2017年01月17日

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170117

(チャートをクリックすると拡大されます)
昨日の日足ローソク足は同値線を形成しております

長いヒゲも出ていませんので大きな動きは発生しておりません

ただ、抵抗線という意味では下値抵抗線である日足+1σラインにタッチしておりますので

下方向にアタックをしている状態が読み取れますが
このラインでの抵抗が効いていますので大きな動きにはなっていない状態です

殆ど動いていませんので
今日のポイントは昨日同様に見ています

上方向のポイントは1.0650ラインです

このラインは上値抵抗線として指摘しているラインでありまして

近々でもこのラインでピタッと止まる事が何度かありました
多少越えたとしても戻されているのがこのラインです

まだ上値抵抗線として健在のようですので今日も注目しております

引き続きではありますが1.0650ラインを基準線として考えておりまして
このラインよりも上の範囲ではロング軸で
次の抵抗線を1.0685付近で見ております

逆に下方向ですが
まずは日足+1σラインを第一下値抵抗として意識しております
このラインでは1時間足のレンジ下限も近いですので最初のポイント値として見ております

割れてくると次の目標値を日足平均線付近で見ています

更に、このラインを割れてくると下降圧力の強まりを期待しておりまして
その次を1.0450付近で見ています

今日はこのあたりに注目しております

以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170117

(チャートをクリックすると拡大されます)