く勝てなかった方が研修で勝てるようになりました
★研修生ブログ!
月の目標1000PIP
先月は+1200PIP達成してます

研修生として応援してあげて下さい
ブログ名「ロスカット男のFX復活日記
人気ブログランキング  現在4位付近です。


★★★★★★★★★★★★
【無料FX初心者研修生募集中】
イサムの精度の高い抵抗値の予測が自分でできる勉強を応援します
詳しくは「こちら」をご覧ください

あなたの相場観が大きく変るはずですよ(*^^)v
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
応援ポチ、よろしくお願いします
↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ


★★★★★★★★★★★★
【イサム】 & 【FXブロードネット】 タイアップ企画
メンタル向上の為に毎日お読みください
「FX上達術レポート」プレゼント
勝てない人の「原因」と「解決策」が詰まってます
お申込みはこちら↓
FXトレーディングシステムズ

特典として、私が「トレード診断」をしますので詳しくレポートをご覧ください

イサムのFX情報をお読みになられる方は

まずはじめに【下のバナー】のクリック応援をお願い致します
人気ブログランキング

応援ありがとう御座います(^^)v
--------------------------------------
読者の方はイサムと同じチャートに設定しましょう
設定方法はこちらをクリックして下さい
--------------------------------------

さて、解説の前にご案内です

「イサムのメルマガ」をご存知でしょうか?

記事に書いてなかったので、知らない方も多いようです。

緊急速報は真っ先にメルマガにて配信させていただきます

ぜひご登録下さい

勿論無料です
↓ ↓ ↓

メルマガ購読・解除
「日刊」FX塾頭イサムの為替トレード重要ポイント
  
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

★★★★★★★★★★★★
★イサム塾ニュースができました
下記のブログに掲載中です!
私の愛弟子です
先月の成績はプラス1200PIPでした!
今月も着実にプラスを出してますよ
ブログ名「ロスカット男のFX復活日記
人気ブログランキング  現在7位付近です。
★★★★★★★★★★★★

今週1週間のGBP/JPYを振り返ると

始値 139.54
終値 141.17
高値 141.88
安値 138.59

この1週間のポンド円の動きを見てみましょう

ちょうど、米ドル円とユーロ円を足して2で割ったような展開ですね
展開としては、終値―始値=プラス
ですので週のトータルではプラスに動きおります。

しかし、肝心なことは「抵抗」に対してどのような値動きをしたかになります。

先週日曜日のブログでも解説しましたが、上方向に向かった際に大事な抵抗が
「日足―1σ」になります。

今週は上昇の動きではありましたが、最高値は日足―1σでストップをしておりますので、
「想定内」の動きと言えるでしょう。
つまり、このあたりの動きはユーロ円に同調していると言えるでしょう。

週のトータルでみても「変化ナシ」という結論に達します。

先1週間のポンド円のポイントとしては「ユーロ円次第」といっても良いでしょう。

現在の為替相場は
下落のカギは米ドル円が握り
上昇のカギはユーロ円が握る
と言った状況です

つまり、ユーロ円が日足―1σを越えてくると、下降圧力の弱まりを読み取れる事ができますし、
米ドル円が日足―1σを割り込んでくると、再度下降圧力の強まりを読み取ることができるでしょう。

その流れにポンド円もついていくと考えております。

特に下落の動きには敏感でしょうから、
ロングとショートでは事なったエントリー方針を練る必要があると考えられます

しっかりと「日足―1σ」を挟んだ攻防を注視しましょう。

エントリーする時は「タイミング」と「損きり設定」は必要です

自分のタイミングを持っていない方は「研修生」にご応募くださいね

一緒に見つけましょう!

抵抗を無視して間の悪いトレードをしないように心がけましょう。

この「節目」の原理をわかっている事により、リスクの少ない安定したトレードが出来ます。

分析をしている人としていない人ではエントリーのタイミングが全く違います。

このように分析をすれば、私の日々のブログのように節目をキッチリと算出し、最高値、最安値の予測精度が高くなると思います

分析と言ってもそれは特殊な手法ではありません

少しのヒントでほとんどの方が読み取れるようになります

それを証拠にこれまで500人以上輩出している「研修生」の方々は

かつて何百万も損をしていたのに数ヶ月で「損をしなくなった」、「むやみにポジションを取らなくなった」、「損益が小さくなり、利益が大きくなった」と言った実績を挙げております

人それぞれ環境が違います。

トレード時間も違えば、得意な通貨ペア、証拠金すべて異なります

つまり猿真似ではFXは勝てないと言うことです

自分のリズムに合わせた「相場観」が必要になるわけです

私はそこに着目して、私に合わせるのではなく、その人にあったアドバイスをする事により結果が大きく変ってくるのです

理屈はとても簡単です

「どうしてそんなに予測があたるのですか?」

と言う質問をよく受けます

それは簡単です

「基準」があるからです

私は人間である以上、「絶対」という予測はできません

しかし、ある基準を算出して、そこを下回れば下方に圧力がかかりやすいとか更に その先はどこまで下落しやすい とかは「節目」を見れば判断できます

つまり、この「節目」を知る事によりとてもリスクが少ない見通しを立てることができるわけです

このように「節目」での値動きを読み取れば活きている相場からメッセージを受けることができます。

これを読み取るのに必要なことは「考える」と言うことです。

考えることにより自分のとるポジションに対して【根拠】が持てます。

この【根拠】を身につけるには自分自身で鍛錬することが大事です。
★★★★★★★★★★★★
【無料FX初心者研修生募集中】
イサムの精度の高い抵抗値の予測が自分でできる勉強を応援します
専用お申込みはこちら↓



条件を満たした方にもれなく「研修生認定」「FX鍛練シート配布」をさせていただきます。

★★★★★★★★★★★★

【日足チャート】
ポンド円2.14


イサムのチャートの設定の方法はこちらをクリック

大きな流れは冒頭で申し上げた通りです

今週は上昇に向かう流れでしたが、上値目標として「日足―1σ」を予測しておりましたので
予測通りの展開と言えます。

さて、先1週間の展開で気をつけなければいけないのは「下落」に対する動きでしょう。

現在は上値抵抗「日足―1σ」の真下に近いところですので
真上に「上値抵抗」の存在があります
つまり、ここでのロングはナンセンスですね
週明け早々の狙い目としては、なるべく日足-1σに近いところでの「戻し売り」がリスクが低いトレードになるでしょう

その際のエントリーのタイミングは1時間を見るといいです。

逆に上昇方向にそのまま行くのであれば、1時間足に変化が出ませんので、
様子見としてエントリーを見送ることができます。

現在の米ドル円のように日足―1σでのサポートが効いてくるとロングも有効ですが、
週明けはまだその段階に至っておりませんので、
抵抗線真下は「ショート狙い」
損切りは抵抗線付近
の狙いがわかりやすとも思います。

この1週間が流れの変わり目となるか、それとも再度下落圧力の発生となるか
の大事な節目になり得ますので、そのキッカケである「日足―1σ」の攻防をしっかりと見るようにしましょう

無理に天で買い、地で売る事を意識しないでください

30~50PIP位の勝ちでしたらしっかりと状況を見極めてからでのエントリーでも十分取れる範囲と言えるでしょう。

このような相場の変わり目は「メンタル」が非常に重要です。
「FX上達術」レポートは「メンタル強化レポート」ですので、毎日お読みになって勝ちの精神を継続させましょう!


今週の抵抗値 
上値抵抗値 141.60
下値抵抗値 138.20


人気ブログランキングへ←現在3位です。ブログ存続の為、毎日応援クリックをお願い致します。

★FXで全く勝てなかった方が研修で勝てるようになりました
★研修生ブログ!
月の目標1000PIP
先月は+1200PIP達成してます

研修生として応援してあげて下さい
ブログ名「ロスカット男のFX復活日記
人気ブログランキング  現在7位付近です。


★★★★★★★★★★★★
【無料FX初心者研修生募集中】
イサムの精度の高い抵抗値の予測が自分でできる勉強を応援します
詳しくは「こちら」をご覧ください

あなたの相場観が大きく変るはずですよ(*^^)v
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
応援ポチ、よろしくお願いします
↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ


★★★★★★★★★★★★
【イサム】 & 【FXブロードネット】 タイアップ企画
メンタル向上の為に毎日お読みください
「FX上達術レポート」プレゼント
勝てない人の「原因」と「解決策」が詰まってます
お申込みはこちら↓
FXトレーディングシステムズ

特典として、私が「トレード診断」をしますので詳しくレポートをご覧ください


イサムのFX情報をお読みになられる方は

まずはじめに【下のバナー】のクリック応援をお願い致します
人気ブログランキング

応援ありがとう御座います(^^)v
--------------------------------------
読者の方はイサムと同じチャートに設定しましょう
設定方法はこちらをクリックして下さい
--------------------------------------

さて、解説の前にご案内です

「イサムのメルマガ」をご存知でしょうか?

記事に書いてなかったので、知らない方も多いようです。

緊急速報は真っ先にメルマガにて配信させていただきます

ぜひご登録下さい

勿論無料です
↓ ↓ ↓

メルマガ購読・解除
「日刊」FX塾頭イサムの為替トレード重要ポイント
  
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

★★★★★★★★★★★★
★イサム塾ニュースができました
下記のブログに掲載中です!
私の愛弟子です
先週の成績はプラス335PIPでした!
ブログ名「ロスカット男のFX復活日記
人気ブログランキング  現在12位付近です。
★★★★★★★★★★★★

今週1週間のGBP/JPYを振り返ると

始値 148.73
終値 147.60
高値 150.01
安値 146.61

この1週間のポンド円の動きを見てみましょう

ポンド円もこの1週間で「変化アリ」の動きをいたしました
先週日曜日のポンド円ブログで下記の目処を立てておりました
↓↓↓
上方向は米ドル円94.10の上値抵抗を越えること
下方向はユーロ円133.30の下値抵抗を割り込むこと
↑↑↑
というように上下それぞれに向かいやすいファクターを示しておりました。
この1週間の結果を見てもわかるように、
米ドル円94.10を越える事が無く、ユーロ円133.30を割り込みました。

ポンド円の結果を見てみると、やはり円高に進んでおります。
つまり予測通りの展開といえるでしょう。

また日足チャートを見てみますと、ポンド円の下方抵抗は「日足平均線」になってます

片や、米ドル円、ユーロ円は日足-1σが下値抵抗になっております
つまり、ポンド円の方が一段高いところに位置しております

しかし、これを「ポンドが強い」という見方はしない方がいいでしょう。
流れの変わり目に差し掛かると、ポンド円は1歩出遅れやすいところがあります。

しかも現在の主要3通貨の流れを見ても、ポンド円が主導権を握っているようにも見えません。

そういう意味でも、先1週間の動きも米ドル円、ユーロ円の動きに追随しやすいと考えられます。

第一確認事項は「日足平均線」です
米ドル円、ユーロ円ともに日足平均線が上の抵抗の存在になってくると、更に円高方向に一歩前進になります。
逆に言えば日足平均線を越えてくると流れが変わりやすいという見方もできます。
そういう意味でも、来週は米ドル円、ユーロ円の「上の抵抗」がどこになるかをしっかりと見極めていただきたいと思います。

週明けの動きが大事で、もしも日足―1σが上の抵抗になってくると、再度米ドル円88円台が算出されますので、しっかりと「抵抗」の確認をしていただきたいと思います



エントリーする時は「タイミング」と「損きり設定」は必要です

自分のタイミングを持っていない方は「研修生」にご応募くださいね

一緒に見つけましょう!

抵抗を無視して間の悪いトレードをしないように心がけましょう。

この「節目」の原理をわかっている事により、リスクの少ない安定したトレードが出来ます。

分析をしている人としていない人ではエントリーのタイミングが全く違います。

このように分析をすれば、私の日々のブログのように節目をキッチリと算出し、最高値、最安値の予測精度が高くなると思います

分析と言ってもそれは特殊な手法ではありません

少しのヒントでほとんどの方が読み取れるようになります

それを証拠にこれまで500人以上輩出している「研修生」の方々は

かつて何百万も損をしていたのに数ヶ月で「損をしなくなった」、「むやみにポジションを取らなくなった」、「損益が小さくなり、利益が大きくなった」と言った実績を挙げております

人それぞれ環境が違います。

トレード時間も違えば、得意な通貨ペア、証拠金すべて異なります

つまり猿真似ではFXは勝てないと言うことです

自分のリズムに合わせた「相場観」が必要になるわけです

私はそこに着目して、私に合わせるのではなく、その人にあったアドバイスをする事により結果が大きく変ってくるのです

理屈はとても簡単です

「どうしてそんなに予測があたるのですか?」

と言う質問をよく受けます

それは簡単です

「基準」があるからです

私は人間である以上、「絶対」という予測はできません

しかし、ある基準を算出して、そこを下回れば下方に圧力がかかりやすいとか更に その先はどこまで下落しやすい とかは「節目」を見れば判断できます

つまり、この「節目」を知る事によりとてもリスクが少ない見通しを立てることができるわけです

このように「節目」での値動きを読み取れば活きている相場からメッセージを受けることができます。

これを読み取るのに必要なことは「考える」と言うことです。

考えることにより自分のとるポジションに対して【根拠】が持てます。

この【根拠】を身につけるには自分自身で鍛錬することが大事です。
★★★★★★★★★★★★
【無料FX初心者研修生募集中】
イサムの精度の高い抵抗値の予測が自分でできる勉強を応援します
専用お申込みはこちら↓



条件を満たした方にもれなく「研修生認定」「FX鍛練シート配布」をさせていただきます。

★★★★★★★★★★★★

【日足チャート】
ポンド円日足1.17

イサムのチャートの設定の方法はこちらをクリック

冒頭で解説しましたように、この1週間はユーロ円133.30を割り込んできましたので下落が予測しやすい週でした。

さて、この先1週間でのポイントは「日足平均線」になります
主要3通貨中でここでのサポートが効いているのはポンド円のみになります

言い換えれば、ここを割り込むと、一気に下落することもありえるといえるでしょう。
目処としては「日足―1σ」あたりまでの下落を想定した方がいいと思います

この場合はのリスク管理としては「1時間足」になります

日足平均線を割り込むときは1時間足―1σよりしたでの推移になっていると思います。
これが上向に流れを変えてくると、-1σを越えて更に平均線を越えてきます

わかりやすく言えば、日足平均線割れでショートを取り、1時間足平均線を損きり設定にすれば、最悪の場合のリスク管理はできるでしょう。

今週は「ショート中心」のトレードスタイルを考えております
これがロング中心に変更の目処は「米ドル円、ユーロ円日足平均線越」になります
詳細は日々のブログで申し上げていきます

今週の抵抗値 
上値抵抗値 148.60
下値抵抗値 147.00


人気ブログランキングへ←現在3位です。ブログ存続の為、毎日応援クリックをお願い致します。

★FXで全く勝てなかった方が研修で勝てるようになりました
★研修生ブログ!
月の目標1000PIP
今月はすでに+600PIP達成してます

研修生として応援してあげて下さい
ブログ名「ロスカット男のFX復活日記
人気ブログランキング  現在12位付近です。


★★★★★★★★★★★★
【無料FX初心者研修生募集中】
イサムの精度の高い抵抗値の予測が自分でできる勉強を応援します
詳しくは「こちら」をご覧ください

あなたの相場観が大きく変るはずですよ(*^^)v
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
応援ポチ、よろしくお願いします
↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ


★★★★★★★★★★★★
【イサム】 & 【FXブロードネット】 タイアップ企画
メンタル向上の為に毎日お読みください
「FX上達術レポート」プレゼント
勝てない人の「原因」と「解決策」が詰まってます
お申込みはこちら↓
FXトレーディングシステムズ

特典として、私が「トレード診断」をしますので詳しくレポートをご覧ください


イサムのFX情報をお読みになられる方は

まずはじめに【下のバナー】のクリック応援をお願い致します
人気ブログランキング

応援ありがとう御座います(^^)v
--------------------------------------
読者の方はイサムと同じチャートに設定しましょう
設定方法はこちらをクリックして下さい
--------------------------------------

さて、解説の前にご案内です

「イサムのメルマガ」をご存知でしょうか?

