2017年01月12日

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170112

(チャートをクリックすると拡大されます)
昨日の日足ローソク足は陽線を形成しております

陽線ではありながらも目立つのは下ヒゲの展開です

昨日のメインイベントはトランプ氏の会見でして

日本時間の深夜1時から行われましたので
イサム会員の皆様へは緊急のメールを送信させていただきました

トランプ氏の会見を踏まえて市場では期待感からのドル買いが先行し
昨日の夜まではドル買いでユーロドルは下降圧力優勢の展開となっておりました

しかし、会見では投資家が期待していた財政支出に触れることなく
期待外れの失望感からのドル売りが先行し
深夜からユーロドルは上昇しております

行った来たの変動幅は比較的大きかったのですが
チャート上の大きな変化は発生しておりません

今朝の時点では1時間足で上昇圧力優勢ですので
まずは上方向へのアタックから見ていきたいところです

昨日の最高値も指摘しました 上値抵抗線1.0620付近でピタッと止まっておりますので
今日もこのラインに注目しております

引き続きではありますが
第一上値抵抗線 1.0620
第二上値抵抗線 1.0650

を見ております

上値抵抗線に近いですので
反落も選択肢として持っておきたいところです

下降圧力が発生した際は
まずは日足平均線ではありますが
下値抵抗線としての効力は弱くなってきております

昨日の最安値 1.0450は
今後の下値抵抗線として意識したいところです

このラインを割れると日足―1σ付近までの下落を期待したいですし
その下には1.0365ラインも控えていますので、ここも注目のラインと見ています

今日はこのあたりを上下ポイントとして考えております


以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170112

(チャートをクリックすると拡大されます)