FC2ブログ

今日の★米ドル円★2/12

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
1日1回のクリック応援をお願いします(下の3つのアイコンをクリックしてください)
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村
ブログランキング
人気ブログランキング


おはようございます

先週の主要3通貨は結果から見ると、米ドル、ユーロは行った来たでした。ポンドはやや円高に進みました。

読者の皆様は昨日の相場展開をご覧になって何か重要なものを感じましたでしょうか?

感じている方は多いと思いますし、勉強をすれば感じるようになります

私が昨日の夕方のブログで申し上げた展開になっております

昨日の夕方までは円高一方向の値動きでした。

慌てて「ショート」を取った方も多かったと思います

しかし、深夜から円高方向の加速が一気に減速して、やや戻しに入りました。

これには理由があります

それは私が常々申し上げている「下値抵抗値」でサポートされたからです。

私は昨日のブログでも「慌ててショートを取らないように」と申し上げました。

理由は簡単でサポートを受けているので、ショートを取る理由がないからです。
サポートラインのブレイクを確認してから取らないと意味のないリスクを背負う形になってしまいます。

ですから、昨日は変動幅が少ないながらも「まだサポートを受けているという」大事な事を確認する事ができました。

私は常々「変動幅で判断しない事」と申し上げております

5円動いても想定内の動きであれば問題ありませんし、1円の変動でも【転換値】をブレイクすれば考えを変える必要があります

このように、節目がわかっていると、相場の流れの「理由」が分析できます。

意識せずにトレードをしておりますと、レンジならいいですが、トレンドになった時に対応できなくなり大損を招く結果になります。
そのようなトレードをしておりますと、9勝1敗でも損益となります。

だから、勉強が必要なのです。

上値に対しても、下値に対しても「抵抗値」「転換値」を定めておく事により

トレード力が格段に上がります。

上に向かおうが、下に向かおうが想定内であれば慌てることは一切ありません

これを無視すると、常に値頃感でのトレードをしてしまい、「買ったら下がり」、「売ったら上がる」という逆タイミングポジションをとってしまいます。

人は神様ではありませんから、パーフェクトな予測はできません。
大事なのは「どこまで自分の予測と反対に行った時に、それを認めるか」です

いつまでも自分の値頃感予測にこだわると、損切りが出来ずに、甚大な損益を抱え、切るに切れない状況の陥ります。

ですから、私は「転換値」として必ず自分の考えを転換させるポイントを設定しております。

それは損失は最小に抑える技と言えるでしょう

その転換値は自分自身の経験がものを言いますし、長くしていれば勝手に身につくものでもありません。

意識して、鍛練することにより身に付くものでしょう。

私は初心者の方でも身につけられやすいように「FX鍛練シート」を作成しました。

欲しい方はメール下さいね
さて、早速今日の解析をしてみましょう

今朝のFX為替レート(8時位)は   ()カッコ内は前日同時刻レート

USD(米ドル)/JPY  90.32(90.33)
前日 始値 90.49
   終値 90.42
    高値 90.74   
    安値 89.69

EUR(ユーロ)/JPY 116.33(116.62)

GBP(ポンド)/JPY  129.69(131.33)

NZD(ニュージーランドドル)/JPY  47.40(47.23)

EUR/USD 1.2880(1.2904)

市場情報()内は価格
日経平均終値前日比  休場 JPY 

NYダウ平均終値前日比 +50.65(7939) USD

※「FXシート」をお持ちの方は上記の数値は必ずご記入下さい。
あとはご自分の取引通貨の前日の高値安値もご記入下さい。



【今日の経済指標】
指標2.12

★★★テクニカル検証★★★
MACDの見方はこちらをどうぞ

【日足】
日足2.12

●ボリバンでは昨日と同様に平均線付近で値動きをしております

昨日は一時的には下値抵抗値である平均線を下回るも、戻しましたので、下ヒゲをつける形となりました。
昨日の動きから確認できた事は「まだサポートを受けている」という事です

何度も申し上げますが、慌てて「ショート」をとらない事です。
値頃感でトレードをしておりますと、先月の相場と比較すれば現在は円安にありますので、戻し売りを考えがちですが、方針としては悪くないのですが、「タイミング」が悪いのです。

今のタイミングは結果はどうなるかわかりませんが「ロング」でしょう

これがサポートをブレイクすれば「ショート」でしょう

どちらのポジションをとるにしても「損切り設定」をしっかりする事です。
抵抗値+αくらいの設定をすればリスクがかなり軽減できます。

【抵抗値】【転換値】はタイミングを計るには必要不可欠ですので、勉強して算出できるようになりましょう。

転換値は
上値抵抗値 91.00
下値抵抗値 89.90

バンドが狭くなってきておりますので、小幅になりやすいでしょう

【FXシート】には、このポイント値を記入してください


●RSIは61.45でほぼ中間値です

●MACDよりシグナルが上向き角度をつけておりますので、下方圧力が強いように見えます
★★★★★★
今日の為替情報→人気ブログランキングへ
★★★★★★

【2時間足】
2時間足2.12

●ボリジャーバンドでは-1σ~平均線付近での値動きをしております。
短時間では一昨日のブログでの解説の通り、平均線を割り込んだことにより、円高方向に加速が掛かりました。
昨日の流れの中で、-2σで底を突き-1σをクリアしたとこで現在は安定しておりますが、
ここで読み取るべき事は
「平均線での抵抗」です
チャートを見ると平均線で綺麗に抵抗を受けている事がわかります

ここをクリアしない限りは「下降する力が強い」と見ます

ここで再度-1σを割り込むようでしたら-2σを目指しやすいと考えます

丁度、-1σと-2σの間に日足平均線ラインが存在しておりますので、ここでサポートが入るかどうかがポイントです
具体的に言うと、ここでローソクが下ヒゲを付けるかどうかを見る必要があるでしょう

逆に平均線をクリアすれば上向きに加速が掛かると思います

短時間ベースでの抵抗値は
上値抵抗値 90.62
第一下値抵抗値 90.10
第二下値抵抗値 89.60

あたりが目安なると思います。


【FXシート】には、このポイント値を記入してください

●RSIは50.00で中間値です

●MACDはシグナルと平行ですので、角度をつけたほうにプチトレンドを形成しやすいと思います

また夕方にポンドを述べて行きます

★★★★★★
イサムから研修生へ
慣れるまでは小額取引をお勧め致します
例えばポンド円でしたら変動率が大きいので1000通貨でも十分利益が得られます。
ヒロセ通商でしたら、1万円からお取引が可能です。
口座開設はこちら

この記事へのコメント
こんにちは。
ドル円は随分とゆっくり下げていますね。こういう下げ方が一番厄介に
感じます。ロンドン時間で流れが変わるのを祈りつつ・・・・。
応援~
2009/02/12(木) 14:45 | URL | sktm #-[ 編集]
今回は反応するのはブレイクアウトしてからでも間に合いそうですね。
応援ぽち!
2009/02/12(木) 18:26 | URL | だいぱぱ #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する