2017年06月02日

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170602

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 下降
終盤 レンジ
の流れとなっております

結果的に日足で陰線となっております
とはいえ、強い下降圧力ではありません

一昨日は想定通りの小反発をしましたが
上値抵抗線 1.1270の影響を受けて
昨日はやや反落展開となっております

特に月も変わりましたので調整後の展開とも言えます

日足を見ますと
中期の波では上昇トレンド
短期の波ではレンジ

となっております

何度か解説しておりますように
上値抵抗線付近で揉んできる状況となりますので
基本は押し目買いを中心に狙いたい場面ではあります

ただ、この状態はそれほど長くは続かないと想定しておりますので

今のレンジ幅をブレイクすることで
変化を察知することができるでしょう

レンジ相場の
上下抵抗線はこれまでの解説通りとなります

上値抵抗線 1.1270 
下値抵抗線 1.1100

特に上方向には1.1300ラインを長期上壁の存在として意識しております

ここ数日はこの範囲内で推移しております
このどちらかをブレイクすることで変化が読み取れますので
参考にしていただけましたら幸いです



以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170602

(チャートをクリックすると拡大されます)