記事に書いてなかったので、知らない方も多いようです。

緊急速報は真っ先にメルマガにて配信させていただきます

ぜひご登録下さい

勿論無料です
↓ ↓ ↓

メルマガ購読・解除
「日刊」FX塾頭イサムの為替トレード重要ポイント
  
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

★★★★★★★★★★★★
★イサム塾ニュースができました
下記のブログに掲載中です!
ブログ名「ロスカット男のFX復活日記
人気ブログランキング  現在14位付近です。
★★★★★★★★★★★★
ここまでの主要3通貨は陰線を形成しております

今朝のブログで申し上げた懸念どおりの動きをしております。
昨日の日足が「上ヒゲ」を出していることから今日は下落をする可能性が高い都市的をしました。
またその際に米ドル円が日足平均線でサポートを受けるのか、割り込むのかがポイントであると判断基準を挙げておりました

ここまでの展開を見ていただくとわかりますが、米ドル円、ユーロ円共に日足平均線を割り込んでおります。
特にユーロ円においては長い陰線となり下落に加速が掛かっている形になります

ここから先の展開を予測する上で「ショートが有効」な位置にあると判断できます。

この先の下落の目処をしては日足―1σまでの下落を想定の範囲として考えられるでしょう。
この場合にショートを考えた場合、最低「日足平均線での損きり設定」は必要になります。

米ドル円、ユーロ円が日足平均線を再度上がってくると仕切りなおしと言う形になりますが、
日足平均線が上の抵抗になってくると、更に下降圧力の強まりを読み取ることになります。
今週に入ってから日に日に下降圧力が強くなってきております。

「いつか戻る」という無根拠なトレードはやめましょう
上昇するには日足平均線の壁を越える事が最小必要条件になります。

ここから取りうるエントリーとしては
日足平均線真上でのロング
日足平均線真下でのショート

が間の悪くないエントリーです
エントリーのタイミングは1時間足で出ますので
見逃さないようにしましょう。

このように大事な節目を知っているかいないかが「大損」をするかしないかの分け目に鳴ります。
大損をする人は、勝てないのではなく大きく負けます。
つまり、流れの変わり目を読み取ることができずにいつまでのポジションを持ち続ける結果ロスカットに遭ってしまいます
そういう意味でも、「節目」をわかっていることは必要最小条件になりますのでしっかりと頭に入れましょう。

節目の読み方がわからない方は「研修生」にご応募くださいね。
トレードスタイルが大きく変わりますよ

この方も大きく変わりました
研修前はロスカットの連続でしたが、今では節目を読んで毎日勝ってます
ロスカット男のFX復活日記
人気ブログランキング  現在14位付近です。


相場を活きていますので、そのときに応じたエントリー方針が大事です。

大きく動き易いとき、
小さく動き易いとき
それぞれ特徴があります

これは「相場観」がないと読み取れないでしょう

活きている相場展開を読み取れるようになりたい方は「研修生」にご応募くださいね

相場の流れに「絶対」と言うことはありません

「流れが変わるポイント」が節目になります

「節目」と「抵抗値」を勉強すると理にかなったリスクの低いトレードが出来ますので

研修でしっかりと勉強しましょう

為替相場は当然上がる可能性と下がる可能性はありますので

「節目」をみて「基準」を定め、確率が高く、リスクに低いトレードを心がけて頂きたいと思います

この事を勉強するのが「研修」です

分析をすると言うことは、勝ちを求める事ではありません。

リスクの低いトレードをすることです

一番大事なことは300pipのように大幅に勝つことではなく

30pip以上のマイナスをしない事の方が大事でしょう。

それは毎日気をつけるべき事です。

その精神は毎日意識しなければなりません。

私は毎日モニターの横の掲載している「トレード意識 第6か条」があります

それが「FX上達術レポート」そのものです

FXでエントリーをする上で気をつけることは「リスク」です

絶対ということはありませんから、自分の分析から可能性の高い方を予測して、一番リスクの低いところでエントリーをします

これが「損小」の第一歩でしょう

殆どの方は「損小利大」と言うと「利大」を求めます。

私の理論は逆です。

「損小」が先でしょう。

損小がしっかりできることにより 

利益>損益

を継続することができます

この損小のコツが「リスクの少ないエントリー」であり、基準が「節目」となります
我々は大事な資金を投資するわけですからギャンブル感覚ではいけません

また、エントリーする上でも「なんとなく」では意味がありません

「上に行く場合はここまで」「下に行く場合はここまで」「ここを越えたら流れが変る」

という、「相場観」が必要です

そこを私はブログの中で的中してきております

なぜなら、チャートが全てを語ってくれるからです

私は解説の中で「節目」を大変重視します。

この様に「節目」を意識してチャートを見ると活きている相場の流れがわかります

「節目」と読むということは、利益を増やす事よりも、損失を膨らまさないことに大きく威力を発揮します。

節目を意識することにより、天で買い、地で売るような的外れなトレードが驚くほど減少します。

節目を意識することにより、リスクが激減します。

実際に、新研修からの体験談として、値頃感で取引をするのと、
節目を意識して取引をするのでは明らかに結果が違うというお喜びの声がたくさん寄せられております。

FXはギャンブルではありませんので冒険をする必要は一切ありません。

相手がいるわけではなく自分一人の勝負です。

大損をする人の原因は決まっております。

それは買うタイミングを間違えるのと、損切りが出来ないことです。

たまに勝つことにより、欲が生じます。

予想外のマイナスを被ることにより、取り戻そうとします。

「予想外」ってなんですか?

FX取引で「予想外」はしてはいけません。

勝つと思ってポジションを取るのではなく、負けることもあると思ってポジションを取らないといけません。

その根本は「損切り」設定です

しかし、多くの初心者がどこで損切りをしたらいいのか分からないというのが現状です。

損切り値を算出するのは難しくありません。

「抵抗値」「転換値」ですればいいのです

私のブログをご覧頂ければ、結果はおわかりいただけるかと思います。

何度もその日の最安値を当てているのは、「抵抗値」を算出しているからです。

抵抗値を出すことは難しくありません。

自分で鍛錬することにより誰でも算出することができます

これができれば、どこかのHPで「上がりそうだ」とか「下がりそうだ」とかの無責任な発言と鵜呑みにして、
取引をしてしまい「損切り」が出来ずに大損をするということはあり得ません。
★★★★★★★★★★★★
【無料FX初心者研修生募集中】
イサムの精度の高い抵抗値の予測が自分でできる勉強を応援します
専用お申込みはこちら↓



条件を満たした方にもれなく「研修生認定」「FX鍛練シート配布」をさせていただきます。
★★★★★★★★★★★★

ポンド円】

これからの展開を
テクニカル的に見てみましょう
【日足】
ポンド円日足1.15

チャートの設定方法はこちらをクリックして下さい

ポンド円はボリバン+1σ真下辺りに位置しております
主要3通貨の中では一番高いところに位置しております
しかし、これはポンドが強いと言うよりも「出遅れている」と言う見方のほうが正解でしょう
ポンド円はそのときの状況に応じて米ドル円やユーロ円の引っ張る力の強い方に寄せられる傾向にあります
そういう意味でも、今日は両通貨が下落しておりますので、ポンド円もその勢いについていく可能性が高いと見れるでしょう

もちろん手放しでショートを推奨はできません。
もし流れが変わり、米ドル円、ユーロ円が日足平均線より上に上がってくればポンド円も上昇することになります。

ここからのエントリーポイントとしては
日足+1σ真下でのショート(日足+1σ真上での損きり)
日足-1σ真上でのロング(日足+1σ真下での損きり)

が有効です

今の段階ではショート先行の状態ですので、1時間足でタイミングを見ていただきたいと思います

上記のことをしっかりと意識してロングエントリーの狙い目、ショートエントリーの狙い目、そして損きり設定
の狙い定めるとリスクが大幅に減った利幅の多いトレードができるでしょう。

研修では勝つことだけでなく、上手に負けることから伝授します。
研修でしっかりと勉強しましょう!

相場の流れを予測する上で、
上がりますか?下がりますか?
というご質問は愚問です

誰もわからないでしょう。

しかし、上がりやすい、下がりやすいという「確率的」な予測はできます。
これが大事ですが
予測を当てることよりも「どこまで自分の考えと反対に動きたら方針展開するか」と言うことです。

それが「損小利大」の原点です。
損小利大とは大きく勝つことではなく、小さく負けることです
大きな勝ちのみを求める方は、負けも大きいのが特徴です

そういう意味でも「いかに負けを小さくするか」というのが大事な課題と言えるでしょう

その判断材料として「抵抗値」の算出が大事になります

それは「抵抗値」という「節目」の存在があるから
根拠を持ってトレード方針を定めることができるわけです。

勝ちのみを求めるのではく、状況判断ができるようになることが「研修」の目的です
状況判断ができない方は「研修」ご応募くださいね


日足ベースでの抵抗値は

上値抵抗値 148.70
下値抵抗値 147.10

人気ブログランキングへ←現在3位です。ブログ存続の為、毎日応援クリックをお願い致します。

★FXで全く勝てなかった方が研修で勝てるようになりました
毎日プラスを出されてますよ
研修生として応援してあげて下さい
ブログ名「ロスカット男のFX復活日記
人気ブログランキング  現在14位付近です。


【1時間足】
ポンド円1時間1.15

チャートの設定方法はこちらをクリックして下さい

今日の流れを見てみますと、おおむね平均線より下で推移しております
つまり、下降圧力の強い状態であるといえるでしょう

しかし、-1σを割り込むとー2σを割り込むと下落したり、再度平均線まで戻したりしております。
これは下に「抵抗」の存在があることを示しております
丁度「日足+1σ」の存在があったからでしょう

この先の展開でー1σが上の抵抗になってくると下方圧力が強まってくるでしょう。
現状はー1σを割り込むとー2σまでは到達しやすくなります。

その先下落をするかどうかー1σの上の抵抗次第となります。
その辺りを気をつけながらショートを取るといいでしょう。

またこのチャートで平均線を越えてくると流れが変わりますので
ショートの損きり設定及びロングエントリーの見極めにしていただきたいと思います。

このように節目を意識することにより、動き易いタイミングがつかみやすいですので
無駄なトレードしなくて済むでしょう。

研修での節目の勉強は時間軸を選びません。

長期トレードでも超短期トレードでも相場分析の考えは同じです。

基本を学び、自身にあったトレード分析を研修で習得してくださいね
低リスクトレードを身に付けたい方は「研修生」にご応募くださいね


短時間ベースでの抵抗値は
上値抵抗値 148.90
下値抵抗値 148.00

この数値は【シート】にご記入ください。
慣れてくるとご自分でこの数値が出せるようになります
人気ブログランキングへ←現在3位です。ブログ存続の為、毎日応援クリックをお願い致します。

★FXで全く勝てなかった方が研修で勝てるようになりました

★研修生ブログ!
月の目標1000PIP
今月はすでに+600PIP達成してます
研修生として応援してあげて下さい
ブログ名「ロスカット男のFX復活日記
人気ブログランキング  現在14位付近です。

★★★★★★★★★★★★
★★★★★★★★★★★★
【無料FX初心者研修生募集中】
イサムの精度の高い抵抗値の予測が自分でできる勉強を応援します
詳しくは「こちら」をご覧ください

あなたの相場観が大きく変るはずですよ(*^^)v
★★★★★★★★★★★★
応援ポチ、よろしくお願いします
↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

★★★★★★★★★★★★
【イサム】 & 【FXブロードネット】 タイアップ企画
メンタル向上の為に毎日お読みください
「FX上達術レポート」プレゼント
勝てない人の「原因」と「解決策」が詰まってます
お申込みはこちら↓
FXトレーディングシステムズ

特典として、私が「トレード診断」をしますので詳しくレポートをご覧ください

★★★★★★★★★★★★
【期間限定企画】
技術向上レポートプレゼント
相場分析の一番基本である「ローソク足」のみに絞った
解説レポートです。
巷のFX本には書かれていない大事な情報が詰まっています
プレゼント詳細はコチラ
↓ ↓ ↓
234_60

★★★★★★★★★★★★



イサムのFX情報をお読みになられる方は

まずはじめに【下のバナー】のクリック応援をお願い致します
人気ブログランキング

応援ありがとう御座います(^^)v
--------------------------------------
読者の方はイサムと同じチャートに設定しましょう
設定方法はこちらをクリックして下さい
--------------------------------------

さて、解説の前にご案内です

「イサムのメルマガ」をご存知でしょうか?

記事に書いてなかったので、知らない方も多いようです。

緊急速報は真っ先にメルマガにて配信させていただきます

ぜひご登録下さい

勿論無料です
↓ ↓ ↓

メルマガ購読・解除
「日刊」FX塾頭イサムの為替トレード重要ポイント
  
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

★★★★★★★★★★★★
★イサム塾ニュースができました
下記のブログに掲載中です!
ブログ名「ロスカット男のFX復活日記
人気ブログランキング  現在14位付近です。
★★★★★★★★★★★★
ここまでの主要3通貨は陽線を形成しております

今日は「変化アリ」の相場展開をしております

今朝のブログでも申し上げましたが、今日明日の動きが大事であります
特に、「米ドル円91.50」「ユーロ円133.30」は大事な節目になります

ここまでの上昇により米ドル円、ユーロ円共に抵抗を越えてきております。
この抵抗を越えた後にサポートラインの存在になるのであれば、更なる上昇が期待できるでしょうし、行ったり来たりすると、不安定を象徴する形になります。

次の目処として米ドル円日足+1σが上の抵抗として挙げられます
その次は米ドル円94.00辺りと算出されます

このように、現在は円高時代であるがゆえに上方向には超えなければならない壁がたくさん存在しております。

そういう意味でも「上は重たく下は軽い」状態になってしまいます。

今後の展開としてはロングも面白いと思います。
今朝のブログの目処にように「1時間足+1σ越」が上昇圧力の強い状態を示します。

次の目標米ドル円日足+1σまでロング軸、損きりは1時間足+1σ値

逆に日足+1σ付近での戻し売りも有効と考えられます。その際は1時間足平均線割れ辺りがサインになりやすいでしょう。

このように大事な節目を知っているかいないかが「大損」をするかしないかの分け目に鳴ります。
大損をする人は、勝てないのではなく大きく負けます。
つまり、流れの変わり目を読み取ることができずにいつまでのポジションを持ち続ける結果ロスカットに遭ってしまいます
そういう意味でも、「節目」をわかっていることは必要最小条件になりますのでしっかりと頭に入れましょう。

節目の読み方がわからない方は「研修生」にご応募くださいね。
トレードスタイルが大きく変わりますよ

この方も大きく変わりました
研修前はロスカットの連続でしたが、今では節目を読んで毎日勝ってます
ロスカット男のFX復活日記
人気ブログランキング  現在14位付近です。


相場を活きていますので、そのときに応じたエントリー方針が大事です。

大きく動き易いとき、
小さく動き易いとき
それぞれ特徴があります

これは「相場観」がないと読み取れないでしょう

活きている相場展開を読み取れるようになりたい方は「研修生」にご応募くださいね

相場の流れに「絶対」と言うことはありません

「流れが変わるポイント」が節目になります

「節目」と「抵抗値」を勉強すると理にかなったリスクの低いトレードが出来ますので

研修でしっかりと勉強しましょう

為替相場は当然上がる可能性と下がる可能性はありますので

「節目」をみて「基準」を定め、確率が高く、リスクに低いトレードを心がけて頂きたいと思います

この事を勉強するのが「研修」です

分析をすると言うことは、勝ちを求める事ではありません。

リスクの低いトレードをすることです

一番大事なことは300pipのように大幅に勝つことではなく

30pip以上のマイナスをしない事の方が大事でしょう。

それは毎日気をつけるべき事です。

その精神は毎日意識しなければなりません。

私は毎日モニターの横の掲載している「トレード意識 第6か条」があります

それが「FX上達術レポート」そのものです

FXでエントリーをする上で気をつけることは「リスク」です

絶対ということはありませんから、自分の分析から可能性の高い方を予測して、一番リスクの低いところでエントリーをします

これが「損小」の第一歩でしょう

殆どの方は「損小利大」と言うと「利大」を求めます。

私の理論は逆です。

「損小」が先でしょう。

損小がしっかりできることにより 

利益>損益

を継続することができます

この損小のコツが「リスクの少ないエントリー」であり、基準が「節目」となります
我々は大事な資金を投資するわけですからギャンブル感覚ではいけません

また、エントリーする上でも「なんとなく」では意味がありません

「上に行く場合はここまで」「下に行く場合はここまで」「ここを越えたら流れが変る」

という、「相場観」が必要です

そこを私はブログの中で的中してきております

なぜなら、チャートが全てを語ってくれるからです

私は解説の中で「節目」を大変重視します。

この様に「節目」を意識してチャートを見ると活きている相場の流れがわかります

「節目」と読むということは、利益を増やす事よりも、損失を膨らまさないことに大きく威力を発揮します。

節目を意識することにより、天で買い、地で売るような的外れなトレードが驚くほど減少します。

節目を意識することにより、リスクが激減します。

実際に、新研修からの体験談として、値頃感で取引をするのと、
節目を意識して取引をするのでは明らかに結果が違うというお喜びの声がたくさん寄せられております。

FXはギャンブルではありませんので冒険をする必要は一切ありません。

相手がいるわけではなく自分一人の勝負です。

大損をする人の原因は決まっております。

それは買うタイミングを間違えるのと、損切りが出来ないことです。

たまに勝つことにより、欲が生じます。

予想外のマイナスを被ることにより、取り戻そうとします。

「予想外」ってなんですか?

