2018年04月16日

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180416

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 レンジ
終盤 レンジ

の流れとなっております

日足では同値線をを形成しております

週末の時点ではほぼ動かずの展開になっております

しかし、日曜日に大きなニュースが飛び込んできました
米英仏の連合軍がシリアに対して
攻撃を仕掛けましたので
今日の為替のどこまで反応するかです

通常の流れですと
地政学リスクからの円買いに反応しやすいのですが
ロシアの出方にもよると思います

そういう意味では
クロス円に反応が出る可能性が高いでしょうし
ユロドルの値動きも見逃せないところです

今のところはレンジではありますが
上下どちらに振れる可能性もありますので
チャートを注視しましょう

上方向は
日足+1σラインに注目しておりまして
このラインよりも上の範囲では上昇圧力継続で見ております

上昇圧力が継続した際は次の目標値を
1.2450付近で見ております
このラインも重要ですので
場合によってはライン付近からの反落も想定したいと思っているほどのラインです

逆に下方向ですが
1.2300付近にサポートが入っておりますので
このあたりは近々の下値抵抗線とみております

このラインを割れてくると日足ー1σラインに対してアタックを仕掛けやすいと思います

更に下降圧力が強まることで1.2200ラインに対してのアタックを期待しております


以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180415

(チャートをクリックすると拡大されます)