2018年01月19日

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20180119

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 上昇
中盤 上昇
終盤 レンジ

の流れとなっております

日足では陽線を形成しております

先週より強い上昇圧力の発生したユロドルではありますが
今週半ばよりやや戻しの下降が発生したものの
昨日は2営業日ぶりの陽線となりました

昨日の陽線を見ると
まだ上昇圧力は弱まっていない状態が読み取れます

ただ、上値抵抗線の存在もありますので
1時間足を見るとレンジ展開とも見れます

要するに上値抵抗線付近でもみ合っている状況です

今後の見通しとして現在もみ合っているラインの攻防で方向が決まるといっても良いほど
重要な場面とも言えます

注目ラインは
上値抵抗線 1.2320付近
に注目しております

このラインを越えるようであれば
更なる上昇圧力の強まりを読み取れる状況を想定しております

ただ、今のもみ合いが長くなると下降圧力の発生が増してきますので
時間的な問題にも注目したいと思います

下方向での注目は
1.2160ライン付近に注目しております

短期のラインなのでさほど強くはありませんが
このラインを割れてくると日足+1σラインにたいしてアタックを仕掛ける状況を想定しております


とはいえ、日足ー1σラインを割れるまでは
ロング軸で見ておりますし
基本方針は押し目買いを中心に考えております


以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足2018019

(チャートをクリックすると拡大されます)