FX取引で「予想外」はしてはいけません。

勝つと思ってポジションを取るのではなく、負けることもあると思ってポジションを取らないといけません。

その根本は「損切り」設定です

しかし、多くの初心者がどこで損切りをしたらいいのか分からないというのが現状です。

損切り値を算出するのは難しくありません。

「抵抗値」「転換値」ですればいいのです

私のブログをご覧頂ければ、結果はおわかりいただけるかと思います。

何度もその日の最安値を当てているのは、「抵抗値」を算出しているからです。

抵抗値を出すことは難しくありません。

自分で鍛錬することにより誰でも算出することができます

これができれば、どこかのHPで「上がりそうだ」とか「下がりそうだ」とかの無責任な発言と鵜呑みにして、
取引をしてしまい「損切り」が出来ずに大損をするということはあり得ません。
★★★★★★★★★★★★
【無料FX初心者研修生募集中】
イサムの精度の高い抵抗値の予測が自分でできる勉強を応援します
専用お申込みはこちら↓



条件を満たした方にもれなく「研修生認定」「FX鍛練シート配布」をさせていただきます。
★★★★★★★★★★★★

ポンド円】

これからの展開を
テクニカル的に見てみましょう
【日足】
ポンド円日足1.14

チャートの設定方法はこちらをクリックして下さい

今日の展開では陽線を形成してます
この陽線は米ドル円、ユーロ円の動きに従った格好となります。
今後は冒頭での解説のように米ドル円91.50に対してサポートラインになるのか
それとも、行ったり来たりするのかで相場予測が異なるでしょう。

まずは今日の段階では、とりあえず越える事ができておりますので、円安方向に対しえ加速が掛かっているように見えます。

この上昇の目処してしてはポンド円日足+2σ(150.30)辺りが無難でしょう。
これ以上の上昇を目指すには、明確なサポートラインの存在が必要になります。

今週の動きを見ても日足+1σがサポートラインになっておりませんので
両手を離して円安を歓迎する動きまでは判断できません。

逆に言えば再度日足+1σを割り込むことにより日足平均線までの下落もありえると考えております。

上方向は+2σ
下方向は+1σ
を意識しながらエントリーしていただくといいと思います

また短時間での圧力の掛かり具合は1時間足で出ますので、
デイトレでは見逃さないようにしましょう

上記のことをしっかりと意識してロングエントリーの狙い目、ショートエントリーの狙い目、そして損きり設定
の狙い定めるとリスクが大幅に減った利幅の多いトレードができるでしょう。

研修では勝つことだけでなく、上手に負けることから伝授します。
研修でしっかりと勉強しましょう!

相場の流れを予測する上で、
上がりますか?下がりますか?
というご質問は愚問です

誰もわからないでしょう。

しかし、上がりやすい、下がりやすいという「確率的」な予測はできます。
これが大事ですが
予測を当てることよりも「どこまで自分の考えと反対に動きたら方針展開するか」と言うことです。

それが「損小利大」の原点です。
損小利大とは大きく勝つことではなく、小さく負けることです
大きな勝ちのみを求める方は、負けも大きいのが特徴です

そういう意味でも「いかに負けを小さくするか」というのが大事な課題と言えるでしょう

その判断材料として「抵抗値」の算出が大事になります

それは「抵抗値」という「節目」の存在があるから
根拠を持ってトレード方針を定めることができるわけです。

勝ちのみを求めるのではく、状況判断ができるようになることが「研修」の目的です
状況判断ができない方は「研修」ご応募くださいね


日足ベースでの抵抗値は

上値抵抗値 150.30
下値抵抗値 148.60

人気ブログランキングへ←現在3位です。ブログ存続の為、毎日応援クリックをお願い致します。

★FXで全く勝てなかった方が研修で勝てるようになりました
毎日プラスを出されてますよ
研修生として応援してあげて下さい
ブログ名「ロスカット男のFX復活日記
人気ブログランキング  現在14位付近です。


【1時間足】
ポンド円1時間1.14

チャートの設定方法はこちらをクリックして下さい

今日の流れを見てみますと、大方+1σより上で推移をしておりますので、
上昇圧力が強い状態を読み取ることができます

日足から上昇の目処として150.30辺りを算出しておりますので、
このチャートで+1σを割り込むまではその値を目指す動きをしやすいと考えられます

下方圧力の発生をいち早く読み取るには「+1σ割れ」がその合図になります
更に平均線を割り込むと下方圧力が強まってくると考えられます。

そういう意味では、150.30に到達するまではなるべく+1σに近いところでロングを取り(+1σ真下ので損きり)

150.30辺りに近づいてきたら+1σ割れでショートを取る(+1σ真上での損きり)
と間の悪くないトレードができるでしょう。

まずは+1σでのサポートをしっかり確認しながらトレードしていただきたいと思います。
このような状況では更に5分足を見るトレードも有効ですので、やってみたらいいですよ 

このように節目を意識することにより、動き易いタイミングがつかみやすいですので
無駄なトレードしなくて済むでしょう。

研修での節目の勉強は時間軸を選びません。

長期トレードでも超短期トレードでも相場分析の考えは同じです。

基本を学び、自身にあったトレード分析を研修で習得してくださいね
低リスクトレードを身に付けたい方は「研修生」にご応募くださいね


短時間ベースでの抵抗値は
上値抵抗値 150.30
下値抵抗値 149.20

この数値は【シート】にご記入ください。
慣れてくるとご自分でこの数値が出せるようになります
人気ブログランキングへ←現在3位です。ブログ存続の為、毎日応援クリックをお願い致します。

★FXで全く勝てなかった方が研修で勝てるようになりました

★研修生ブログ!
月の目標1000PIP
今月はすでに+600PIP達成してます

研修生として応援してあげて下さい
ブログ名「ロスカット男のFX復活日記
人気ブログランキング  現在14位付近です。

★★★★★★★★★★★★
★★★★★★★★★★★★
【無料FX初心者研修生募集中】
イサムの精度の高い抵抗値の予測が自分でできる勉強を応援します
詳しくは「こちら」をご覧ください

あなたの相場観が大きく変るはずですよ(*^^)v
★★★★★★★★★★★★
応援ポチ、よろしくお願いします
↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

★★★★★★★★★★★★
【イサム】 & 【FXブロードネット】 タイアップ企画
メンタル向上の為に毎日お読みください
「FX上達術レポート」プレゼント
勝てない人の「原因」と「解決策」が詰まってます
お申込みはこちら↓
FXトレーディングシステムズ

特典として、私が「トレード診断」をしますので詳しくレポートをご覧ください

★★★★★★★★★★★★
【期間限定企画】
技術向上レポートプレゼント
相場分析の一番基本である「ローソク足」のみに絞った
解説レポートです。
巷のFX本には書かれていない大事な情報が詰まっています
プレゼント詳細はコチラ
↓ ↓ ↓
234_60

★★★★★★★★★★★★


イサムのFX情報をお読みになられる方は

まずはじめに【下のバナー】のクリック応援をお願い致します
人気ブログランキング

応援ありがとう御座います(^^)v
--------------------------------------
読者の方はイサムと同じチャートに設定しましょう
設定方法はこちらをクリックして下さい
--------------------------------------

さて、解説の前にご案内です

「イサムのメルマガ」をご存知でしょうか?

記事に書いてなかったので、知らない方も多いようです。

緊急速報は真っ先にメルマガにて配信させていただきます

ぜひご登録下さい

勿論無料です
↓ ↓ ↓

メルマガ購読・解除
「日刊」FX塾頭イサムの為替トレード重要ポイント
  
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ


ここまでの主要3通貨は陽線を形成しております

ここまでの展開は朝のブログの想定どおりの展開です

今朝のスタート時では米ドル円、ユーロ円共に「日足平均線」という下方抵抗の真上からのスタートであることと、1時間足の動きから円安に動き易いということが予測できておりました。
またその際の上昇の目処として「米ドル円91.50」が抵抗になるのか越えることができるのかというのは大きな課題でになっております。

ここまでの上昇でもまだ91.50も到達しておりませんので、このラインでどのような動きするのかがポイントになるでしょう。

このあたりはユーロ円133.30も連動して気易いと考えております

おさらいをしますと、昨日の下落で大事な「下値抵抗」を割り込みました
それが「米ドル円91.50」「ユーロ円133.30」になります

この先の動きでこのラインを再度超えて来ると、ブレにより下落で再度上昇に勢いが付きますが、
逆にここが上の抵抗の存在になっていると中期で現在が「天」になる動きになりうる展開でなる可能性を秘めていることを認識する必要はあります。

このように大事な節目を知っているかいないかが「大損」をするかしないかの分け目に鳴ります。
大損をする人は、勝てないのではなく大きく負けます。
つまり、流れの変わり目を読み取ることができずにいつまでのポジションを持ち続ける結果ロスカットに遭ってしまいます
そういう意味でも、「節目」をわかっていることは必要最小条件になりますのでしっかりと頭に入れましょう。

節目の読み方がわからない方は「研修生」にご応募くださいね。
トレードスタイルが大きく変わりますよ

この方も大きく変わりました
研修前はロスカットの連続でしたが、今では節目を読んで毎日勝ってます
ロスカット男のFX復活日記
人気ブログランキング  現在14位付近です。


相場を活きていますので、そのときに応じたエントリー方針が大事です。

大きく動き易いとき、
小さく動き易いとき
それぞれ特徴があります

これは「相場観」がないと読み取れないでしょう

活きている相場展開を読み取れるようになりたい方は「研修生」にご応募くださいね

相場の流れに「絶対」と言うことはありません

「流れが変わるポイント」が節目になります

「節目」と「抵抗値」を勉強すると理にかなったリスクの低いトレードが出来ますので

研修でしっかりと勉強しましょう

為替相場は当然上がる可能性と下がる可能性はありますので

「節目」をみて「基準」を定め、確率が高く、リスクに低いトレードを心がけて頂きたいと思います

この事を勉強するのが「研修」です

分析をすると言うことは、勝ちを求める事ではありません。

リスクの低いトレードをすることです

一番大事なことは300pipのように大幅に勝つことではなく

30pip以上のマイナスをしない事の方が大事でしょう。

それは毎日気をつけるべき事です。

その精神は毎日意識しなければなりません。

私は毎日モニターの横の掲載している「トレード意識 第6か条」があります

それが「FX上達術レポート」そのものです

FXでエントリーをする上で気をつけることは「リスク」です

絶対ということはありませんから、自分の分析から可能性の高い方を予測して、一番リスクの低いところでエントリーをします

これが「損小」の第一歩でしょう

殆どの方は「損小利大」と言うと「利大」を求めます。

私の理論は逆です。

「損小」が先でしょう。

損小がしっかりできることにより 

利益>損益

を継続することができます

この損小のコツが「リスクの少ないエントリー」であり、基準が「節目」となります
我々は大事な資金を投資するわけですからギャンブル感覚ではいけません

また、エントリーする上でも「なんとなく」では意味がありません

「上に行く場合はここまで」「下に行く場合はここまで」「ここを越えたら流れが変る」

という、「相場観」が必要です

そこを私はブログの中で的中してきております

なぜなら、チャートが全てを語ってくれるからです

私は解説の中で「節目」を大変重視します。

この様に「節目」を意識してチャートを見ると活きている相場の流れがわかります

「節目」と読むということは、利益を増やす事よりも、損失を膨らまさないことに大きく威力を発揮します。

節目を意識することにより、天で買い、地で売るような的外れなトレードが驚くほど減少します。

節目を意識することにより、リスクが激減します。

実際に、新研修からの体験談として、値頃感で取引をするのと、
節目を意識して取引をするのでは明らかに結果が違うというお喜びの声がたくさん寄せられております。

FXはギャンブルではありませんので冒険をする必要は一切ありません。

相手がいるわけではなく自分一人の勝負です。

大損をする人の原因は決まっております。

それは買うタイミングを間違えるのと、損切りが出来ないことです。

たまに勝つことにより、欲が生じます。

予想外のマイナスを被ることにより、取り戻そうとします。

「予想外」ってなんですか?

FX取引で「予想外」はしてはいけません。

勝つと思ってポジションを取るのではなく、負けることもあると思ってポジションを取らないといけません。

その根本は「損切り」設定です

しかし、多くの初心者がどこで損切りをしたらいいのか分からないというのが現状です。

損切り値を算出するのは難しくありません。

「抵抗値」「転換値」ですればいいのです

私のブログをご覧頂ければ、結果はおわかりいただけるかと思います。

何度もその日の最安値を当てているのは、「抵抗値」を算出しているからです。

抵抗値を出すことは難しくありません。

自分で鍛錬することにより誰でも算出することができます

これができれば、どこかのHPで「上がりそうだ」とか「下がりそうだ」とかの無責任な発言と鵜呑みにして、
取引をしてしまい「損切り」が出来ずに大損をするということはあり得ません。
★★★★★★★★★★★★
【無料FX初心者研修生募集中】
イサムの精度の高い抵抗値の予測が自分でできる勉強を応援します
専用お申込みはこちら↓



条件を満たした方にもれなく「研修生認定」「FX鍛練シート配布」をさせていただきます。
★★★★★★★★★★★★

ポンド円】

これからの展開を
テクニカル的に見てみましょう
【日足】
ポンド円 日足1.13

チャートの設定方法はこちらをクリックして下さい

今日の展開では陽線を形成してます
今朝のブログの指摘どおりですので、変化はありません

この先のポイントとしては
米ドル円91.50
ユーロ円133.30
を意識する必要があります。

つまり、上記のラインを超えてくれば「ロング軸」
上記ラインで抵抗を受ければ「戻し売り」

と方針を決めるにあたり大変大事な動きになります

ポンドは米ドル円、ユーロ円より先に円安方向に向かっておりますので、抵抗線に対してやや「遊び」あるかもしれません。

米ドル円91.50で抵抗を受けると下落をすることも十分考えられますので、特に下方に動きには注意していただきたいと思います。

安心したロングを取るためには再度主要3通貨共に日足+1σより上まで上昇してくることが条件になると考えられます。

そういう意味でも、現状は安定した方向が決まっているわけではありません
上記であげた米ドル円、ユーロ円の節目の結果次第の影響を受け易いと考えております。

したがって、上記の節目を越えるまでは長期のロングは禁物ですので十分気をつけるようにしましょう。

上記のことをしっかりと意識してロングエントリーの狙い目、ショートエントリーの狙い目、そして損きり設定
の狙い定めるとリスクが大幅に減った利幅の多いトレードができるでしょう。

研修では勝つことだけでなく、上手に負けることから伝授します。
研修でしっかりと勉強しましょう!

相場の流れを予測する上で、
上がりますか?下がりますか?
というご質問は愚問です

誰もわからないでしょう。

しかし、上がりやすい、下がりやすいという「確率的」な予測はできます。
これが大事ですが
予測を当てることよりも「どこまで自分の考えと反対に動きたら方針展開するか」と言うことです。

それが「損小利大」の原点です。
損小利大とは大きく勝つことではなく、小さく負けることです
大きな勝ちのみを求める方は、負けも大きいのが特徴です

そういう意味でも「いかに負けを小さくするか」というのが大事な課題と言えるでしょう

その判断材料として「抵抗値」の算出が大事になります

それは「抵抗値」という「節目」の存在があるから
根拠を持ってトレード方針を定めることができるわけです。

勝ちのみを求めるのではく、状況判断ができるようになることが「研修」の目的です
状況判断ができない方は「研修」ご応募くださいね


日足ベースでの抵抗値は

上値抵抗値 149.40
下値抵抗値 146.60

人気ブログランキングへ←現在3位です。ブログ存続の為、毎日応援クリックをお願い致します。

★FXで全く勝てなかった方が研修で勝てるようになりました
毎日プラスを出されてますよ
研修生として応援してあげて下さい
ブログ名「ロスカット男のFX復活日記
人気ブログランキング  現在14位付近です。


【1時間足】
ポンド円 1時間足1.13

チャートの設定方法はこちらをクリックして下さい

今朝は-1σより下からのスタートでしたので、下方圧力の強いところからのスタートでした
午前中の展開で-1σを越えることにより下方圧力の弱まりを読み取り
平均線を越えることにより上昇圧力の強まりを読み取ることができました
更に、夕方からの上昇で+1σを越えてきてますので上昇圧力の強まりを読み取ることができます

今日の上昇の目処は「米ドル円91.50」ですので
まだ若干上昇の余地はあるでしょう
しかし、問題はそこからです。

恐らくポンド円で言えば「149.40」あたりが同等の上値抵抗と考えられますので、
上昇の目処としてもそのあたりまでで一区切りと考えた方がいいでしょう。

この先の展開として、現在の上昇圧力が継続される。即ち+1σでサポートを受け続ければ「149.40」に向かう動きをするでしょうし、
逆にこのチャートで平均線を割り込んで更に-1σを割り込むと日足平均線に向かい易い動きをしてくると思います

現在は上方向に対してがんばれるかどうかですので
「上は重たく下は軽い」
という現象があります。
つまり、エネルギーを失うと一気に下落することがありますので
いつまでもロングを期待しすぎることは推奨できません
しっかりと、1時間足チャートで細かい圧力の掛かり具合を確認していただきたいと思います

このように節目を意識することにより、動き易いタイミングがつかみやすいですので
無駄なトレードしなくて済むでしょう。

研修での節目の勉強は時間軸を選びません。

長期トレードでも超短期トレードでも相場分析の考えは同じです。

基本を学び、自身にあったトレード分析を研修で習得してくださいね
低リスクトレードを身に付けたい方は「研修生」にご応募くださいね


短時間ベースでの抵抗値は
上値抵抗値 149.40
下値抵抗値 147.80

この数値は【シート】にご記入ください。
慣れてくるとご自分でこの数値が出せるようになります
人気ブログランキングへ←現在3位です。ブログ存続の為、毎日応援クリックをお願い致します。

★FXで全く勝てなかった方が研修で勝てるようになりました

★FXで全く勝てなかった方が研修で勝てるようになりました
毎日プラスを出されてますよ
研修生として応援してあげて下さい
ブログ名「ロスカット男のFX復活日記
人気ブログランキング  現在14位付近です。

★★★★★★★★★★★★
★★★★★★★★★★★★
【無料FX初心者研修生募集中】
イサムの精度の高い抵抗値の予測が自分でできる勉強を応援します
詳しくは「こちら」をご覧ください

あなたの相場観が大きく変るはずですよ(*^^)v
★★★★★★★★★★★★
応援ポチ、よろしくお願いします
↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

★★★★★★★★★★★★
【イサム】 & 【FXブロードネット】 タイアップ企画
メンタル向上の為に毎日お読みください
「FX上達術レポート」プレゼント
勝てない人の「原因」と「解決策」が詰まってます
お申込みはこちら↓
FXトレーディングシステムズ

特典として、私が「トレード診断」をしますので詳しくレポートをご覧ください

★★★★★★★★★★★★
【期間限定企画】
技術向上レポートプレゼント
相場分析の一番基本である「ローソク足」のみに絞った
解説レポートです。
巷のFX本には書かれていない大事な情報が詰まっています
プレゼント詳細はコチラ
↓ ↓ ↓
234_60

★★★★★★★★★★★★



イサムのFX情報をお読みになられる方は

まずはじめに【下のバナー】のクリック応援をお願い致します
人気ブログランキング

応援ありがとう御座います(^^)v
--------------------------------------
読者の方はイサムと同じチャートに設定しましょう
設定方法はこちらをクリックして下さい
--------------------------------------

さて、解説の前にご案内です

「イサムのメルマガ」をご存知でしょうか?

