2017年12月08日

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足201701208

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 レンジ
終盤 レンジ

の流れとなっております

日足では陰線を形成しております

終日揉み合いの展開となりましたが
指摘した抵抗線に対して変化は発生しておりません

今日の雇用統計を前に様子見もあるかと思います

そして、いよいよ今日は雇用統計発表です。
加えて米暫定予算・債務上限引き上げ期限でもあります

このあたりを中心に注目していきたいところです

また、引き続きではありますが
米税制改革法案、ロシアゲート問題は相場を動かす力がありますので
今後もニュースには注目していきましょう

変化の読み方は昨日同様です

下値抵抗線付近で揉み合っておりますが
最初の注目の攻防は日足平均線付近で見ております
このラインを割れると更に下降の期待が増しまして
次の目標値を 1.1700付近で見ております

逆に
上方向への変化の目安として
第一上値抵抗線 1.1850
第二上値抵抗線 1.1880
付近に注目しております

特に1.1880付近を越えてくると上昇圧力の強まりが期待できるポイントとして注目しております

本日はいよいよ雇用統計があります
米国の利上げ問題に影響力の大きい指標です

場合によっては大きく動く可能性もありますので
上記を目安に変化発生に乗り遅れないようにしましょう


以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170701208

(チャートをクリックすると拡大されます)