2017年03月02日

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170302

(チャートをクリックすると拡大されます)
昨日の日足ローソク足は陰線を形成しております

1時間足を見ますと
前半 下降
中盤 下降
終盤 上昇

へと流れを変えております
昨日はトランプ大統領の講演がありまして
その結果、ドル買いに反応しました

NY市場の入口まではドル買いが継続したのですが
その後は戻しが入り
深夜には再度の下降圧力が発生しております

下降から戻しの上昇の流れで谷を形成しておりますが

谷の先が指摘しました 1.0520付近で止まっております

つまり、指摘しておりました抵抗線で安値が止まっている形となっております

1時間足を見るとよくわかりますが
一旦戻したものの
今朝の流れでは再下落の形となっておりますので
まずは下方向へのアタック場面です

ポイントは昨日と同様でして
最初の目標値を1.0520
その次を1.0490付近で見ています

このラインを割れてくると直近安値更新となりますので
変化発生となりますが
ここ数週間の流れでは一時的な下落で戻す可能性もありますので注意したいところです

逆に上方向に反応した際ですが
最初の抵抗線を 1.0570 付近で見ています

次の抵抗線を1.0600付近
その次を1.0630付近

と上方向には何層かの壁の存在がありますので
1つずつ確認したいところです


以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170302

(チャートをクリックすると拡大されます)