2017年12月13日

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足201701213

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 下降
終盤 レンジ

の流れとなっております

日足では陰線を形成しております

中盤の下降圧力のより下方向にアタックを仕掛けていたのですが
結局、終盤では戻しの圧力が発生しております

昨日レポートでは下値抵抗線 1.1730付近を指摘しましたように
やはり、この付近の抵抗は強いようです

また、下方向には日足ー1σラインもやや下に位置ておりますので注意が必要です

ただ、日足を見ますと12月のみでは下降トレンドを形成しておりますので
下方向にアタックを仕掛けております
日足ー1σラインを割れるかどうかは今後の下降圧力継続を読み取る上で大事なポイントとなりますので
近々の攻防に注視したいところです

特に今日は深夜にFOMCが開催されます
米国の利上げと今後のペースに注目が集まります

利上げに対して積極的であれば→ドル買い
逆に消極的であれば→ドル売り

が想定の動きとなります

サプライズが大きいほど相場は大きく動きますので注視しましょう



以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20170701213

(チャートをクリックすると拡大されます)