記事に書いてなかったので、知らない方も多いようです。

緊急速報は真っ先にメルマガにて配信させていただきます

ぜひご登録下さい

勿論無料です
↓ ↓ ↓

メルマガ購読・解除
「日刊」FX塾頭イサムの為替トレード重要ポイント
  
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ


★★★★★★★★★★★★
【無料FX初心者研修生募集中】
イサムの精度の高い抵抗値の予測が自分でできる勉強を応援します
専用お申込みはこちら↓



条件を満たした方にもれなく「研修生認定」「FX鍛練シート配布」をさせていただきます。
★★★★★★★★★★★★

ポンド円】

これからの展開を
テクニカル的に見てみましょう
【日足】
ポンド円日足1.12

チャートの設定方法はこちらをクリックして下さい

今日は出張中ですので大事なことのみお伝えいたします。

また、「研修生募集」が明日までですので、お早めにお申し込みください
締切りを過ぎると「FXシート」の配布が遅くなりますのでお急ぎください

さて、今日のここまでの展開は米ドル円は陽線、ポンド円、ユーロ円は下ヒゲを出した同時線を形成しております。

朝のブログの指摘どおりです

今日のポイントは
・ 米ドル円日足+1σ越なら円安
・ ユーロ円日足+1σ割れなら円高

と言う目安と付けておりました。

その後、米ドルは陽線で最高値が日足+1σ
ユーロ円は陰線で最安値が日足-1σ

と両方とも私の提示した抵抗線でピタッと止まっております。

特に、ユーロ円、ポンド円は昨日の日足の上ヒゲから下落が予測できましたので、今日の午前中は下方に押されやすい展開の理由になると思います。

この後の展開も「節目」は同様です
為替の円安方向への鍵を握っているのが米ドル円日足+1σ越
円高方向への鍵を握っているのがユーロ円日足―1σ割れ

になるでしょう。
特に円高方向に動いた場合は注意が必要で、米ドル円「91.50」を割り込むかどうかが重点になるでしょう。割り込んで上の抵抗になると現在が中期での「天」になる可能性も浮上します。
あくまでも可能性の話ですが、大げさではありません。それくらい大事な「節目」であることをお解かりいただきたいともいます。

結局、ポンド円もその動きについていく形となるでしょう。

お昼から、短時間で上昇の動きが強くなってきましたので、米ドル円が日足+1σを越えることができるかどうか欲検証しましょう。

上記のことをしっかりと意識してロングエントリーの狙い目、ショートエントリーの狙い目、そして損きり設定
の狙い定めるとリスクが大幅に減った利幅の多いトレードができるでしょう。

研修では勝つことだけでなく、上手に負けることから伝授します。
研修でしっかりと勉強しましょう!

相場の流れを予測する上で、
上がりますか?下がりますか?
というご質問は愚問です

誰もわからないでしょう。

しかし、上がりやすい、下がりやすいという「確率的」な予測はできます。
これが大事ですが
予測を当てることよりも「どこまで自分の考えと反対に動きたら方針展開するか」と言うことです。

それが「損小利大」の原点です。
損小利大とは大きく勝つことではなく、小さく負けることです
大きな勝ちのみを求める方は、負けも大きいのが特徴です

そういう意味でも「いかに負けを小さくするか」というのが大事な課題と言えるでしょう

その判断材料として「抵抗値」の算出が大事になります

それは「抵抗値」という「節目」の存在があるから
根拠を持ってトレード方針を定めることができるわけです。

勝ちのみを求めるのではく、状況判断ができるようになることが「研修」の目的です
状況判断ができない方は「研修」ご応募くださいね

明日までですよ!

日足ベースでの抵抗値は

上値抵抗値 150.20
下値抵抗値 148.30

人気ブログランキングへ←現在3位です。ブログ存続の為、毎日応援クリックをお願い致します。

★FXで全く勝てなかった方が研修で勝てるようになりました
毎日プラスを出されてますよ
研修生として応援してあげて下さい
ブログ名「ロスカット男のFX復活日記
人気ブログランキング  現在14位付近です。


★★★★★★★★★★★★
【無料FX初心者研修生募集中】
イサムの精度の高い抵抗値の予測が自分でできる勉強を応援します
詳しくは「こちら」をご覧ください

あなたの相場観が大きく変るはずですよ(*^^)v
★★★★★★★★★★★★
応援ポチ、よろしくお願いします
↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

★★★★★★★★★★★★
【イサム】 & 【FXブロードネット】 タイアップ企画
メンタル向上の為に毎日お読みください
「FX上達術レポート」プレゼント
勝てない人の「原因」と「解決策」が詰まってます
お申込みはこちら↓
FXトレーディングシステムズ

特典として、私が「トレード診断」をしますので詳しくレポートをご覧ください

★★★★★★★★★★★★
【期間限定企画】
技術向上レポートプレゼント
相場分析の一番基本である「ローソク足」のみに絞った
解説レポートです。
巷のFX本には書かれていない大事な情報が詰まっています
プレゼント詳細はコチラ
↓ ↓ ↓
234_60

★★★★★★★★★★★★










イサムのFX情報をお読みになられる方は

まずはじめに【下のバナー】のクリック応援をお願い致します
人気ブログランキング

応援ありがとう御座います(^^)v
--------------------------------------
読者の方はイサムと同じチャートに設定しましょう
設定方法はこちらをクリックして下さい
--------------------------------------

さて、解説の前にご案内です

「イサムのメルマガ」をご存知でしょうか?

記事に書いてなかったので、知らない方も多いようです。

緊急速報は真っ先にメルマガにて配信させていただきます

ぜひご登録下さい

勿論無料です
↓ ↓ ↓

メルマガ購読・解除
「日刊」FX塾頭イサムの為替トレード重要ポイント
  
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ


ここまでの主要3通貨は米ドル円は陰線、ユーロ円、ポンド円は陽線を形成しております

朝のうちやや動きがありましたが、それ以降はあまり値動きの無い状態でここまで来ております。

今日のポイントは「米ドル円」でしょう

朝のブログでも申し上げましたが、米ドル円は今朝の下落で日足+1σを割り込んでしまいました。
ここまでの展開で、ユーロ円、ポンド円が陽線を形成しているにもかかわらず、米ドル円が上がりきらないのも「抵抗」の影響を受けていると考えられます。

米ドル円は比較的近い位置である「94.10」付近に上の壁の存在がありますので、上からの圧力がキツイというのも原因と考えられます。

この先の展開でポイントとなるのは、米ドル円が再度日足+1σを越えるかどうかでしょう。
越えてくれば「94.10」を目指す動きになりやすいでしょう
しかし、日足+1σが上の抵抗として存在感を出してくると、今度はユーロ円とポンド円の下落待ちのような状態になります。

相場が動くには上記の米ドル円日足+1σの攻防が必須になるでしょう。

抵抗線付近ですので、
間の悪いエントリーである
抵抗線真上でのショート
抵抗線真下でのロング
はくれぐれもしないように気をつけて
ショート軸とロング軸のルールを決めるようにすると安定した勝率をキープできると思います。

また狙いを定めるのと同様に必要なのが「損きり設定」です。
流れの変わり目を知ることにより「損きり設定」が上手にできるようになります。
利益も損益もコントロールできるようにしましょう。

肝心な「狙いを定める」ことがわからない方は「研修生」にご応募くださいね。

相場を活きていますので、そのときに応じたエントリー方針が大事です。

大きく動き易いとき、
小さく動き易いとき
それぞれ特徴があります

これは「相場観」がないと読み取れないでしょう

活きている相場展開を読み取れるようになりたい方は「研修生」にご応募くださいね

相場の流れに「絶対」と言うことはありません

「流れが変わるポイント」が節目になります

「節目」と「抵抗値」を勉強すると理にかなったリスクの低いトレードが出来ますので

研修でしっかりと勉強しましょう

為替相場は当然上がる可能性と下がる可能性はありますので

「節目」をみて「基準」を定め、確率が高く、リスクに低いトレードを心がけて頂きたいと思います

この事を勉強するのが「研修」です

分析をすると言うことは、勝ちを求める事ではありません。

リスクの低いトレードをすることです

一番大事なことは300pipのように大幅に勝つことではなく

30pip以上のマイナスをしない事の方が大事でしょう。

それは毎日気をつけるべき事です。

その精神は毎日意識しなければなりません。

私は毎日モニターの横の掲載している「トレード意識 第6か条」があります

それが「FX上達術レポート」そのものです

FXでエントリーをする上で気をつけることは「リスク」です

絶対ということはありませんから、自分の分析から可能性の高い方を予測して、一番リスクの低いところでエントリーをします

これが「損小」の第一歩でしょう

殆どの方は「損小利大」と言うと「利大」を求めます。

私の理論は逆です。

「損小」が先でしょう。

損小がしっかりできることにより 

利益>損益

を継続することができます

この損小のコツが「リスクの少ないエントリー」であり、基準が「節目」となります
我々は大事な資金を投資するわけですからギャンブル感覚ではいけません

また、エントリーする上でも「なんとなく」では意味がありません

「上に行く場合はここまで」「下に行く場合はここまで」「ここを越えたら流れが変る」

という、「相場観」が必要です

そこを私はブログの中で的中してきております

なぜなら、チャートが全てを語ってくれるからです

私は解説の中で「節目」を大変重視します。

この様に「節目」を意識してチャートを見ると活きている相場の流れがわかります

「節目」と読むということは、利益を増やす事よりも、損失を膨らまさないことに大きく威力を発揮します。

節目を意識することにより、天で買い、地で売るような的外れなトレードが驚くほど減少します。

節目を意識することにより、リスクが激減します。

実際に、新研修からの体験談として、値頃感で取引をするのと、
節目を意識して取引をするのでは明らかに結果が違うというお喜びの声がたくさん寄せられております。

FXはギャンブルではありませんので冒険をする必要は一切ありません。

相手がいるわけではなく自分一人の勝負です。

大損をする人の原因は決まっております。

それは買うタイミングを間違えるのと、損切りが出来ないことです。

たまに勝つことにより、欲が生じます。

予想外のマイナスを被ることにより、取り戻そうとします。

「予想外」ってなんですか?

FX取引で「予想外」はしてはいけません。

勝つと思ってポジションを取るのではなく、負けることもあると思ってポジションを取らないといけません。

その根本は「損切り」設定です

しかし、多くの初心者がどこで損切りをしたらいいのか分からないというのが現状です。

損切り値を算出するのは難しくありません。

「抵抗値」「転換値」ですればいいのです

私のブログをご覧頂ければ、結果はおわかりいただけるかと思います。

何度もその日の最安値を当てているのは、「抵抗値」を算出しているからです。

抵抗値を出すことは難しくありません。

自分で鍛錬することにより誰でも算出することができます

これができれば、どこかのHPで「上がりそうだ」とか「下がりそうだ」とかの無責任な発言と鵜呑みにして、
取引をしてしまい「損切り」が出来ずに大損をするということはあり得ません。
★★★★★★★★★★★★
【無料FX初心者研修生募集中】
イサムの精度の高い抵抗値の予測が自分でできる勉強を応援します
専用お申込みはこちら↓



条件を満たした方にもれなく「研修生認定」「FX鍛練シート配布」をさせていただきます。
★★★★★★★★★★★★

ポンド円】

これからの展開を
テクニカル的に見てみましょう
【日足】
ポンド円日足1.11

チャートの設定方法はこちらをクリックして下さい
今日のポンド円を見ると安定した動きを読み取ることができます

先週末に陰線を形成しましたが、この最安値も下値抵抗である+1σでストップしており、
今日も下値抵抗付近での動きもありましたが、抵抗が効いている値動きをしております。

この先の値動きをしては「米ドル円」の影響を強く受けると思います。
米ドル円が日足+1σで強い上からの抵抗を受けてしまうと
ポンド円も下に押される力が強く働くを予測されます。
これはユーロ円にも同様にいえるでしょう。

逆に米ドル円が日足+1σを越えてくれば、再度ロングを軸にしたトレード方針を組み立てていけるでしょう。

今日の展開のように米ドル円のみが下値抵抗を割り込んだ際は気をつけなければいけません。
足並みをそろえて来ないと、相場が大きく動く力が弱いです。
その足並みをそろえる力を米ドル円が握っておりますので、そういう意味でも注意が必要です。

ポンド円は下値抵抗値真上に位置しておりますのでここからの理想的なエントリースタイルとしては

日足+1σ真上でのロング
日足+1σ真下でのショート
になります。

いずれもエントリーポイントは1時間足に出ますので
しっかり見ましょう

上記のことをしっかりと意識してロングエントリーの狙い目、ショートエントリーの狙い目、そして損きり設定
の狙い定めるとリスクが大幅に減った利幅の多いトレードができるでしょう。

研修では勝つことだけでなく、上手に負けることから伝授します。
研修でしっかりと勉強しましょう!

相場の流れを予測する上で、
上がりますか?下がりますか?
というご質問は愚問です

誰もわからないでしょう。

しかし、上がりやすい、下がりやすいという「確率的」な予測はできます。
これが大事ですが
予測を当てることよりも「どこまで自分の考えと反対に動きたら方針展開するか」と言うことです。

それが「損小利大」の原点です。
損小利大とは大きく勝つことではなく、小さく負けることです
大きな勝ちのみを求める方は、負けも大きいのが特徴です

そういう意味でも「いかに負けを小さくするか」というのが大事な課題と言えるでしょう

その判断材料として「抵抗値」の算出が大事になります

それは「抵抗値」という「節目」の存在があるから
根拠を持ってトレード方針を定めることができるわけです。

勝ちのみを求めるのではく、状況判断ができるようになることが「研修」の目的です
状況判断ができない方は「研修」ご応募くださいね


日足ベースでの抵抗値は

上値抵抗値 150.20
下値抵抗値 148.30

人気ブログランキングへ←現在3位です。ブログ存続の為、毎日応援クリックをお願い致します。

★FXで全く勝てなかった方が研修で勝てるようになりました
毎日プラスを出されてますよ
研修生として応援してあげて下さい
ブログ名「ロスカット男のFX復活日記
人気ブログランキング  現在14位付近です。


【1時間足】
ポンド円1時間1.11

チャートの設定方法はこちらをクリックして下さい

今日の展開を見ると-1σ~平均線の間での値動きをしておりましたので
下方圧力が強いながらもサポートが効いている状態でした

夕方からは流れが変わり、平均線~+1σの間で値動きをしております
まだ現状では+1σが上の抵抗になっていますので、上昇圧力も出し切れていない状態です。

今後の流れをしては+1σと-1σがポイントになるでしょう

+1σを越えてくると+2σまでの上昇は期待できると思います
その先上昇を続ける為には、+1σのサポートが必須条件になります。
上昇に関しては日足での解説のように米ドル円の動きも重なりますので、その辺りも見る必要があります

また+1σの上の抵抗が長く続くと、エネルギーを失って下落をすることもあります
その際にー1σ割れを起こすことにより、瞬間的に下方に加速することもあるでしょう

このように1時間足の+1σラインとー1σラインは方向を読み取る上で大事な判断材料になりますので、有効に利用しましょう。


このように節目を意識することにより、動き易いタイミングがつかみやすいですので
無駄なトレードしなくて済むでしょう。

研修での節目の勉強は時間軸を選びません。

長期トレードでも超短期トレードでも相場分析の考えは同じです。

基本を学び、自身にあったトレード分析を研修で習得してくださいね
低リスクトレードを身に付けたい方は「研修生」にご応募くださいね


短時間ベースでの抵抗値は
上値抵抗値 149.00
下値抵抗値 148.30

この数値は【シート】にご記入ください。
慣れてくるとご自分でこの数値が出せるようになります
人気ブログランキングへ←現在3位です。ブログ存続の為、毎日応援クリックをお願い致します。

★FXで全く勝てなかった方が研修で勝てるようになりました

★FXで全く勝てなかった方が研修で勝てるようになりました
毎日プラスを出されてますよ
研修生として応援してあげて下さい
ブログ名「ロスカット男のFX復活日記
人気ブログランキング  現在14位付近です。

★★★★★★★★★★★★
★★★★★★★★★★★★
【無料FX初心者研修生募集中】
イサムの精度の高い抵抗値の予測が自分でできる勉強を応援します
詳しくは「こちら」をご覧ください

あなたの相場観が大きく変るはずですよ(*^^)v
★★★★★★★★★★★★
応援ポチ、よろしくお願いします
↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

★★★★★★★★★★★★
【イサム】 & 【FXブロードネット】 タイアップ企画
メンタル向上の為に毎日お読みください
「FX上達術レポート」プレゼント
勝てない人の「原因」と「解決策」が詰まってます
お申込みはこちら↓
FXトレーディングシステムズ

特典として、私が「トレード診断」をしますので詳しくレポートをご覧ください

★★★★★★★★★★★★
【期間限定企画】
技術向上レポートプレゼント
相場分析の一番基本である「ローソク足」のみに絞った
解説レポートです。
巷のFX本には書かれていない大事な情報が詰まっています
プレゼント詳細はコチラ
↓ ↓ ↓
234_60

★★★★★★★★★★★★









イサムのFX情報をお読みになられる方は

まずはじめに【下のバナー】のクリック応援をお願い致します
人気ブログランキング

応援ありがとう御座います(^^)v
--------------------------------------
読者の方はイサムと同じチャートに設定しましょう
設定方法はこちらをクリックして下さい
--------------------------------------

さて、解説の前にご案内です

「イサムのメルマガ」をご存知でしょうか?

