2017年10月16日

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足201701016

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 下降
中盤 上昇
終盤 下降
の流れとなっております

日足では陰線を形成しております

先週を振り返りますと
月火水は陽線
木金は陰線

と二つに分かれる展開をしております

ただ、上昇に転じる前は下降圧力優勢の相場展開でしたので
先週末の下降は戻しと言えます

ユーロ買い優勢ではありましたが
頭打ちにあっているようです

チャート上では日足平均線をキープすることができておりませんので
まだ不安定な状況といえます

戻しでありながらも下降圧力も安定はしていませんので
どちらに転がってもおかしくないところです

上方向では1.1880付近で何度か止まっておりますので
このあたりには短期の壁があるようです
この壁を越えてくると上昇圧力が短期で強まり易いと思います
その上には日足+1σの上壁がありますので
このあたりまで見ておきたいところです

下方向では1.1800付近を最初の壁として見ております
日足ー1σラインを割れてくると下降圧力の強まりを期待していますが
その下には1.1670の直近安値ラインがありますので注視しましょう

また、週末の報道で北朝鮮のミサイル台の移動の気配も流れていますので
地政学リスクも気を付けたいところです

週前半はこのあたりをポイントに見ていますので
参考にしていただけましたら幸いです

以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170701016

(チャートをクリックすると拡大されます)