FC2ブログ

2018年06月05日

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
日足20180605

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 上昇
中盤 上昇
終盤 下降

の流れとなっております

日足では陽線を形成しております

中盤までは上昇圧力優勢でありましたが
後半には戻しの作用が働いております

やはり、上方向は重たいようです

金曜日の雇用統計を受けての相場ではありましたが
雇用統計によるドル買いの影響も昨日はほぼ受けていないように思います

ドル円の動きが小さい一方でユロドルが上昇しておりますので
ユーロの買戻しがやや進行したように思います

ただ、昨日の値動きを見る限りでは
ユロドル上昇はまだ波に乗り切れていない状況です

昨日のレポートでは上値抵抗線1.1720を指摘しました
一時的にこのラインを超える場面がありましたが
結果的に戻されておりますので
やはり、このライン付近に上値抵抗線の存在がありそうです

今日もこのラインに注目しております
このラインよりも上の範囲では上昇圧力継続でみておりまして
うまくいくと日足平均線を目指す上昇力となる可能性があります

更に日足平均線を越えることで流れの変化のキッカケになるかもしれませんので
このあたりも注目したいと思います

逆に下方向ですが
昨日は日足ー1σラインで何度か止まっておりますので

現状ではこのラインがサポートになっているようです
ある意味、これもプチ変化として受け止めることができます

今日は日足ー1σラインを下値抵抗線として意識しまして
このラインを割れることで下降圧力の強まりを期待したいと思います


ただ、大きな読みはこれまで通りでして
ある程度上昇してからの再下落待ちに変わりはありません


以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
1時間足20180605

(チャートをクリックすると拡大されます)