今日のポンド円1/12

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
こんにちはイサムです
いつもご愛読ありがとうございます

主要3通貨は相変わらず、弱含んでおります。
連日下げておりますと、「次は反転か!」なんて考える方も多いですね
昨日は下げたから今日は上がるというような容易な考えはとても危険です
それは私が初心者頃にそうだったから言えるわけです

きちんと勉強して相場観を身に付けましょう

論より証拠で、ポンド円においては私が土曜日にブログに書いたとおりの展開です。
「135円までは簡単に下げるでしょう」と申し上げましたが、そのとおりです。
下げただけではなく、数値まで当てることは根拠がなければできないと思います。

しかし、私は難しい勉強をしたわけではなく特殊な手法を使っているわけではありません。

ただ毎日鍛練を積んでいるわけです。

1日10分程度の分析でこのような解釈ができてしまいます。

その便利なツールとして※【FXシート】を試行錯誤で作成致しました。

研修生にプレゼントしております

ご提供期間を延長させていただきましたので、まだの方はお早めにどうぞ


【ドル円】
ここまでのUSD/JPY(米ドル/円)は
最安値90.20
最高値90.00
でここまできております

米ドルはここまでほぼ動いておりません
今の段階では何とも言えませんが、上に行くか下に行くか悩んでいるでしょう

-1σ値の89円50銭あたりから動きに注目しましょう

【ポンド円】
ここまでのポンド/円は
最安値134.32
最高値136.21

これからの展開を
テクニカル的に見てみましょう
MACDの見方はこちらをどうぞ

【日足】
ポンド日足1.12

日足は今日の昼間の動きでボリバンの平均線を下に割り込みました。
「やっぱり」という展開です
これは土曜日のブログで申し上げた通りの展開です
米ドルとユーロが既に日足チャートで平均線を割り込んでおりましたので、ポンドも追随することが予測出来ておりました。
しかも日中は135円半ばでの攻防があったこともご確認いただけるかと思いますし、
割り込んでから円高に加速していることもご確認いただけるかと思います。

これからの展開は平均線を割り込んだことによりー1σから平均線での値動きをしやすくなると思います。

そうなりますと、もう一段下がる可能性が浮上してきます。

【2時間足】
ポンド2H1.12

2時間足チャートではー2σに沿ってローソク足が立ってます
いわゆる「下降トレンド」の最中です。
現段階では上昇する様子は見られません。

もう一段下げる可能性が高くなります。

下に長いヒゲを付けてきたらそこがサポートラインになり易いと判断できます。

以上
ポンドは平均線を割り込んだことにより円高への力に加速が掛っております。
短時間ベースでは下降トレンド最中ですので、まだ下がる可能性は否定できません

まずはどこでサポートが入るか見極める必要があるでしょう。

日足から見ると、まずはー1σ値132円後半で一度サポートが入り易い予測できます。

上値抵抗値:135円半ば
下値抵抗値:132円後半

この数値は【FXシート】にご記入ください。
慣れてくるとご自分でこの数値が出せるようになります

と考えております。
どちらかを振り切った方に加速しやすいと思います。

1日1回のクリック応援をお願いします(下の3つのアイコンをクリックしてください)
にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ
ブログランキング
人気ブログランキング


この記事へのコメント
こんばんは。
反転のポイントを探っていますが今日は無さそうですね。
ドル円が再び80円台突入で下値模索を続けていて、
この波で前回の87円を目指しちゃうんでしょうか(汗
応援~
2009/01/12(月) 20:40 | URL | sktm #-[ 編集]
流れは予想通りですね。
v-286
2009/01/12(月) 21:14 | URL | masaru #-[ 編集]
一度ついた勢いはなかなかとまらないということですね~
一度不景気に入ると日本政府が言うように
V字回復もないと思うのだが・・・
ぽちっと。。
2009/01/12(月) 22:16 | URL | heavenSmile #-[ 編集]
こんばんは!
下げてきましたね~。
応援ポチ
2009/01/12(月) 23:01 | URL | ひでたろう #-[ 編集]
こんばんわ。
難しい相場ですね。
明日からはこれに加えて、各種経済指標が出てくるわけですよね。
荒れそうですね。
頑張っていきましょう!!
応援PP
2009/01/13(火) 01:41 | URL | 窓際サラリーマン #-[ 編集]
訪問&コメントありがとうございます。
労働基準法が守られていないのは、論外です。法的処置を行えば、負けるのは企業側です。なぜサービス残業をしなければならないのかを考える必要があります。
経営者側の圧力なら考え直さなければならないのですが、この背景には、人員不足があげられると思います。沢山の人でワークシェアを行えば一人当たりの負荷も減るはずです。
業界全体が変わったとしても値下げ値下げでデフレ圧力が強い中、どうやって雇用者の賃金を捻出するか企業努力ではどうにもならないところもあると思います。
悪者探しではなく、問題探しを行い改善していくしかないのではないでしょうか。
http://ecostock.seesaa.net/
2009/01/13(火) 04:13 | URL | ケイ #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する