2017年01月26日

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170126

(チャートをクリックすると拡大されます)
昨日の日足ローソク足は陽線を形成しております

昨日のレポートで解説しましたように
一昨日の陰線は1時間足でレンジ相場の結果
下波でクローズしたので陰線としてあらわされていました

今朝のその逆でして
1時間足でのレンジ相場が継続している流れで
上波の方でクローズしているので陽線となっている状況です

つまり、23日あたりから始まっているレンジ相場が継続している状況です

相場そのものには変化がありません

その一方でNYダウが初の2万ドル突破のニュースが流れていまして
通常ではドル買いが優勢でもおかしくないのですが

為替には反応していない野は
トランプ政権への様子見感が強い状況が読み取れます

新たなサプライズ発言があれば一気に動く可能性もありますので
今後もトランプ大統領の動向には注視したいところです

チャートに戻りますがレンジ中ですのでポイントは昨日とほぼ同様です

レンジ展開の
上限 1.0770
下限 1.0710

はブレイクすることで方向を読み取る上で目安になりやすいと思います

上方向に反応した際は

次の抵抗線を1.0800付近
その次は1.0875付近
で見ています

逆に下方向に反応した際は
1.0700付近に下壁の存在がありますので

このラインを割れると日足+1σラインを次も目標値として見ています

更にこのラインを割れてくると
短期上昇トレンドの弱まりを読み取れるポイントとして見ています

その次の抵抗線を1.0550付近で見ています

今日はこのあたりに注目しております
以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170126

(チャートをクリックすると拡大されます)