2018年05月11日

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180511

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 上昇
終盤 上昇

の流れとなっております

日足では陽線を形成しております

久しぶりに長い陽線が出ましたね

昨朝の時点ではレポートで解説しましたように
1時間足レベルでレンジ展開にありましたが

指摘しましたレンジ上限の1.1900を越えることで
上方向に延びております

しかし、安定した上昇とはいかずに
上がったり、戻したりの展開となっておりまして
上壁も重たいように思います

今朝の時点はまだ上昇圧力を維持しておりますので
今日はどこまで上昇するのかを見ていきたいところではありますが

まだそこまでは安定した局面ではありません

上方向では次の目標値を日足ー1σラインで見ておりますので
このラインを越えることで、ようやく上昇圧力の強まりを期待できますので
昨日の上昇だけでは油断は禁物です

今の段階では基本方針は
ある程度上昇してからの再下落待ちで見ております
昨日のチャートを見る限りでは
1.1930~1.1950
の間に上壁の層がありそうです

この付近を越えることで
短期の上昇圧力が強まり、日足ー1σラインにたいしてアタックを仕掛けやすくなると思います

このラインを越えると上昇圧力の強まりを期待しておりますが
今の段階ではこのライン付近からの反落狙いの方が先の狙い目と見ております


場合によっては流れが変わるかもしれない大事な場面です
方向転換の際は上記の変化に察知するようにしましょう


以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180511

(チャートをクリックすると拡大されます)