記事に書いてなかったので、知らない方も多いようです。

緊急速報は真っ先にメルマガにて配信させていただきます

ぜひご登録下さい

勿論無料です
↓ ↓ ↓

メルマガ購読・解除
「日刊」FX塾頭イサムの為替トレード重要ポイント
  
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ


ここまでの主要3通貨はともに陰線を形成しております

しかし、陰線と言っても意味のある陰線です
意味というのは「窓埋め」です

FX相場の日足で「窓」ができるのは休場明けの月曜日は良くあるのですが
それ以外では珍しい現象です

またこの窓が大きく開いている場合は窓を埋める作用が働きやすくなります。

つまり今日の場合であれば上に窓を開けましたので、下落して窓をふさぐ作用が働きやすいと言えます。
今朝のブログでも「窓埋め」までの下落を想定しております。
今の結果を見ても、下落幅が丁度、窓埋め程度でストップしている様子がわかります。

さて、問題はこれからの展開です

ここまでの下落は強い下降圧力ではないと言えます。

ここからのポイントは米ドル円とユーロ円が日足+1σのラインをキープできるかどうかでしょう。
丁度ユーロ円は日足+1σラインが133.30と重複しておりますので、大事なラインになります

ここでサポートが受ければ反発狙いのロングが成り立つでしょうし

割り込むのであれば短期のショートが有効になると考えられます。

もう少し下落をすると相場展開が動きやすくなると思いますので

そのときの日足+1σの攻防をしっかりと見るようにしましょう。

また狙いを定めるのと同様に必要なのが「損きり設定」です。
流れの変わり目を知ることにより「損きり設定」が上手にできるようになります。
利益も損益もコントロールできるようにしましょう。

肝心な「狙いを定める」ことがわからない方は「研修生」にご応募くださいね。

相場を活きていますので、そのときに応じたエントリー方針が大事です。

大きく動き易いとき、
小さく動き易いとき
それぞれ特徴があります

これは「相場観」がないと読み取れないでしょう

活きている相場展開を読み取れるようになりたい方は「研修生」にご応募くださいね

相場の流れに「絶対」と言うことはありません

「流れが変わるポイント」が節目になります

「節目」と「抵抗値」を勉強すると理にかなったリスクの低いトレードが出来ますので

研修でしっかりと勉強しましょう

為替相場は当然上がる可能性と下がる可能性はありますので

「節目」をみて「基準」を定め、確率が高く、リスクに低いトレードを心がけて頂きたいと思います

この事を勉強するのが「研修」です

分析をすると言うことは、勝ちを求める事ではありません。

リスクの低いトレードをすることです

一番大事なことは300pipのように大幅に勝つことではなく

30pip以上のマイナスをしない事の方が大事でしょう。

それは毎日気をつけるべき事です。

その精神は毎日意識しなければなりません。

私は毎日モニターの横の掲載している「トレード意識 第6か条」があります

それが「FX上達術レポート」そのものです

FXでエントリーをする上で気をつけることは「リスク」です

絶対ということはありませんから、自分の分析から可能性の高い方を予測して、一番リスクの低いところでエントリーをします

これが「損小」の第一歩でしょう

殆どの方は「損小利大」と言うと「利大」を求めます。

私の理論は逆です。

「損小」が先でしょう。

損小がしっかりできることにより 

利益>損益

を継続することができます

この損小のコツが「リスクの少ないエントリー」であり、基準が「節目」となります
我々は大事な資金を投資するわけですからギャンブル感覚ではいけません

また、エントリーする上でも「なんとなく」では意味がありません

「上に行く場合はここまで」「下に行く場合はここまで」「ここを越えたら流れが変る」

という、「相場観」が必要です

そこを私はブログの中で的中してきております

なぜなら、チャートが全てを語ってくれるからです

私は解説の中で「節目」を大変重視します。

この様に「節目」を意識してチャートを見ると活きている相場の流れがわかります

「節目」と読むということは、利益を増やす事よりも、損失を膨らまさないことに大きく威力を発揮します。

節目を意識することにより、天で買い、地で売るような的外れなトレードが驚くほど減少します。

節目を意識することにより、リスクが激減します。

実際に、新研修からの体験談として、値頃感で取引をするのと、
節目を意識して取引をするのでは明らかに結果が違うというお喜びの声がたくさん寄せられております。

FXはギャンブルではありませんので冒険をする必要は一切ありません。

相手がいるわけではなく自分一人の勝負です。

大損をする人の原因は決まっております。

それは買うタイミングを間違えるのと、損切りが出来ないことです。

たまに勝つことにより、欲が生じます。

予想外のマイナスを被ることにより、取り戻そうとします。

「予想外」ってなんですか?

FX取引で「予想外」はしてはいけません。

勝つと思ってポジションを取るのではなく、負けることもあると思ってポジションを取らないといけません。

その根本は「損切り」設定です

しかし、多くの初心者がどこで損切りをしたらいいのか分からないというのが現状です。

損切り値を算出するのは難しくありません。

「抵抗値」「転換値」ですればいいのです

私のブログをご覧頂ければ、結果はおわかりいただけるかと思います。

何度もその日の最安値を当てているのは、「抵抗値」を算出しているからです。

抵抗値を出すことは難しくありません。

自分で鍛錬することにより誰でも算出することができます

これができれば、どこかのHPで「上がりそうだ」とか「下がりそうだ」とかの無責任な発言と鵜呑みにして、
取引をしてしまい「損切り」が出来ずに大損をするということはあり得ません。
★★★★★★★★★★★★
【無料FX初心者研修生募集中】
イサムの精度の高い抵抗値の予測が自分でできる勉強を応援します
専用お申込みはこちら↓



条件を満たした方にもれなく「研修生認定」「FX鍛練シート配布」をさせていただきます。
★★★★★★★★★★★★

ポンド円】

これからの展開を
テクニカル的に見てみましょう
【日足】
ポンド円日足1.08

チャートの設定方法はこちらをクリックして下さい

今日のポンド円もユーロ円、米ドル円と同様に陰線を形成しております
しかも、最安値が日足+1σでストップを受けておりますので、下の抵抗が効いているようです。

最近のポンド円の動向はユーロ円の影響を強く受けえいるように見えますので
冒頭で申し上げたように、「ユーロ円133.30」での反発ロングかブレイクショートを狙っていくと面白いと思います

その際にはポンド円も同調して動き易いと考えております。

反発ロングを取るときは損きりを日足+1σ真下
ブレイクショートを取るときは損きりを日足+1σ真上
にするとリスクの低いトレードができるでしょう。

この抵抗の掛かり具合は1時間足が良い目安になりますのでしっかりと見るようにしましょう。

上記のことをしっかりと意識してロングエントリーの狙い目、ショートエントリーの狙い目、そして損きり設定
の狙い定めるとリスクが大幅に減った利幅の多いトレードができるでしょう。

研修では勝つことだけでなく、上手に負けることから伝授します。
研修でしっかりと勉強しましょう!

相場の流れを予測する上で、
上がりますか?下がりますか?
というご質問は愚問です

誰もわからないでしょう。

しかし、上がりやすい、下がりやすいという「確率的」な予測はできます。
これが大事ですが
予測を当てることよりも「どこまで自分の考えと反対に動きたら方針展開するか」と言うことです。

それが「損小利大」の原点です。
損小利大とは大きく勝つことではなく、小さく負けることです
大きな勝ちのみを求める方は、負けも大きいのが特徴です

そういう意味でも「いかに負けを小さくするか」というのが大事な課題と言えるでしょう

その判断材料として「抵抗値」の算出が大事になります

それは「抵抗値」という「節目」の存在があるから
根拠を持ってトレード方針を定めることができるわけです。

勝ちのみを求めるのではく、状況判断ができるようになることが「研修」の目的です
状況判断ができない方は「研修」ご応募くださいね


日足ベースでの抵抗値は

上値抵抗値 150.20
下値抵抗値 148.30

人気ブログランキングへ←現在3位です。ブログ存続の為、毎日応援クリックをお願い致します。

★FXで全く勝てなかった方が研修で勝てるようになりました
昨日もプラスを出されてますよ
研修生として応援してあげて下さい
ブログ名「ロスカット男のFX復活日記
人気ブログランキング  現在11位付近です。


【1時間足】
ポンド円1時間1.08

チャートの設定方法はこちらをクリックして下さい

今日の展開を見ると+1σ真上からスタートをし、日中は下方圧力が掛かり+1σを割り込んでおります
しかし、平均線を割り込まないで再度+1σを越えてきておりますので、
日足で陰線でありながらも強い下降圧力を読み取るまでに至りません

米ドル円やユーロ円の1時間と比較しても上昇圧力強い形になりつつあります。

この先の展開としても、反発ロングやブレイク後のショートのどちらも狙いやすいと考えておりますが、
1つの基準としてユーロ円1時間足の+1σ越後にサポートが効いてくると「ロングサイン」になりやすいと考えております。その際の損きり設定は+1σです
そのユーロ円の動きに同調しやすいでしょうし、すでにその動きを見せているポンド円も反応は早いと思います。

逆にショートのタイミングとしては、ユーロ円1時間足が-1σを割り込んでくると、ショートサインになりますので、ポンド円も追いかけやすいと考えております。

そういう意味では、「ユーロ円1時間足」の動きを良く見ていただきたいと思います

ただし、リスクの低いと言うのは「損きり設定」を入れてのことですのでその点は忘れないようにしましょう

低リスクトレードを身に付けたい方は「研修生」にご応募くださいね

このように節目を意識することにより、動き易いタイミングがつかみやすいですので
無駄なトレードしなくて済むでしょう。

研修での節目の勉強は時間軸を選びません。

長期トレードでも超短期トレードでも相場分析の考えは同じです。

基本を学び、自身にあったトレード分析を研修で習得してくださいね


短時間ベースでの抵抗値は
上値抵抗値 149.30
下値抵抗値 148.80

この数値は【シート】にご記入ください。
慣れてくるとご自分でこの数値が出せるようになります
人気ブログランキングへ←現在3位です。ブログ存続の為、毎日応援クリックをお願い致します。

★FXで全く勝てなかった方が研修で勝てるようになりました

★FXで全く勝てなかった方が研修で勝てるようになりました
昨日もプラスを出されてますよ
研修生として応援してあげて下さい
ブログ名「ロスカット男のFX復活日記
人気ブログランキング  現在11位付近です。

★★★★★★★★★★★★
★★★★★★★★★★★★
【無料FX初心者研修生募集中】
イサムの精度の高い抵抗値の予測が自分でできる勉強を応援します
詳しくは「こちら」をご覧ください

あなたの相場観が大きく変るはずですよ(*^^)v
★★★★★★★★★★★★
応援ポチ、よろしくお願いします
↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

★★★★★★★★★★★★
【イサム】 & 【FXブロードネット】 タイアップ企画
メンタル向上の為に毎日お読みください
「FX上達術レポート」プレゼント
勝てない人の「原因」と「解決策」が詰まってます
お申込みはこちら↓
FXトレーディングシステムズ

特典として、私が「トレード診断」をしますので詳しくレポートをご覧ください

★★★★★★★★★★★★
【期間限定企画】
技術向上レポートプレゼント
相場分析の一番基本である「ローソク足」のみに絞った
解説レポートです。
巷のFX本には書かれていない大事な情報が詰まっています
プレゼント詳細はコチラ
↓ ↓ ↓
234_60

★★★★★★★★★★★★








イサムのFX情報をお読みになられる方は

まずはじめに【下のバナー】のクリック応援をお願い致します
人気ブログランキング

応援ありがとう御座います(^^)v
--------------------------------------
読者の方はイサムと同じチャートに設定しましょう
設定方法はこちらをクリックして下さい
--------------------------------------

さて、解説の前にご案内です

「イサムのメルマガ」をご存知でしょうか?

記事に書いてなかったので、知らない方も多いようです。

緊急速報は真っ先にメルマガにて配信させていただきます

ぜひご登録下さい

勿論無料です
↓ ↓ ↓

メルマガ購読・解除
「日刊」FX塾頭イサムの為替トレード重要ポイント
  
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ


ここまでの主要3通貨はともに陽線を形成しております

今日の上昇は意味のある上がりかをしております
気持ち的には「ホッ」とした上がり方です

今朝のブログでも解説しましたが、昨日、一昨日の下落によりユーロ円が日足+1σを割り込み、更に米ドル円、ポンド円も日足+1σを割り込んでおりました

遂には「米ドル円91.60」の下方抵抗まで到達しておりましたので
ここでの抵抗をブレイクするのであれば、再度下降圧力の強い状態の再燃か!という判断になるかどうかの瀬戸際が今日の動きでした。
今日の展開で陰線を形成して米ドル円91.60が上の抵抗に変わるようであれば、
「ショート軸」の方針を立てるとことでしたが、今日は抵抗を守りきり上昇しておりますのでさしあたりは「押し目買い」が狙えるところかと思います。

また、今日のデイトレとしては朝のブログの狙い目の通り、米ドル円1時間足平均線を越えてきてますので、上昇圧力が強くなってきております。
ちょうど今が真上に日足+1σの抵抗の存在がありますので、ここを越えてくればロングが有効になるでしょう。
逆に日足+1σの抵抗が強くなると、再度下降圧力が強くなってくるでしょう。
このあたりは1時間足の動きをしっかりと見ていただきたいと思います。

目の前に抵抗の存在がありますので、上も下も幅を持って動く可能性がありますのでしっかりと狙いを定めましょう

また狙いを定めるのと同様に必要なのが「損きり設定」です。
流れの変わり目を知ることにより「損きり設定」が上手にできるようになります。
利益も損益もコントロールできるようにしましょう。

肝心な「狙いを定める」ことがわからない方は「研修生」にご応募くださいね。

相場を活きていますので、そのときに応じたエントリー方針が大事です。

大きく動き易いとき、
小さく動き易いとき
それぞれ特徴があります

これは「相場観」がないと読み取れないでしょう

活きている相場展開を読み取れるようになりたい方は「研修生」にご応募くださいね

相場の流れに「絶対」と言うことはありません

「流れが変わるポイント」が節目になります

「節目」と「抵抗値」を勉強すると理にかなったリスクの低いトレードが出来ますので

研修でしっかりと勉強しましょう

為替相場は当然上がる可能性と下がる可能性はありますので

「節目」をみて「基準」を定め、確率が高く、リスクに低いトレードを心がけて頂きたいと思います

この事を勉強するのが「研修」です

分析をすると言うことは、勝ちを求める事ではありません。

リスクの低いトレードをすることです

一番大事なことは300pipのように大幅に勝つことではなく

30pip以上のマイナスをしない事の方が大事でしょう。

それは毎日気をつけるべき事です。

その精神は毎日意識しなければなりません。

私は毎日モニターの横の掲載している「トレード意識 第6か条」があります

それが「FX上達術レポート」そのものです

FXでエントリーをする上で気をつけることは「リスク」です

絶対ということはありませんから、自分の分析から可能性の高い方を予測して、一番リスクの低いところでエントリーをします

これが「損小」の第一歩でしょう

殆どの方は「損小利大」と言うと「利大」を求めます。

私の理論は逆です。

「損小」が先でしょう。

損小がしっかりできることにより 

利益>損益

を継続することができます

この損小のコツが「リスクの少ないエントリー」であり、基準が「節目」となります
我々は大事な資金を投資するわけですからギャンブル感覚ではいけません

また、エントリーする上でも「なんとなく」では意味がありません

「上に行く場合はここまで」「下に行く場合はここまで」「ここを越えたら流れが変る」

という、「相場観」が必要です

そこを私はブログの中で的中してきております

なぜなら、チャートが全てを語ってくれるからです

私は解説の中で「節目」を大変重視します。

この様に「節目」を意識してチャートを見ると活きている相場の流れがわかります

「節目」と読むということは、利益を増やす事よりも、損失を膨らまさないことに大きく威力を発揮します。

節目を意識することにより、天で買い、地で売るような的外れなトレードが驚くほど減少します。

節目を意識することにより、リスクが激減します。

実際に、新研修からの体験談として、値頃感で取引をするのと、
節目を意識して取引をするのでは明らかに結果が違うというお喜びの声がたくさん寄せられております。

FXはギャンブルではありませんので冒険をする必要は一切ありません。

相手がいるわけではなく自分一人の勝負です。

大損をする人の原因は決まっております。

それは買うタイミングを間違えるのと、損切りが出来ないことです。

たまに勝つことにより、欲が生じます。

予想外のマイナスを被ることにより、取り戻そうとします。

「予想外」ってなんですか?

