2017年06月

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170630

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 上昇
中盤 下降
終盤 上昇
の流れとなっております

上昇力が止まりませんね
3営業日続けての陽線を形成し
3日間とも今年最高値を更新しております

昨日の1時間足を見ると中盤は下降圧力が働くものの
結局、上昇圧力が勝っている状況ですので
今日もどこまで上昇圧力が続くのか見ていきたいところです

ただし、現在のレートからの新規ロングはリスクが高いですので
見合わせたいところです

そろそろ、週足レベルでの上値抵抗線の存在がチラチラしてきておりますので
ここから先の上昇も重たくなりやすいと思ってはありますが
まだ、下降圧力の発生はしておりませんので油断は禁物です

今日は1.1430ライン付近に注目しております

このラインよりも上の範囲では上昇圧力継続でみています

ただ、割れたからといって即ショートのタイミングではありませんので注意したいところです

下降圧力発生の期待が持てるポイントとしては
1.1300付近を割れてくると、今の流れが変わりやすいと思っております

それまでは短期的なショートはアリだと思いますが
基本は押し目買いを中心に組み立てていきたいと思っております

特に今日は月末日ですので
月末調整の値動きも期待したいところです


以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170630

(チャートをクリックすると拡大されます)