2018年04月06日

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180406

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 下降
終盤 下降

の流れとなっております

日足では陰線を形成しております

やはり下方向に向かっていますね
最近のレポートで注目していることは
下方向へのアタックでして
まずは日足ー1σラインブレイクを指摘しました

このラインを割れることで次の目標値である
1.2200ラインに向かうことを想定しておりますが
昨日中盤よりの下降圧力により
このラインに向かいつつあります

今日は1.2200ラインの攻防に注目しておりますが

このラインの攻防はとても重要でして
この付近には何層かの下値抵抗線存在があります

その下の下値抵抗線を 1.2150付近で見ておりますが
このラインは中期レベルでの直近安値となりますので
このラインを割れるには
かなり強い下降圧力の発生が必要と見ております

ゆえに、割れることだけでなくライン付近からの反発も狙い目として見ております

現状では1時間足レベルで下降トレンド中ではありますが
日足ー1σラインを越えることで上昇圧力の弱まりを読み取れると思います

この場合は反発の際のエントリーポイントにもなりますが
逆張りとなりますので確実な損切り設定を入れるようにしましょう



以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180406

(チャートをクリックすると拡大されます)