FX取引で「予想外」はしてはいけません。

勝つと思ってポジションを取るのではなく、負けることもあると思ってポジションを取らないといけません。

その根本は「損切り」設定です

しかし、多くの初心者がどこで損切りをしたらいいのか分からないというのが現状です。

損切り値を算出するのは難しくありません。

「抵抗値」「転換値」ですればいいのです

私のブログをご覧頂ければ、結果はおわかりいただけるかと思います。

何度もその日の最安値を当てているのは、「抵抗値」を算出しているからです。

抵抗値を出すことは難しくありません。

自分で鍛錬することにより誰でも算出することができます

これができれば、どこかのHPで「上がりそうだ」とか「下がりそうだ」とかの無責任な発言と鵜呑みにして、
取引をしてしまい「損切り」が出来ずに大損をするということはあり得ません。
★★★★★★★★★★★★
【無料FX初心者研修生募集中】
イサムの精度の高い抵抗値の予測が自分でできる勉強を応援します
専用お申込みはこちら↓



条件を満たした方にもれなく「研修生認定」「FX鍛練シート配布」をさせていただきます。
★★★★★★★★★★★★

ポンド円】

これからの展開を
テクニカル的に見てみましょう
【日足】
ポンド円 日足1.06

チャートの設定方法はこちらをクリックして下さい

昨日一昨日の下落により為替相場は下方に対してナーバスになる展開をしておりました。
主要3通貨ともに同様の状況といえます

ポンド円を見てみますと、昨日最安値が日足平均線でストップしておりますので、
下値抵抗線ギリギリで止まり、抵抗が効いたという格好になります
更に、今日の最安値も日足平均線でストップしておりますので今日も平均線割れに対してブレイクトライをした格好になります

その後の上昇ですので、今日は「小反発」と言えるでしょう。

このような大事な節目の場合は抵抗が敗れればその方向に加速し、抵抗が効けば小反発を狙うことができます。

ブログでもこの狙い目を提示しておりますが
当然「抵抗」の存在がわかっているからできる狙い目になるわけであって
相場は読めない方には狙うことができません。
このようなトレード方法は勝ち幅を大きくして、負け幅と小さくすることができます
つまり「低リスクトレード」になります
研修では大きく勝つことだけでなく、小さく負けることも重視してますので
できていない方は勉強しましょう

さて、この先の展開としては日足+1σ間では狙い易いと思います。
ここに上の抵抗の存在がありますので、日足+1σを越えてくれば+2σまでは上昇しやすいでしょうし、
逆に抵抗を受ければここでのショートも有効になるでしょう

次のトレードは間の悪いトレードですのでやめましょう
日足+1σ真下でロング
日足+1σ真上でのショート
このようなエントリーは買った途端に下がり、売った途端に上がる結果になり易くなります。

上記のことをしっかりと意識してロングエントリーの狙い目、ショートエントリーの狙い目、そして損きり設定
の狙い定めるとリスクが大幅に減った利幅の多いトレードができるでしょう。

研修では勝つことだけでなく、上手に負けることから伝授します。
研修でしっかりと勉強しましょう!

相場の流れを予測する上で、
上がりますか?下がりますか?
というご質問は愚問です

誰もわからないでしょう。

しかし、上がりやすい、下がりやすいという「確率的」な予測はできます。
これが大事ですが
予測を当てることよりも「どこまで自分の考えと反対に動きたら方針展開するか」と言うことです。

それが「損小利大」の原点です。
損小利大とは大きく勝つことではなく、小さく負けることです
大きな勝ちのみを求める方は、負けも大きいのが特徴です

そういう意味でも「いかに負けを小さくするか」というのが大事な課題と言えるでしょう

その判断材料として「抵抗値」の算出が大事になります

それは「抵抗値」という「節目」の存在があるから
根拠を持ってトレード方針を定めることができるわけです。

勝ちのみを求めるのではく、状況判断ができるようになることが「研修」の目的です
状況判断ができない方は「研修」ご応募くださいね


日足ベースでの抵抗値は

上値抵抗値 148.00
下値抵抗値 146.20

人気ブログランキングへ←現在3位です。ブログ存続の為、毎日応援クリックをお願い致します。

★FXで全く勝てなかった方が研修で勝てるようになりました
昨日もプラスを出されてますよ
研修生として応援してあげて下さい
ブログ名「ロスカット男のFX復活日記
人気ブログランキング  現在10位付近です。


【1時間足】
ポンド円 1時間足1.06

チャートの設定方法はこちらをクリックして下さい

今日のチャートを振り返ってみますと、朝の時点では-1σ下に位置しております
-1σが上の抵抗になってきました
つまり、下降圧力の強い状態です
これは今朝のブログの米ドルも同様ですね

この流れの変わり目を私は明確に提示しております。

それは「-1σ越え」です
チャートを見ても1時間足-1σ越えと同時に上昇方向に流れが変わっていることがわかります。
つまり、変わり目を見定めることができると言うことですね
私たちは人間ですので、未来を予知することはできません
ただし「基準」を設けることにより「変化」をいち早く察知することができます。
これは勝つことにも有効ですし、自分の考えと反対に動いた場合の損きりにも有効です

だから私は「低リスクトレード」を指導していると言えます。

され、ポンド円のこれからですが、現在+1σに差し掛かってます。
ここを越えてくると+2σまでは到達しやすいでしょう

更に+1σが下の抵抗の存在になってくると、上昇圧力が強まり、日足+1σ越えのトライ体勢に入ると言っていいでしょう。
ロング軸でいいでしょうが、真上148.00に壁の存在がありますので
このあたりは十分意識した方がいいでしょう

逆にこの抵抗に負けるときは+1σ割れを起こします、平均線まで割れてくると「ショートサイン」にも取れると思います

当然、損きり設定は必要です

低リスクトレードを身に付けたい方は「研修生」にご応募くださいね

このように節目を意識することにより、動き易いタイミングがつかみやすいですので
無駄なトレードしなくて済むでしょう。

研修での節目の勉強は時間軸を選びません。

長期トレードでも超短期トレードでも相場分析の考えは同じです。

基本を学び、自身にあったトレード分析を研修で習得してくださいね


短時間ベースでの抵抗値は
上値抵抗値 148.00
下値抵抗値 146.90

この数値は【シート】にご記入ください。
慣れてくるとご自分でこの数値が出せるようになります
人気ブログランキングへ←現在3位です。ブログ存続の為、毎日応援クリックをお願い致します。

★FXで全く勝てなかった方が研修で勝てるようになりました
昨日もプラスを出されてますよ
研修生として応援してあげて下さい
ブログ名「ロスカット男のFX復活日記
人気ブログランキング  現在10位付近です。

★★★★★★★★★★★★
【無料FX初心者研修生募集中】
イサムの精度の高い抵抗値の予測が自分でできる勉強を応援します
詳しくは「こちら」をご覧ください

あなたの相場観が大きく変るはずですよ(*^^)v
★★★★★★★★★★★★
応援ポチ、よろしくお願いします
↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

★★★★★★★★★★★★
【イサム】 & 【FXブロードネット】 タイアップ企画
メンタル向上の為に毎日お読みください
「FX上達術レポート」プレゼント
勝てない人の「原因」と「解決策」が詰まってます
お申込みはこちら↓
FXトレーディングシステムズ

特典として、私が「トレード診断」をしますので詳しくレポートをご覧ください

★★★★★★★★★★★★
【期間限定企画】
技術向上レポートプレゼント
相場分析の一番基本である「ローソク足」のみに絞った
解説レポートです。
巷のFX本には書かれていない大事な情報が詰まっています
プレゼント詳細はコチラ
↓ ↓ ↓
234_60

★★★★★★★★★★★★







イサムのFX情報をお読みになられる方は









[ポンド円FX情報1/5]の続きを読む
イサムのFX情報をお読みになられる方は

まずはじめに【下のバナー】のクリック応援をお願い致します
人気ブログランキング

応援ありがとう御座います(^^)v
--------------------------------------
読者の方はイサムと同じチャートに設定しましょう
設定方法はこちらをクリックして下さい
--------------------------------------

さて、解説の前にご案内です

「イサムのメルマガ」をご存知でしょうか?

記事に書いてなかったので、知らない方も多いようです。

緊急速報は真っ先にメルマガにて配信させていただきます

ぜひご登録下さい

勿論無料です
↓ ↓ ↓

メルマガ購読・解除
「日刊」FX塾頭イサムの為替トレード重要ポイント
  
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ


ここまでの主要3通貨はともにほぼ同値線を形成しております

今日の動きを見ると朝のブログで申し上げたとおりの展開です
ポイントは「ユーロ円」ですね
ここまでにユーロ円の日足ローソクを見ると「下ヒゲ」を出した同値線です
これは明らかに「壁」つまり抵抗の存在を示しております

私は「ユーロ円133.30の壁」が為替の流れに大きく影響すると予測しておりますが、
まさにその通りで、ユーロ円が抵抗を受けているので他通貨も動かないと見てもいいでしょう。

したがってこの先の予測も同様です。
ユーロ円133.30は重要な「節目」になります

ユーロ円133.30がサポートラインになってくると上昇トレンドを期待できるでしょう
逆にここで跳ね返った際に勢いで日足+1σを割り込んでくるとショートエントリーの期待が出てきます。

この結果は今日明日で出ると思いますのでしっかりと狙いを定めてエントリーしていただきたいと思います。

また狙いを定めるのと同様に必要なのが「損きり設定」です。
流れの変わり目を知ることにより「損きり設定」が上手にできるようになります。
利益も損益もコントロールできるようにしましょう。

肝心な「狙いを定める」ことがわからない方は「研修生」にご応募くださいね。

相場を活きていますので、そのときに応じたエントリー方針が大事です。

大きく動き易いとき、
小さく動き易いとき
それぞれ特徴があります

これは「相場観」がないと読み取れないでしょう

活きている相場展開を読み取れるようになりたい方は「研修生」にご応募くださいね

相場の流れに「絶対」と言うことはありません

「流れが変わるポイント」が節目になります

「節目」と「抵抗値」を勉強すると理にかなったリスクの低いトレードが出来ますので

研修でしっかりと勉強しましょう

為替相場は当然上がる可能性と下がる可能性はありますので

「節目」をみて「基準」を定め、確率が高く、リスクに低いトレードを心がけて頂きたいと思います

この事を勉強するのが「研修」です

分析をすると言うことは、勝ちを求める事ではありません。

リスクの低いトレードをすることです

一番大事なことは300pipのように大幅に勝つことではなく

30pip以上のマイナスをしない事の方が大事でしょう。

それは毎日気をつけるべき事です。

その精神は毎日意識しなければなりません。

私は毎日モニターの横の掲載している「トレード意識 第6か条」があります

それが「FX上達術レポート」そのものです

FXでエントリーをする上で気をつけることは「リスク」です

絶対ということはありませんから、自分の分析から可能性の高い方を予測して、一番リスクの低いところでエントリーをします

これが「損小」の第一歩でしょう

殆どの方は「損小利大」と言うと「利大」を求めます。

私の理論は逆です。

「損小」が先でしょう。

損小がしっかりできることにより 

利益>損益

を継続することができます

この損小のコツが「リスクの少ないエントリー」であり、基準が「節目」となります
我々は大事な資金を投資するわけですからギャンブル感覚ではいけません

また、エントリーする上でも「なんとなく」では意味がありません

「上に行く場合はここまで」「下に行く場合はここまで」「ここを越えたら流れが変る」

という、「相場観」が必要です

そこを私はブログの中で的中してきております

なぜなら、チャートが全てを語ってくれるからです

私は解説の中で「節目」を大変重視します。

この様に「節目」を意識してチャートを見ると活きている相場の流れがわかります

「節目」と読むということは、利益を増やす事よりも、損失を膨らまさないことに大きく威力を発揮します。

節目を意識することにより、天で買い、地で売るような的外れなトレードが驚くほど減少します。

節目を意識することにより、リスクが激減します。

実際に、新研修からの体験談として、値頃感で取引をするのと、
節目を意識して取引をするのでは明らかに結果が違うというお喜びの声がたくさん寄せられております。

FXはギャンブルではありませんので冒険をする必要は一切ありません。

相手がいるわけではなく自分一人の勝負です。

大損をする人の原因は決まっております。

それは買うタイミングを間違えるのと、損切りが出来ないことです。

たまに勝つことにより、欲が生じます。

予想外のマイナスを被ることにより、取り戻そうとします。

「予想外」ってなんですか?

FX取引で「予想外」はしてはいけません。

勝つと思ってポジションを取るのではなく、負けることもあると思ってポジションを取らないといけません。

その根本は「損切り」設定です

しかし、多くの初心者がどこで損切りをしたらいいのか分からないというのが現状です。

損切り値を算出するのは難しくありません。

「抵抗値」「転換値」ですればいいのです

私のブログをご覧頂ければ、結果はおわかりいただけるかと思います。

何度もその日の最安値を当てているのは、「抵抗値」を算出しているからです。

抵抗値を出すことは難しくありません。

自分で鍛錬することにより誰でも算出することができます

これができれば、どこかのHPで「上がりそうだ」とか「下がりそうだ」とかの無責任な発言と鵜呑みにして、
取引をしてしまい「損切り」が出来ずに大損をするということはあり得ません。
★★★★★★★★★★★★
【無料FX初心者研修生募集中】
イサムの精度の高い抵抗値の予測が自分でできる勉強を応援します
専用お申込みはこちら↓



条件を満たした方にもれなく「研修生認定」「FX鍛練シート配布」をさせていただきます。★★★★★★★★★★★★

ポンド円】

これからの展開を
テクニカル的に見てみましょう
【日足】
ポンド円日足1.04

チャートの設定方法はこちらをクリックして下さい

今日のポンド円も相変わらずこの通貨ペア自体は相場を引っ張る力を持っていないようですね
現在の状況で相場を引っ張るのは「ユーロ円」ですので
ポンド円の動きを見ても、ほぼユーロ円に従った推移をしております。
今日の展開も同調してますね

直近での値動きもユーロ円を意識した方がいいでしょう。
そういう意味でも冒頭で申し上げた「ユーロ円133.30の壁」が抵抗になるか、
越えてサポートになるかはポンド円にとっても重要問題になると考えられます

上記のことをしっかりと意識してロングエントリーの狙い目、ショートエントリーの狙い目、そして損きり設定
を狙い定めるとリスクが大幅に減った利幅の多いトレードができるでしょう。

研修では勝つことだけでなく、上手に負けることから伝授します。
研修でしっかりと勉強しましょう!

相場の流れを予測する上で、
上がりますか?下がりますか?
というご質問は愚問です

誰もわからないでしょう。

しかし、上がりやすい、下がりやすいという「確率的」な予測はできます。
これが大事ですが
予測を当てることよりも「どこまで自分の考えと反対に動きたら方針展開するか」と言うことです。

それが「損小利大」の原点です。
損小利大とは大きく勝つことではなく、小さく負けることです
大きな勝ちのみを求める方は、負けも大きいのが特徴です

そういう意味でも「いかに負けを小さくするか」というのが大事な課題と言えるでしょう

その判断材料として「抵抗値」の算出が大事になります

それは「抵抗値」という「節目」の存在があるから
根拠を持ってトレード方針を定めることができるわけです。

勝ちのみを求めるのではく、状況判断ができるようになることが「研修」の目的です
状況判断ができない方は「研修」ご応募くださいね


日足ベースでの抵抗値は

上値抵抗値 154.90
下値抵抗値 149.60

人気ブログランキングへ←現在3位です。ブログ存続の為、毎日応援クリックをお願い致します。

★FXで全く勝てなかった方が研修で勝てるようになりました
先週もプラスを出されてますよ
研修生として応援してあげて下さい
ブログ名「ロスカット男のFX復活日記
人気ブログランキング  現在10位付近です。


【1時間足】
ポンド円1時間1.04

チャートの設定方法はこちらをクリックして下さい

休場明けの今朝は下に窓を開けてのスタートとなりました。
その流れで+1σやや下からのスタートとなり、
平均線を割り込んだ動きをしておりますので、日中は下方への圧力が強かったと言えるでしょう
しかし、-1σを割り込むまで至っておりませんので然程強い圧力とは言えません
夕方からの動きで平均線を越えてきましたので、上昇圧力も戻ってきた感じです。

円安方向に関しましては日足の解説の通り「ユーロ円の上壁」の存在がありますので神経質になる必要があります
しかし、短期のトレードであればこのチャートの+1σ越及び+1σやや下での損きりを入れることにより面白いトレードができるのではないでしょうか

+1σを越えてくると上昇圧力が強くなり
-1σを割り込んでくると下降圧力が強くなってきますのでこの辺りを良く見ながらエントリーに役立てて頂きたいと思います

このように節目を意識することにより、動き易いタイミングがつかみやすいですので
無駄なトレードしなくて済むでしょう。

研修での節目の勉強は時間軸を選びません。

長期トレードでも超短期トレードでも相場分析の考えは同じです。

基本を学び、自身にあったトレード分析を研修で習得してくださいね


短時間ベースでの抵抗値は
上値抵抗値 150.30
下値抵抗値 149.20

この数値は【シート】にご記入ください。
慣れてくるとご自分でこの数値が出せるようになります
人気ブログランキングへ←現在3位です。ブログ存続の為、毎日応援クリックをお願い致します。

★FXで全く勝てなかった方が研修で勝てるようになりました

★FXで全く勝てなかった方が研修で勝てるようになりました
先週もプラスを出されてますよ
研修生として応援してあげて下さい
ブログ名「ロスカット男のFX復活日記
人気ブログランキング  現在10位付近です。

★★★★★★★★★★★★
★★★★★★★★★★★★
【無料FX初心者研修生募集中】
イサムの精度の高い抵抗値の予測が自分でできる勉強を応援します
詳しくは「こちら」をご覧ください

あなたの相場観が大きく変るはずですよ(*^^)v
★★★★★★★★★★★★
応援ポチ、よろしくお願いします
↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

★★★★★★★★★★★★
【イサム】 & 【FXブロードネット】 タイアップ企画
メンタル向上の為に毎日お読みください
「FX上達術レポート」プレゼント
勝てない人の「原因」と「解決策」が詰まってます
お申込みはこちら↓
FXトレーディングシステムズ

特典として、私が「トレード診断」をしますので詳しくレポートをご覧ください

★★★★★★★★★★★★
【期間限定企画】
技術向上レポートプレゼント
相場分析の一番基本である「ローソク足」のみに絞った
解説レポートです。
巷のFX本には書かれていない大事な情報が詰まっています
プレゼント詳細はコチラ
↓ ↓ ↓
234_60

★★★★★★★★★★★★






イサムのFX情報をお読みになられる方は

まずはじめに【下のバナー】のクリック応援をお願い致します
人気ブログランキング

応援ありがとう御座います(^^)v
--------------------------------------
読者の方はイサムと同じチャートに設定しましょう
設定方法はこちらをクリックして下さい
--------------------------------------

さて、解説の前にご案内です

「イサムのメルマガ」をご存知でしょうか?

