今日のポンド円2/6

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
1日1回のクリック応援をお願いします(下の3つのアイコンをクリックしてください)
にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ
ブログランキング
人気ブログランキング


こんにちはイサムです
いつもご愛読ありがとうございます

今日も出張中なのでいつもと違い不規則で申し訳御座いません

簡略では御座いますが、分析させて頂きます

主要3通貨は日中はやや円安に進んでおります。

米ドル、ポンドにおいては、これまでの課題であった平均線を越えたことにより
今度はこの平均線がサポートラインとして存在するかどうかが次なる課題であると言うことを
朝のブログでも申し上げました。

米ドルにおいては本日の動きを見ていると、朝と夕方に90.70台まで落ち込むものの、そこからもどしておりますので、まずまずかなという印象です。

しかし、今朝のブログでも申し上げたとおりに、
2時間足は「上昇トレンドの形ではない」のと「長い上ヒゲをつけている」とことから、まだ様子見が必要であるという見方は変りません。

ポンドにしても同じ事がいえるのですが、
この記事を書いていると

「そこまで確認する必要があるのですか?」と聞かれます

あるからこだわるのです。

ここで焦っても良い結果は出ませんし、結果プラスになったとしても次で失敗するでしょう。

もし、現在は相当強い上向きの力を持って乗り越えたのであれば、
日足は上昇トレンドに乗るでしょうから、これからいくらでもチャンスは有ります

「今が底かもしれない」という欲から慌てて「ロング」を取ってしまうのです。

まずは分析をする必要が有ります。無理にポジションを取る必要はありません

現在は私の提唱している「転換値」を乗り越えるかどうかの瀬戸際です

投資をする上で、最安値で買う必要もないし、最高値で売る必要もありません

それに越したことはありませんが、天と地でポジションを取るというのはリスクが高すぎます。

抵抗線を破ったのを確認してからのポジションであれば、リスクがかなり低くなりますし、その方が損切り設定がしやすくなります

ですから、チャートから【抵抗値】【転換値】を算出することはとても有効な方法となります

何度も言いますが、根拠のない値頃感は大損を招く原因となりかねません

どんな相場であっても、「上に行く可能性」、「下に行く可能性」、「どこで抵抗を受けているのか」、「ここまで逆に動いたら考えを変える」
のポイントを予測することができます。
逆にこれができない方は適切な損切りをできない結果となりかねません

これを身につけるには自分自身で鍛錬することが大事です。

研修生の皆様には「イサムのFX鍛練シート」というツールを利用して毎日鍛練していただいております。

欲しい方は ueg72297@biglobe.ne.jp までご連絡をください



今日の米ドル市況はこちら

ポンド円】
★★★まずはチェックしましょう★★★
ポンド重要情報ランキング

ここまでのポンド/円は
最安値 132.48
最高値 134.88
でここまできております

これからの展開を
テクニカル的に見てみましょう
MACDの見方はこちらをどうぞ

【日足】
ポンド日足2.6

日足ではボリバンの平均線~+1σの間で値動きしております
見解は米ドルと同様ですが、
本当に平均線をクリアできたかどうかの見極めが必要でしょう

ここでサポートをされれば、上昇トレンドに乗り可能性も出てきますので見極めが必要でしょう。

日足からは、平均線を乗り越えた次に+1σで抵抗を受けているのがよくわかります。

ここを簡単にクリアできるくらいでないとトレンドには及びません

一応現在の抵抗値は
上値抵抗値 135.65
下値抵抗値 130.65
としてこの間値動きをしやすいでしょうし、抜けた方に加速しやすいと思います

【FXシート】にはこの抵抗値をご記入ください

【2時間足】
ポンド2時間足2.6

2時間足は米ドルを同じですが、強い上昇力を感じません

長い上ヒゲローソク足がとても気になります

現在は+1σでサポートされておりますので、下値も重たいようですが、
短時間で平均線を割れば、下向きも考える必要があるでしょう。

第一下値抵抗値 132.74
第二下値抵抗値 130.70

第二を割り込んだら下値に向かいやすいでしょう。
この記事へのコメント
こんばんは
出張大変ですね。
お気を付けて!
応援ポチ
2009/02/06(金) 21:44 | URL | ひでたろう #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する