テクニカルチャートの設定方法

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
いつもご愛読ありがとう御座います

イサムのブログを読むに当たって必要不可欠なのが
【テクニカルチャート】です

特にボリンジャーバンドの表示が欠かせません

よくこのような質問を受けます

「私の見ているチャートと違うんですが・・・」
「ボリンジャーバンドの位置が違います・・・」
「ボリンジャーバンドの線が3本しかありません・・・」

のご質問が一番多いですね

なぜかと言うと、
「チャートは業者のよって違うのです」

また、「設定」あります

今日は難しい事を抜きにして
イサムと同じチャートにする設定方法を説明します

まずは、業者選びです

チャートは業者によって違います。
一番困るのは「ボリンジャーバンドが3本しかないこと」です

私のバンドは5本あります

このバンドが5本あるチャートを使っている業者さんが少ないのです

私が使っていて使いやすいのは

【ヒロセ通商】さんの「LION FX」のチャートです

以前は違う業者のを使っておりましたが、

検証の結果こちらの方が使いやすいので乗り換えました

私のブログを参考になされている方はまずは同じチャートをご用意下さい

↓お申し込みはこちら


【ヒロセ通商】はすぐに口座開設が出来ます


★★★★★★★★★★★★
チャートのご準備が出来ましたら
次に「設定に入ります」

①まずは「ログイン」をして、最初の画面を開いて下さい

②チャートをクリックして下さい(下図参照)
チャート設定-5

③左サイドバーの「テクニカル設定をおこないます」をクリックして下さい
チャート設定1

④テクニカル編集の画面が出てきます
ボリンジャーバンドにチェックを入れて下さい(下図参照)
チャート設定2

⑤ボリンジャーバンドの設定値入力画面が出てきます
下図のように設定を変更して下さい
その後「適用」をクリックして下さい
※必要であれば、バンドの色もここで設定できます
3-1.jpg

⑥チャートのカラー設定を行います
下図のように「全体設定」をクリックします
その後、四角のカラーとをクリックすると色の変更ができますので
図の通りにしてください
右のチェックも同様にしてください
その後「適用」をクリックします
チャート設定-6

チャート設定-7-2



⑦下図のようにチャートにバンドが現れます
後は私のブログの解説のようにボリンジャーバンドの平均線、±2σ、±1σから「節目を読み取ります」
米ドル日足5.04

==============
ここからはおまけです
⑧RSIの設定方法
図のように「RSI」をチェックして、設定を致します
RSI.jpg
チェックしたら「適用」を押してくださいね

⑨MACDの設定方法
図のように「MACD」をチェックして、設定を致します
MACD2

チェックしたら「適用」を押してくださいね

これで完璧に私のブログと同じチャート設定が出来ますよ(^^)v
★★★★★★★★★★★★
【ヒロセ通商】さんはチャートも使いやすいですが

取引もしやすいです

なんといってもありがたいのは

1000通貨から取引可能で

千円から売買できます

私のブログをお読みの方は必須業者として契約しましょう

お申し込みはこちら(即開設できますよ)


「初心者」の間は買い増しをせずに1000通貨から取引される事を強く推奨します
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する