2017年06月15日

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20170615

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 上昇
終盤 下降
の流れとなっております

日足では同値線となっておりますが

上ヒゲの目立つローソク足となっております

夕方に大きく上昇しておりますが
すぐに戻っておりまして
大きく行った来たの展開となっております

動いた理由としては21時半の米指標が弱くドル売りに反応したのですが
注目のFOMCでは予定通りの利上げとなりましたので
ドル買いに反応し戻しております

重要指標の後押しはありましたが

実はこの展開も予測に準じた展開となっております

私がここ数日のレポートで指摘した
上値抵抗線 1.1300 付近で
昨日の高値がピタッと止まりまして
下降に反転しております

やはり、このライン付近では強い抵抗が来ていましたね
このラインは直近高値ラインでもありますので
反発狙いのポイントとしても有効ですので
良い狙い目にもなったと思います

大きく動いた日ではありますが
抵抗線をブレイクせずに
結果的に戻っておりますので変化ナシの展開と言えます

短期レンジの範囲内の展開で収まっておりますので
変化発生の読み方は昨日と同様です
下方向では
第一下値抵抗線 1.1170ライン
第二下値抵抗線 1.1130ライン
第三下値抵抗線 1.1100ライン

このあたりを直近の抵抗線として意識しております
1.1100ラインを割れてくると下降に勢いが付きやすい事を期待しております


逆に上方向では 1.1300ラインを
直近の上値抵抗線として意識しております

このラインを越えると直近高値更新の重要場面と言えますが
短期的な上昇で戻される可能性もありますので注意したいところです

基本はある程度下降してからの再上昇待ちで見ていますので

小反発も狙い目として持っておきたいところです

FOMC明けの今朝の東京市場にも注視していきましょう


以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170615

(チャートをクリックすると拡大されます)