記事に書いてなかったので、知らない方も多いようです。

緊急速報は真っ先にメルマガにて配信させていただきます

ぜひご登録下さい

勿論無料です
↓ ↓ ↓

メルマガ購読・解除
「日刊」FX塾頭イサムの為替トレード重要ポイント
  
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ


ここまでの主要3通貨はともにやや陽線を形成しております

陽線といっても値動きの小さい状態でここまで来ております
この理由の1つは「ユーロ円」にあると思います

ブログでは何度も解説をしておりますが、「ユーロ円日足+1σ」は重要なポイント抵抗線になっております。

ただ短にユーロ円単体の抵抗線と言うよりも、
これから為替相場が円高に戻されるのか、それとも円安に流れを変えてくるのかを予測する上でキッカケとなる状況であるように見えます
それ故にに私は何週間も前から米ドル円の動きとユーロ円の動きのポイントに着目した分析記事を書いておりますが、
結果的にその通りになっていることをご確認いただけているかと思います。

年末に差し掛かり、ようやく最後の砦と言ってもいいポイントである「ユーロ円日足+1σ」を越えるか抵抗を受けるのかの場面に差し掛かっております。

今日の動きでも、全体の値動きが小さいというよりも、ユーロ円が日足+1σで頭打ちにあっているといってもいいと思います。

ユーロ円が日足+1σをサポートラインに持てると「ロング軸」のエントリー推奨になりますが、まだ今の段階ではその域に達しておりませんので、
ロングもショートも「短期」での売買を推奨いたします。

特に今年は明日で休場ですので、なるべく短期のポジションは年明けまで持ち越さないように心掛けましょう。

肝心な「狙いを定める」ことがわからない方は「研修生」にご応募くださいね。

相場を活きていますので、そのときに応じたエントリー方針が大事です。

大きく動き易いとき、
小さく動き易いとき
それぞれ特徴があります

これは「相場観」がないと読み取れないでしょう

活きている相場展開を読み取れるようになりたい方は「研修生」にご応募くださいね

相場の流れに「絶対」と言うことはありません

「流れが変わるポイント」が節目になります

「節目」と「抵抗値」を勉強すると理にかなったリスクの低いトレードが出来ますので

研修でしっかりと勉強しましょう

為替相場は当然上がる可能性と下がる可能性はありますので

「節目」をみて「基準」を定め、確率が高く、リスクに低いトレードを心がけて頂きたいと思います

この事を勉強するのが「研修」です

分析をすると言うことは、勝ちを求める事ではありません。

リスクの低いトレードをすることです

一番大事なことは300pipのように大幅に勝つことではなく

30pip以上のマイナスをしない事の方が大事でしょう。

それは毎日気をつけるべき事です。

その精神は毎日意識しなければなりません。

私は毎日モニターの横の掲載している「トレード意識 第6か条」があります

それが「FX上達術レポート」そのものです

FXでエントリーをする上で気をつけることは「リスク」です

絶対ということはありませんから、自分の分析から可能性の高い方を予測して、一番リスクの低いところでエントリーをします

これが「損小」の第一歩でしょう

殆どの方は「損小利大」と言うと「利大」を求めます。

私の理論は逆です。

「損小」が先でしょう。

損小がしっかりできることにより 

利益>損益

を継続することができます

この損小のコツが「リスクの少ないエントリー」であり、基準が「節目」となります
我々は大事な資金を投資するわけですからギャンブル感覚ではいけません

また、エントリーする上でも「なんとなく」では意味がありません

「上に行く場合はここまで」「下に行く場合はここまで」「ここを越えたら流れが変る」

という、「相場観」が必要です

そこを私はブログの中で的中してきております

なぜなら、チャートが全てを語ってくれるからです

私は解説の中で「節目」を大変重視します。

この様に「節目」を意識してチャートを見ると活きている相場の流れがわかります

「節目」と読むということは、利益を増やす事よりも、損失を膨らまさないことに大きく威力を発揮します。

節目を意識することにより、天で買い、地で売るような的外れなトレードが驚くほど減少します。

節目を意識することにより、リスクが激減します。

実際に、新研修からの体験談として、値頃感で取引をするのと、
節目を意識して取引をするのでは明らかに結果が違うというお喜びの声がたくさん寄せられております。

FXはギャンブルではありませんので冒険をする必要は一切ありません。

相手がいるわけではなく自分一人の勝負です。

大損をする人の原因は決まっております。

それは買うタイミングを間違えるのと、損切りが出来ないことです。

たまに勝つことにより、欲が生じます。

予想外のマイナスを被ることにより、取り戻そうとします。

「予想外」ってなんですか?

FX取引で「予想外」はしてはいけません。

勝つと思ってポジションを取るのではなく、負けることもあると思ってポジションを取らないといけません。

その根本は「損切り」設定です

しかし、多くの初心者がどこで損切りをしたらいいのか分からないというのが現状です。

損切り値を算出するのは難しくありません。

「抵抗値」「転換値」ですればいいのです

私のブログをご覧頂ければ、結果はおわかりいただけるかと思います。

何度もその日の最安値を当てているのは、「抵抗値」を算出しているからです。

抵抗値を出すことは難しくありません。

自分で鍛錬することにより誰でも算出することができます

これができれば、どこかのHPで「上がりそうだ」とか「下がりそうだ」とかの無責任な発言と鵜呑みにして、
取引をしてしまい「損切り」が出来ずに大損をするということはあり得ません。
★★★★★★★★★★★★
【無料FX初心者研修生募集中】
イサムの精度の高い抵抗値の予測が自分でできる勉強を応援します
専用お申込みはこちら↓



条件を満たした方にもれなく「研修生認定」「FX鍛練シート配布」をさせていただきます。★★★★★★★★★★★★

ポンド円】

これからの展開を
テクニカル的に見てみましょう
【日足】
ポンド円日足12.30

チャートの設定方法はこちらをクリックして下さい

ここ数日のポンド円の動きをみてもおとなしい展開が続いております。
ボリバンも平行状態ですので、これは変動幅が大きくないことを意味しております。
現状は上の抵抗を日足+1σ、下の抵抗を日足平均線
に持っている状態で、今週に入ってから+1σに到達しているローソク足が並んでおりますので「上方向にトライ」をしている様子がわかります。

現状のポンド円自体は方向を持っていないと判断できます。
ここから先、日足+1σを越えてくれば上昇圧力が強くなり
日足平均線を割り込んでくると下降圧力が強くなってくるという方針は持っておいた方が言いと思います。

上方向なのか下方向なのかというカギをユーロ円が握っていると考えられます
そういう意味でも、現在はユーロ円が大事な動きをしておりますので、
先を動いているユーロ円の動きを見ながら方針を立てていただくと、
考えやすいと思います。

「抵抗」の存在を意識して「損きり」を徹底することにより最大限低リスクなトレードができます。
それを研修でしっかりと勉強しましょう!

相場の流れを予測する上で、
上がりますか?下がりますか?
というご質問は愚問です

誰もわからないでしょう。

しかし、上がりやすい、下がりやすいという「確率的」な予測はできます。
これが大事ですが
予測を当てることよりも「どこまで自分の考えと反対に動きたら方針展開するか」と言うことです。

それが「損小利大」の原点です。
損小利大とは大きく勝つことではなく、小さく負けることです
大きな勝ちのみを求める方は、負けも大きいのが特徴です

そういう意味でも「いかに負けを小さくするか」というのが大事な課題と言えるでしょう

その判断材料として「抵抗値」の算出が大事になります

それは「抵抗値」という「節目」の存在があるから
根拠を持ってトレード方針を定めることができるわけです。

勝ちのみを求めるのではく、状況判断ができるようになることが「研修」の目的です
状況判断ができない方は「研修」ご応募くださいね


日足ベースでの抵抗値は

上値抵抗値 147.00
下値抵抗値 145.20

人気ブログランキングへ←現在3位です。ブログ存続の為、毎日応援クリックをお願い致します。

★FXで全く勝てなかった方が研修で勝てるようになりました
先週は400pip以上のプラスを出されてますよ
研修生として応援してあげて下さい
ブログ名「ロスカット男のFX復活日記
人気ブログランキング  現在10位付近です。


【1時間足】
ポンド円1時間12.30

チャートの設定方法はこちらをクリックして下さい

今日は平均線下からスタートして現在も平均線下に位置しておりますので
どちらかと言えば、下降圧力の強い展開をしていると言えるでしょう

しかし、-1σの壁を破る動きをしてきておりますので、極端に強い下降圧力を読み取るわけではありません

夕方からの展開で平均線を越えることができるかどうかのトライをしておりますが
今の段階では抵抗を受けているようですね。

このチャートの着目点としては+1σと-1σでしょう。

+1σを越えると+2σまでは到着しやすく
逆にー1σを割り込むとー2σまでは到着しやすいと考えられます。

特に上方向は147.00辺りが壁になっておりますので、ここより先の持ち越しは注意が必要でしょう。

日足からの変動範囲が145.20~147.00と算出できてますので

1時間足の+1σ、-1σの様子を見ながら短期決済をした方が今日はいいと考えております。

その際はロングであれば+1σが損きり、ショートであれば-1σが損きりと
損きりのポイントにするとリスクの低いトレードができるでしょう。

このように節目を意識することにより、動き易いタイミングがつかみやすいですので
無駄なトレードしなくて済むでしょう。

研修での節目の勉強は時間軸を選びません。

長期トレードでも超短期トレードでも相場分析の考えは同じです。

基本を学び、自身にあったトレード分析を研修で習得してくださいね


短時間ベースでの抵抗値は
上値抵抗値 146.80
下値抵抗値 146.20

この数値は【シート】にご記入ください。
慣れてくるとご自分でこの数値が出せるようになります
人気ブログランキングへ←現在3位です。ブログ存続の為、毎日応援クリックをお願い致します。

★FXで全く勝てなかった方が研修で勝てるようになりました

★FXで全く勝てなかった方が研修で勝てるようになりました
先週もプラスを出されてますよ
研修生として応援してあげて下さい
ブログ名「ロスカット男のFX復活日記
人気ブログランキング  現在10位付近です。

★★★★★★★★★★★★
★★★★★★★★★★★★
【無料FX初心者研修生募集中】
イサムの精度の高い抵抗値の予測が自分でできる勉強を応援します
詳しくは「こちら」をご覧ください

あなたの相場観が大きく変るはずですよ(*^^)v
★★★★★★★★★★★★
応援ポチ、よろしくお願いします
↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

★★★★★★★★★★★★
【イサム】 & 【FXブロードネット】 タイアップ企画
メンタル向上の為に毎日お読みください
「FX上達術レポート」プレゼント
勝てない人の「原因」と「解決策」が詰まってます
お申込みはこちら↓
FXトレーディングシステムズ

特典として、私が「トレード診断」をしますので詳しくレポートをご覧ください

★★★★★★★★★★★★
【期間限定企画】
技術向上レポートプレゼント
相場分析の一番基本である「ローソク足」のみに絞った
解説レポートです。
巷のFX本には書かれていない大事な情報が詰まっています
プレゼント詳細はコチラ
↓ ↓ ↓
234_60

★★★★★★★★★★★★





イサムのFX情報をお読みになられる方は

まずはじめに【下のバナー】のクリック応援をお願い致します
人気ブログランキング

応援ありがとう御座います(^^)v
--------------------------------------
読者の方はイサムと同じチャートに設定しましょう
設定方法はこちらをクリックして下さい
--------------------------------------

さて、解説の前にご案内です

「イサムのメルマガ」をご存知でしょうか?

記事に書いてなかったので、知らない方も多いようです。

緊急速報は真っ先にメルマガにて配信させていただきます

ぜひご登録下さい

勿論無料です
↓ ↓ ↓

メルマガ購読・解除
「日刊」FX塾頭イサムの為替トレード重要ポイント
  
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ


★★★★★★★★★★★★
【無料FX初心者研修生募集中】
イサムの精度の高い抵抗値の予測が自分でできる勉強を応援します
専用お申込みはこちら↓


条件を満たした方にもれなく「研修生認定」「FX鍛練シート配布」をさせていただきます。
★★★★★★★★★★★★

ポンド円】

【日足】
ポンド円 日足12.29

チャートの設定方法はこちらをクリックして下さい

今日も出先ですので、大事な点のみ掲載します。
今日の主要3通貨は共にやや陽線を形成しております。
今日は昨日と違って「変化の兆しアリ」という展開をしております

それはこれまで注目してきました「ユーロ円」の動きにあります

ここまでの展開でユーロ円は日足+1σに差し掛かっております

まずは第一段階通貨です。
大事なことはこのラインが「抵抗線」になるかどうかでしょう。
ここは大事な節目ですので、ただ越えたということよりも
越えた後にサポートの存在になるかどうかの確認が必要です

ここでのサポートが効くと、これまで低迷していた米ドル円にも上昇のキッカケを与え易いと考えております

そういう意味でも、今日のクローズで割り込むのか、サポートを守りきれるのかを見ていただきたいと思います。

ただし、今週は年末年始が絡んでおりますので、各国で休場が入ってきます
そういう意味でも、相場状況が不規則になりがちですので
これからとるポジションは短期決済及び「損きり設定」を徹底したトレードを心がけていただきたいと思います。

また、今日はユーロ円日足+1σを上回ってきております
その勢いに乗ってポンド円も陽線を形成しております

ポンド円は目先に「日足+1σの壁」が存在しております

この流れていけばトライをし易いと思います

この先のエントリー方針としては
日足+1σ真上でのロング
日足+1σ真下でのショート
が間の悪くないトレードとなります

ユーロ円日足+1σを割り込まないのであれば、日足+1σ越えを待ってのロングもいいと思います

ただし、
短期決済であること
損きり設定を徹底すること

この2点を守っていただきたいと思います

狙いを定める。つまり「抵抗」の存在を意識して、更に「損きり」を徹底することにより最大限低リスクなトレードができます。
それを研修でしっかりと勉強しましょう!

相場の流れを予測する上で、
上がりますか?下がりますか?
というご質問は愚問です

誰もわからないでしょう。

しかし、上がりやすい、下がりやすいという「確率的」な予測はできます。
これが大事ですが
予測を当てることよりも「どこまで自分の考えと反対に動きたら方針展開するか」と言うことです。

それが「損小利大」の原点です。
損小利大とは大きく勝つことではなく、小さく負けることです
大きな勝ちのみを求める方は、負けも大きいのが特徴です

そういう意味でも「いかに負けを小さくするか」というのが大事な課題と言えるでしょう

その判断材料として「抵抗値」の算出が大事になります

それは「抵抗値」という「節目」の存在があるから
根拠を持ってトレード方針を定めることができるわけです。

勝ちのみを求めるのではく、状況判断ができるようになることが「研修」の目的です
状況判断ができない方は「研修」ご応募くださいね


日足ベースでの抵抗値は

上値抵抗値 147.00
下値抵抗値 145.20

人気ブログランキングへ←現在3位です。ブログ存続の為、毎日応援クリックをお願い致します。

★FXで全く勝てなかった方が研修で勝てるようになりました
先週もプラスの収支を出されてますよ
研修生として応援してあげて下さい
ブログ名「ロスカット男のFX復活日記
人気ブログランキング  現在11位付近です。


★★★★★★★★★★★★
【無料FX初心者研修生募集中】
イサムの精度の高い抵抗値の予測が自分でできる勉強を応援します
詳しくは「こちら」をご覧ください

あなたの相場観が大きく変るはずですよ(*^^)v
★★★★★★★★★★★★
応援ポチ、よろしくお願いします
↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

★★★★★★★★★★★★
【イサム】 & 【FXブロードネット】 タイアップ企画
メンタル向上の為に毎日お読みください
「FX上達術レポート」プレゼント
勝てない人の「原因」と「解決策」が詰まってます
お申込みはこちら↓
FXトレーディングシステムズ

特典として、私が「トレード診断」をしますので詳しくレポートをご覧ください

★★★★★★★★★★★★
【期間限定企画】
技術向上レポートプレゼント
相場分析の一番基本である「ローソク足」のみに絞った
解説レポートです。
巷のFX本には書かれていない大事な情報が詰まっています
プレゼント詳細はコチラ
↓ ↓ ↓
234_60

★★★★★★★★★★★★





イサムのFX情報をお読みになられる方は

まずはじめに【下のバナー】のクリック応援をお願い致します
人気ブログランキング

応援ありがとう御座います(^^)v
--------------------------------------
読者の方はイサムと同じチャートに設定しましょう
設定方法はこちらをクリックして下さい
--------------------------------------

さて、解説の前にご案内です

「イサムのメルマガ」をご存知でしょうか?

