2017年04月05日

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170405

(チャートをクリックすると拡大されます)
昨日の日足ローソク足は同値線を形成しております

1時間足を見ますと
前半 レンジ
中盤 下降
終盤 上昇
の流れとなっております

全体的にはレンジ展開となりました

昨日のレポートで指摘したレンジ幅に沿った展開となっておりますので
ほぼ変化無しの値動きとなっております

その一方で、ドル円、ユーロ円はそれなりの短期下降圧力が発生しておりますので
ドル売り、ユーロ売りの展開になっている様子がわかります

どこまで継続するのかわかりませんが
今はドルとユーロの均衡を保っている状態です

昨日も指摘しましたように
まずは現状のレンジをブレイクすることで次の動きを察知することができるでしょう

ポイントは昨日と同様でみています

今のレンジ展開として

上限 1.0700
下限 1.0640

この狭い範囲で揉んでいる状況です

このどちらかのラインを割れることで最初の変化を読み取れると思います

下方向に反応した際の目標は
下値抵抗線 1.0600付近を
意識しております

逆に上方向に反応した際は
日足+1σライン付近を目標として見ています

まずはレンジブレイクが最初のアクションとしてみていますので
このあたりに注目したいと思います


以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170405

(チャートをクリックすると拡大されます)