2018年02月26日

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180226

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 下降
中盤 レンジ
終盤 レンジ

の流れとなっております

日足では陰線を形成しております

先週の動きを見てみますと
木曜日は陽線を形成したものの
金曜日は再度陰線を形成をしております

直近6本の日足ローソク足は下降トレンドを形成しております

ところが、その前の6本のローソク足は陽線優先で上昇トレンドラインを形成しております

つまり、直近12本では行った来たの綺麗に山谷を形成する展開となっております

この山と谷が今後も重要でして

山の頂点は上値抵抗線
谷の底は下値抵抗線

として意識することができます

そういう意味では金曜日は谷の底に近いところでクローズしておりますので
下値抵抗線付近に位置している状態がわかります

この状況での狙い目しては
新規ショートというよりも
小反発ロング狙いを待ちたいところではあります

また、想定した谷を下抜けした場合は変化発生察知しまして
追い込みショートの狙いどころとしても考えております

特に今週は月末月初週に当たりますので
月の調整として大きく動く可能性も秘めております

そういう意味では、小さな波ではなく
大きな変化を狙いたい場面でありますので
大きな波の状態は把握しておくようにしましょう



以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180224

(チャートをクリックすると拡大されます)