2017年05月03日

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170503

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 レンジ
終盤 上昇
の流れとなっております

昨日も大きな動きは発生しない展開となりまして
幅の狭いレンジとなっております

日足を見ると日替わりで陰線と陽線が出ていますので
ここからも強いレンジ展開であることが読み取れております

1時間足を見ても長時間継続するトレンドは発生しておりません

その一方でドル円やユーロ円は動きがありまして
ドル円においては久々に一時112円台の場面もありましたので
市場的に動きないわけではありません

ただ、最近のユーロドルにおいては
直近高値付近で揉んでいますので
上値が重たい状況です

通常はこの状態はそう長くは継続しないともいますので
今後の動き出しまで我慢したいところです

今日のポイントは昨日と同様に見ています

上方向は
1.0950付近でストップしております
今後も重要上値抵抗線として意識したいところです

下方向は
第一下値抵抗線 1.0850
第二下値抵抗線 1.0830

このあたりが下方向のポイントになると思います

どっちに反応するかわかりませんが
上方向と下方向の変化を上記から判断すると良いでしょう



以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170503

(チャートをクリックすると拡大されます)