2017年10月10日

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足201701010

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 レンジ
終盤 上昇
の流れとなっております

日足では陽線を形成しております

一応は陽線ではありますが
ほぼ、レンジ展開でありました

また、上値抵抗線である日足ー1σラインを越えることもありませんでしたので
変化は発生しておりません

ただし、今朝の時点では1時間足で上方向に向いておりますので
まずは上方向へのアタックから見ていきたいところです

やや上に日足ー1σラインの存在がありますので
このラインを今日の基準線として考えております

ラインよりも上の範囲では短期上昇圧力継続で見ておりましてロング軸で予定しております

越えるまでは再下落もあり得る方針で戻り売り待ちもいいと思います

今日のメインイベントと言って良いかわかりませんが
朝鮮労働党創建72周年記念日となっております

ミサイル発射や核実験等が行われることで地政学リスクが増し
相場に反応することもあります

通常はリスクが高まるとドル売り、円買いに反応しやすくなります

現状のドル買いに歯止めを掛けている一因に北朝鮮問題もありますので
今日の動きは世界中が注目しているところもありますので
ニュースには耳を傾けましょう


上記を今日のポイントの目安にしていただけましたら幸いです 

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170701010

(チャートをクリックすると拡大されます)