記事に書いてなかったので、知らない方も多いようです。

緊急速報は真っ先にメルマガにて配信させていただきます

ぜひご登録下さい

勿論無料です
↓ ↓ ↓

メルマガ購読・解除
「日刊」FX塾頭イサムの為替トレード重要ポイント
  
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ


★★★★★★★★★★★★
【無料FX初心者研修生募集中】
イサムの精度の高い抵抗値の予測が自分でできる勉強を応援します
専用お申込みはこちら↓


条件を満たした方にもれなく「研修生認定」「FX鍛練シート配布」をさせていただきます。
★★★★★★★★★★★★

ポンド円】

【日足】
ポンド円 日足12.28


チャートの設定方法はこちらをクリックして下さい

今日は出先ですので、大事な点のみ掲載します。
今日の主要3通貨は共にやや陽線を形成しております。
しかし、「変化ナシ」の相場展開です
今日も値動きが小さいですね。

一応陽線を形成しておりますので上に向かう力があるようです

このような時は無理をしてエントリーしないようにしましょう
動きがあるまでは「様子見」を推奨いたします。

このようにレンジ相場の状況の時はエネルギーを溜め込みます
その後に大きく発散ということもありますので、
そういう意味でも、動き時の目処を立てて様子を見るのも大事なトレードだと思います。

現在の相場状況で鍵を握っているのが「ユーロ円」と考えられます

ユーロ円が日足+1σを越えてサポートに持てるのであれば円安に動き易いでしょうし
逆に日足平均線を割り込んでくれば円高圧力が強くなってくると想定されます。

現在が方向の分岐点にいるという認識は必要でしょう

年末年始は薄商いになりますので、ほとんど動かないか逆に瞬間的に大きく動くこともあります。

分母が小さいので変動が不安定になることもあるということです。

そういう意味でも、むやみやたらにエントリーせずに、狙いをしっかり定めるように心がけましょう

狙いを定める。つまり「抵抗」の存在を意識して、更に「損きり」を徹底することにより最大限低リスクなトレードができます。
それを研修でしっかりと勉強しましょう!

相場の流れを予測する上で、
上がりますか?下がりますか?
というご質問は愚問です

誰もわからないでしょう。

しかし、上がりやすい、下がりやすいという「確率的」な予測はできます。
これが大事ですが
予測を当てることよりも「どこまで自分の考えと反対に動きたら方針展開するか」と言うことです。

それが「損小利大」の原点です。
損小利大とは大きく勝つことではなく、小さく負けることです
大きな勝ちのみを求める方は、負けも大きいのが特徴です

そういう意味でも「いかに負けを小さくするか」というのが大事な課題と言えるでしょう

その判断材料として「抵抗値」の算出が大事になります

それは「抵抗値」という「節目」の存在があるから
根拠を持ってトレード方針を定めることができるわけです。

勝ちのみを求めるのではく、状況判断ができるようになることが「研修」の目的です
状況判断ができない方は「研修」ご応募くださいね


日足ベースでの抵抗値は

上値抵抗値 147.00
下値抵抗値 145.20

人気ブログランキングへ←現在3位です。ブログ存続の為、毎日応援クリックをお願い致します。

★FXで全く勝てなかった方が研修で勝てるようになりました
先週もプラスの収支を出されてますよ
研修生として応援してあげて下さい
ブログ名「ロスカット男のFX復活日記
人気ブログランキング  現在11位付近です。


★★★★★★★★★★★★
【無料FX初心者研修生募集中】
イサムの精度の高い抵抗値の予測が自分でできる勉強を応援します
詳しくは「こちら」をご覧ください

あなたの相場観が大きく変るはずですよ(*^^)v
★★★★★★★★★★★★
応援ポチ、よろしくお願いします
↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

★★★★★★★★★★★★
【イサム】 & 【FXブロードネット】 タイアップ企画
メンタル向上の為に毎日お読みください
「FX上達術レポート」プレゼント
勝てない人の「原因」と「解決策」が詰まってます
お申込みはこちら↓
FXトレーディングシステムズ

特典として、私が「トレード診断」をしますので詳しくレポートをご覧ください

★★★★★★★★★★★★
【期間限定企画】
技術向上レポートプレゼント
相場分析の一番基本である「ローソク足」のみに絞った
解説レポートです。
巷のFX本には書かれていない大事な情報が詰まっています
プレゼント詳細はコチラ
↓ ↓ ↓
234_60

★★★★★★★★★★★★




イサムのFX情報をお読みになられる方は

まずはじめに【下のバナー】のクリック応援をお願い致します
人気ブログランキング

応援ありがとう御座います(^^)v
--------------------------------------
読者の方はイサムと同じチャートに設定しましょう
設定方法はこちらをクリックして下さい
--------------------------------------

さて、解説の前にご案内です

「イサムのメルマガ」をご存知でしょうか?

記事に書いてなかったので、知らない方も多いようです。

緊急速報は真っ先にメルマガにて配信させていただきます

ぜひご登録下さい

勿論無料です
↓ ↓ ↓

メルマガ購読・解除
「日刊」FX塾頭イサムの為替トレード重要ポイント
  
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ


ここまでの主要3通貨はともにやや陰線を形成しております

今日は踏ん張りどころですね。

今朝のブログでも解説しましたが、ユーロ円が日足平均線のラインを守りきれるかどうかに掛かってくるでしょう。

ここを守りきれれば米ドル円も91.50をキープしてのクローズができると思います

しかし、このまま平均線を割り込むことがあれば、「ショート」も十分有効な相場展開になりうると考えております。

特に米ドル円91.50はこれから円安の流れに変わるポイントになりうると同時に
中期の流れで見た場合に「天」になる可能性すらあることを忘れないでいただきたいと思います。

そういう意味でも、ユーロ円が日足平均線を割り込むことにより、比較的幅を持っての下落も予測できますので注意をしましょう。

これからの推奨されるエントリーポイントとしては

ユーロ円日足平均線真上でのロング
ユーロ円日足平均線真下でのショート

となります。
いずれも圧力の掛かり具合は1時間足に出易いと考えておりますので、
注意してみていただきたいと思います

肝心な「狙いを定める」ことがわからない方は「研修生」にご応募くださいね。

相場を活きていますので、そのときに応じたエントリー方針が大事です。

大きく動き易いとき、
小さく動き易いとき
それぞれ特徴があります

これは「相場観」がないと読み取れないでしょう

活きている相場展開を読み取れるようになりたい方は「研修生」にご応募くださいね

相場の流れに「絶対」と言うことはありません

「流れが変わるポイント」が節目になります

「節目」と「抵抗値」を勉強すると理にかなったリスクの低いトレードが出来ますので

研修でしっかりと勉強しましょう

為替相場は当然上がる可能性と下がる可能性はありますので

「節目」をみて「基準」を定め、確率が高く、リスクに低いトレードを心がけて頂きたいと思います

この事を勉強するのが「研修」です

分析をすると言うことは、勝ちを求める事ではありません。

リスクの低いトレードをすることです

一番大事なことは300pipのように大幅に勝つことではなく

30pip以上のマイナスをしない事の方が大事でしょう。

それは毎日気をつけるべき事です。

その精神は毎日意識しなければなりません。

私は毎日モニターの横の掲載している「トレード意識 第6か条」があります

それが「FX上達術レポート」そのものです

FXでエントリーをする上で気をつけることは「リスク」です

絶対ということはありませんから、自分の分析から可能性の高い方を予測して、一番リスクの低いところでエントリーをします

これが「損小」の第一歩でしょう

殆どの方は「損小利大」と言うと「利大」を求めます。

私の理論は逆です。

「損小」が先でしょう。

損小がしっかりできることにより 

利益>損益

を継続することができます

この損小のコツが「リスクの少ないエントリー」であり、基準が「節目」となります
我々は大事な資金を投資するわけですからギャンブル感覚ではいけません

また、エントリーする上でも「なんとなく」では意味がありません

「上に行く場合はここまで」「下に行く場合はここまで」「ここを越えたら流れが変る」

という、「相場観」が必要です

そこを私はブログの中で的中してきております

なぜなら、チャートが全てを語ってくれるからです

私は解説の中で「節目」を大変重視します。

この様に「節目」を意識してチャートを見ると活きている相場の流れがわかります

「節目」と読むということは、利益を増やす事よりも、損失を膨らまさないことに大きく威力を発揮します。

節目を意識することにより、天で買い、地で売るような的外れなトレードが驚くほど減少します。

節目を意識することにより、リスクが激減します。

実際に、新研修からの体験談として、値頃感で取引をするのと、
節目を意識して取引をするのでは明らかに結果が違うというお喜びの声がたくさん寄せられております。

FXはギャンブルではありませんので冒険をする必要は一切ありません。

相手がいるわけではなく自分一人の勝負です。

大損をする人の原因は決まっております。

それは買うタイミングを間違えるのと、損切りが出来ないことです。

たまに勝つことにより、欲が生じます。

予想外のマイナスを被ることにより、取り戻そうとします。

「予想外」ってなんですか?

FX取引で「予想外」はしてはいけません。

勝つと思ってポジションを取るのではなく、負けることもあると思ってポジションを取らないといけません。

その根本は「損切り」設定です

しかし、多くの初心者がどこで損切りをしたらいいのか分からないというのが現状です。

損切り値を算出するのは難しくありません。

「抵抗値」「転換値」ですればいいのです

私のブログをご覧頂ければ、結果はおわかりいただけるかと思います。

何度もその日の最安値を当てているのは、「抵抗値」を算出しているからです。

抵抗値を出すことは難しくありません。

自分で鍛錬することにより誰でも算出することができます

これができれば、どこかのHPで「上がりそうだ」とか「下がりそうだ」とかの無責任な発言と鵜呑みにして、
取引をしてしまい「損切り」が出来ずに大損をするということはあり得ません。
★★★★★★★★★★★★
【無料FX初心者研修生募集中】
イサムの精度の高い抵抗値の予測が自分でできる勉強を応援します
専用お申込みはこちら↓


条件を満たした方にもれなく「研修生認定」「FX鍛練シート配布」をさせていただきます。
★★★★★★★★★★★★

ポンド円】

これからの展開を
テクニカル的に見てみましょう
【日足】
ポンド円 日足12.24


チャートの設定方法はこちらをクリックして下さい
ここまでの動きでは米ドル円、ユーロ円と同様に円高方向に進んでおります。
これからのポンド円の動きを予測するに当たっても、冒頭の解説の通り「ユーロ円」の動きが大事になります。

ユーロ円が日足平均線を割り込んでくれば、ポンド円も日足平均線にブレイクトライをし易いでしょう。
逆にサポートを受けてくれば日足+1σに向かいやすいと判断できます。

上下とも変動幅は5,60銭といったところですので有効なトレードを心がけていただきたいと思います。

特に平均線割れを起こした場合は幅を持っての下落も考えられます。

その予兆として「ユーロ円」の動きが重要になるでしょう。

まずはユーロ円が日足平均線を守りきれるのか、それとも割り込んでしまうのかをしっかり見ていただきたいと思います

また、流れの変わり目は1時間足で出ますので見逃さないようにしましょう。

「抵抗」の存在を意識して「損きり」を徹底することにより最大限低リスクなトレードができます。
それを研修でしっかりと勉強しましょう!

相場の流れを予測する上で、
上がりますか?下がりますか?
というご質問は愚問です

誰もわからないでしょう。

しかし、上がりやすい、下がりやすいという「確率的」な予測はできます。
これが大事ですが
予測を当てることよりも「どこまで自分の考えと反対に動きたら方針展開するか」と言うことです。

それが「損小利大」の原点です。
損小利大とは大きく勝つことではなく、小さく負けることです
大きな勝ちのみを求める方は、負けも大きいのが特徴です

そういう意味でも「いかに負けを小さくするか」というのが大事な課題と言えるでしょう

その判断材料として「抵抗値」の算出が大事になります

それは「抵抗値」という「節目」の存在があるから
根拠を持ってトレード方針を定めることができるわけです。

勝ちのみを求めるのではく、状況判断ができるようになることが「研修」の目的です
状況判断ができない方は「研修」ご応募くださいね


日足ベースでの抵抗値は

上値抵抗値 147.10
下値抵抗値 145.30

人気ブログランキングへ←現在3位です。ブログ存続の為、毎日応援クリックをお願い致します。

★FXで全く勝てなかった方が研修で勝てるようになりました
先週は400pip以上のプラスを出されてますよ
研修生として応援してあげて下さい
ブログ名「ロスカット男のFX復活日記
人気ブログランキング  現在12位付近です。


【1時間足】
ポンド円 1時間足12.24

チャートの設定方法はこちらをクリックして下さい

今日のローソク足を見ると気味が悪いくらい「ヒゲ」をつけております
つまり変動があるということです

おそらく、薄商いになっているために、数量の少ない売買でレートが動いているのだと思います。
それにより行っては戻されのヒゲが出ているのでしょう。
全体の流れとしては、午後から下方圧力が強まってきております
午後に入り平均線を割り込んで、更に-1σを割り込んでおります
つまり下降圧力が強まっている状態です

このまま-1σが上の抵抗の存在になり続ければ、日足平均線に対してブレイクトライ体勢に入り易いと予測することができます。

今日のポイントは「ユーロ円日足平均線」次第ですから

ショートの決め手としては、ポンド円日足平均線を割り込んだ時でしょう
このときに1時間足の様子を見ながらエントリーポイントと損きり設定ポイントを見極めていただきたいと思います

逆にユーロ円が日足平均線を守りぬけばロングのチャンスが出てきます
その際は1時間足平均線越えが「ロングサイン」と考えております

このように、日足と1時間足の動きを見ながら方針とエントリーポイントを定めることにより、低リスクのトレードができるようになるでしょう

この辺りは私がメールで指導しますので「研修生」にご応募ください

このように節目を意識することにより、動き易いタイミングがつかみやすいですので
無駄なトレードしなくて済むでしょう。

研修での節目の勉強は時間軸を選びません。

長期トレードでも超短期トレードでも相場分析の考えは同じです。

基本を学び、自身にあったトレード分析を研修で習得してくださいね


短時間ベースでの抵抗値は
上値抵抗値 146.30
下値抵抗値 145.30

この数値は【シート】にご記入ください。
慣れてくるとご自分でこの数値が出せるようになります
人気ブログランキングへ←現在3位です。ブログ存続の為、毎日応援クリックをお願い致します。

★FXで全く勝てなかった方が研修で勝てるようになりました

★FXで全く勝てなかった方が研修で勝てるようになりました
先週は400pip以上のプラスを出されてますよ
研修生として応援してあげて下さい
ブログ名「ロスカット男のFX復活日記
人気ブログランキング  現在12位付近です。

★★★★★★★★★★★★
★★★★★★★★★★★★
【無料FX初心者研修生募集中】
イサムの精度の高い抵抗値の予測が自分でできる勉強を応援します
詳しくは「こちら」をご覧ください

あなたの相場観が大きく変るはずですよ(*^^)v
★★★★★★★★★★★★
応援ポチ、よろしくお願いします
↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

★★★★★★★★★★★★
【イサム】 & 【FXブロードネット】 タイアップ企画
メンタル向上の為に毎日お読みください
「FX上達術レポート」プレゼント
勝てない人の「原因」と「解決策」が詰まってます
お申込みはこちら↓
FXトレーディングシステムズ

特典として、私が「トレード診断」をしますので詳しくレポートをご覧ください

★★★★★★★★★★★★
【期間限定企画】
技術向上レポートプレゼント
相場分析の一番基本である「ローソク足」のみに絞った
解説レポートです。
巷のFX本には書かれていない大事な情報が詰まっています
プレゼント詳細はコチラ
↓ ↓ ↓
234_60

★★★★★★★★★★★★




イサムのFX情報をお読みになられる方は

[ポンド円FX情報12/23]の続きを読む
イサムのFX情報をお読みになられる方は

[ポンド円FX情報12/21]の続きを読む
イサムのFX情報をお読みになられる方は

[今週の★ポンド円★予想相場12/20]の続きを読む
イサムのFX情報をお読みになられる方は

[ポンド円FX情報12/18]の続きを読む