FC2ブログ

夕方からの展望12/4

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
こんにちはイサムです
今日のこれからの展望を見てましょう

今日のUSD/JPYは数値の上ではやや円高に進んでおります。
今朝のブログでも申し上げましたが、読者の皆様には是非認識をして頂きたいことがございます。

これからの展開を
テクニカル的に見てみましょう
【日足】
日足H20.12.4夕


相変わらずボリジャーバンドのー2σに位置しておりますので、
昨日までは反発しやすい状況と申し上げてきましたが、若干見方が変ってきました。
「数値は変らないのになぜ?」
とお思いの方も多いと思いますが、それには理由が有ります。
まず、第一に同時線が続いている事によりエネルギーを溜め込んでしまっているということです。
これは、どちらかに行くためというよりは、どちらにも行く可能性のあるエネルギーでゴムを引っ張っているような感じです。
今がどの程度かとお申しますと、さほど大きな助走はつけておりませんが、懸念は必要です
もう一つはボリジャーバンドです。
バンドが広がってきております、このような場合は下降トレンドが形成される事が有ります。
その際はー2σに添ってさがっていくのが特徴的です。
今日明日でどこまで下げるかと、どのような下ヒゲを付けるかに注目したいと思います。


【2時間足】
2H12.4夕

2時間足は規則的な動きを見せてますね。
今朝も申し上げましたが、バンドが狭い状態ですので、-2σ~+2σでの動きが続いており、現在もその最中に有ります
これからもその見方は変りませんが、
参考レートとして、
抵抗線は上値93.60、下値92.69
ですので、この間での値動きをしやすいと思います。
振り切った際のバンドに注視しましょう。 

RSIも43.99でほぼ中間値に近いです。レンジ相場の中では50を境に上下しやすくなります。

MACDからは方向性が見れませんので、シグナルとの角度差をどこでつけるか注視しましょう

以上
現在のレートは日足から見ると反発しやすい状況と考えられますが、
このまま新たな下降トレンドを形成する事も否定できません。
下降トレンドになる可能性は30%位ではないでしょうか
慎重な方でしたら、しっかりとした方向が見えてからのポジションで宜しいでしょうし、
既にロングを取っている方はロスカットが必要でしょう。
ショートを取っている方は勝負師のような気がします。

予想と反対方向に動いた際に痛手を負わない為にもロスカットを必ず設定しましょう


参考になった方は下の3つのアイコンをクリック応援お願いします(皆様のクリック応援が私の励みになります)
にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ
ブログランキング
人気ブログランキング


無料で読めるFX情報はこちら↓
FX ポータル
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する