2017年01月09日

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170109

(チャートをクリックすると拡大されます)
昨日の日足ローソク足は陰線を形成しております

先週は水曜日、木曜日と陽線を形成したのですが

結局、週末で戻されてしまいました

金曜日は雇用統計日でありまして
比較的堅調であったためにドル買いに反応していますが

雇用統計にしては動きの小さい展開となっております

先月に利上げ発表もこなしましたので当然といえば当然かもしれません

結果的に先週だけのチャートを見ますと
行った来たの展開となっておりますので
直近ではレンジに近くなり方向を悩んでいる状態です

長期では下降トレンド
短期ではレンジ
展開と言えます

ただ、1時間足を見ますと金曜日の終盤は下降トレンドですので
まずはどこまで下降するのかを見ていきたいところです

今日のポイントは
下方向に感しては
日足平均線を最初の下値抵抗線として意識しております
直近では1.0480付近で小反発しておりますので
このラインも重視したいところです
このラインを割れると日足―1σ付近までの下落を期待したいですし
その下には1.0365ラインも控えていますので、ここも注目のラインです

逆に上方向では
第一上値抵抗線 1.0620
第二上値抵抗線 1.0650

付近を意識しております

このあたりでは反落ポイントにもなりますので
注視しましょう


以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170109

(チャートをクリックすると拡大されます)