FC2ブログ

2018年09月11日

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20180911

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 下降
中盤 上昇
終盤 レンジ

の流れとなっております

日足では陽線を形成しております

昨朝の時点では下方向にアタックを仕掛けていることを解説しました

昨日の最初のポイントは
下値抵抗線である日足平均線でして
前半はこのラインに対してアタックを仕掛けておりました
短期的に割れたものの、結局ラインよりも下をキープできずに
戻しております

結果的に小反発となっておりますが
上昇力もまだ強くはありませんので
今後の方向は定まっていない状況です

指摘した抵抗線がまだ有効ですので
今日も注目したいと思います

このまま上昇力が継続した際は
まずは、日足+1σラインに注目しております
このラインを越えると上昇圧力の強まりが期待できる重要なラインと見ています
上昇力が強まることで
次の抵抗線を
第二上値抵抗線を1.1680
第三上値抵抗線を1.1720
で見ております


ただし、まだ上昇力は不安定ですので、再度下方向にアタックを仕掛ける流れに代わる可能性もあります

その際はこれまでと同様に
日足平均線に注目しております
このラインを割れることで下降圧力の維持を読み取れまして
次の目標値を1.1500付近で見ております

このあたりが近々のポイント値になりやすいでしょう

以上を今日の方向を読み取る目安としてご活用いただけましたら幸いです

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20180911

(チャートをクリックすると拡大されます)