FC2ブログ

2019年01月30日

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足 20190130

(チャートをクリックすると拡大されます)
前日営業日の流れは
1時間足を見ますと

前半 上昇
中盤 下降
終盤 上昇

の流れとなっております

日足では同値線に近い陽線を形成しております

昨日だけを見ますと、ほぼレンジ展開となっております

しかし、月曜日のレポートで指摘しましたように
先週金曜日に反発上昇したことにより
流れが変わっております
今週月曜日火曜日もその流れを継続しておりまして
上方向に向かう圧力が残されております

現状での注目ラインは日足平均線で見ております

月曜日にこのラインを越えることで
上昇圧力継続を読み取ったのですが
昨日はレンジでありながらもこのラインがサポートラインになっております

方向の読み方としては
日足平均線より上の範囲では上昇圧力継続で見ておりまして
次の目標値を日足+1σライン付近で見ております
このラインを越えると更に上昇圧力が増しやすいので重要ラインとして見ております

逆に日足平均線を割れると上昇圧力の弱まりを読み取れますが
即ショートのタイミングとしては材料不足のように思いますが

1.1400ラインを割れてくると1時間足レベルでのレンジブレイクのように思います
その勢いで日足ー1σラインを割れることで下降圧力の強まりを読み取るポイントとして見ております

いよいよ深夜4時にはFOMC・パウエルFRB議長の記者会見を予定しております
相場に動きが出る可能性が高いですので注目しましょう




に特に注目しております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足 20190130

(チャートをクリックすると拡大されます)