FC2ブログ

2018年12月03日

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20181203

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 レンジ
中盤 下降
終盤 下降

の流れとなっております

先週は水曜日木曜日を陽線を形成しましたが
週末に戻しの展開となりました

そもそもが火曜日までは下降優勢の展開でしたので
ある意味順当な展開とも言えます

日足チャートを見るとよくわかりますが
11月初旬よりもわかりやすいレンジ幅で谷と山を形成しておりますので
このあたりも注目して欲しい場所でもあります

さて、金曜日の下降圧力により日足ー1σラインに到達はしましたが
まだブレイクはしておりません
今日はこのラインの攻防で方向を見定めたいと思っております

このラインを割れることができなければ
反発期待で反発した際は日足+1σライン付近までの上昇を期待しております

逆に日足ー1σラインをブレイクした際は下降圧力の強まりを期待しておりまして
最初の目標を1.1265付近で見ております
このラインをも割れてくると1.1200付近まで下降する可能性もありますので注視しましょう

12月の相場がスタートとして年末の調整で大きく動く可能性もありますので
変化にはいち早く察知するようにしましょう


★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20181203

(チャートをクリックすると拡大されます)