FC2ブログ

今日のポンド円2/12

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
1日1回のクリック応援をお願いします(下の3つのアイコンをクリックしてください)
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村
ブログランキング
人気ブログランキング


こんにちはイサムです
いつもご愛読ありがとうございます

主要3通貨は日中は円高に進んでおります。

連日で軟調です。

昨日は夕方以降のNY時間に値を戻し行った来たの状態でした。
これは朝のブログでも申し上げましたが

「下値抵抗値」によりサポートを受けていたからです

今日の米ドルを見ても、必至に耐えていることがよくわかります。

90円を割りそうですが、ナカナカ割り込まないのがその状況です。

しかし、ポンドは残念ながら割り込んでしまいました。

今日の終値まではわかりませんが、終値の状態で米ドルと共に平均線を割り込めば、

「ショート」に考えを転換させる必要があるでしょう。

ここが【転換値】の大事なところです。

いつまでも一方向にとらわれていてはいけません。

相場は動いておりますので、それを読むトレーダーは常に柔軟でないといけないわけです。

ですから、自分の考えと反対に動けば、躊躇わずに「損切り」をします。

この損切り点=転換値となるのです。

さて、これからの方針ですが今の段階では「様子見」です

繰り返し言いますが、慌てて「ショート」を取らない方がいいです。

ユーロ、ポンドは下回っておりますが、米ドルがまだ踏ん張っております。

完璧に下値を目指すのであれば、値幅を持つでしょうから、今慌てる必要はありません。

ここの確認は一度上値を目指したときに、平均線が「上値抵抗値」として存在することを確認した方が確実でしょう

それが、節目をクリアできたかどうかの確認になります

このように相場には必ず節目節目があります。

そして、ポジションをとったのであれば「損切り値」を設定する必要があるし、
その設定値は逆に抵抗値付近にすれば、リスクが軽減されます

チャートから抵抗線を算出することができます。

投資をする上で、最安値で買う必要もないし、最高値で売る必要もありません

それに越したことはありませんが、天と地でポジションを取るというのはリスクが高すぎます。

抵抗線を破ったのを確認してからのポジションであれば、リスクがかなり低くなりますし、その方が損切り設定がしやすくなります

ですから、チャートから【抵抗値】【転換値】を算出することはとても有効な方法となります

何度も言いますが、根拠のない値頃感は大損を招く原因となりかねません

どんな相場であっても、「上に行く可能性」、「下に行く可能性」、「どこで抵抗を受けているのか」、「ここまで逆に動いたら考えを変える」
のポイントを予測することができます。
逆にこれができない方は適切な損切りをできない結果となりかねません

これを身につけるには自分自身で鍛錬することが大事です。

研修生の皆様には「イサムのFX鍛練シート」というツールを利用して毎日鍛練していただいております。

欲しい方は ueg72297@biglobe.ne.jp までご連絡をください
ポンド円】

★★★重要事項をチェックしましょう★★★
ポンド重要情報ランキング

これからの展開を
テクニカル的に見てみましょう
MACDの見方はこちらをどうぞ

【日足】
ポンド日足2.12


ボリバンでは平均線を下回ってしまいました。

ポンドのみを見れば、下値に加速がかかり易いように見えますが、大事な米ドルが踏ん張っておりますので、まだ確定はできません。

ボリバンの広がりを見る限りでは、極端な円高に進むようには見えませんので、一度落ち着くのではないかともいます。

現時点では、グングン下に向かっておりますが、終値の時点ではわかりません。
ここよりさらに下値での終値であれば、下値方向への加速の強さを表すでしょうし、
逆に昨日のように戻せば、下ヒゲとなりますので

まだ確定出来る状態ではありませんので。

ショートの追い売りはあまりお勧めできません

転換値としては

上値抵抗値 130.00
下値抵抗値 125.78

上値抵抗値をあっさりと乗り越えれば、まだ下向きとは言えないでしょう

【FXシート】にはこの抵抗値をご記入ください

【2時間足】
ポンド2H2.12

2時間足からは下降の強さを感じますが、下からの圧力を受けていたことも感じます。
まだー2σに沿った下降ではありませんので、トレンドに乗った状態ではありません。

しかし、日中は-1σでサポートを受けていましたが、夕方にブレイクすると一気に下がったのが長い陰線からわかります。

まずはー2σまでは下がり易いので、その後ー1σまで戻すのか、-2σの沿ってプチ下降トレンドを形成するのかを見極めましょう。

ここから先はー1σを上回る力があれば、上向きも期待できますが、
逆に‐1σで抵抗を受ければ、さらに下落する可能性が高くなると思いますのでー1σ付近の値動きに注目しましょう

短時間ベースでの抵抗値は
上値抵抗値 128.80
下値抵抗値 126.80

この数値は【FXシート】にご記入ください。
慣れてくるとご自分でこの数値が出せるようになります

★★★★★★
イサムから研修生へ
慣れるまでは小額取引をお勧め致します
例えばポンド円でしたら変動率が大きいので1000通貨でも十分利益が得られます。
ヒロセ通商でしたら、1万円からお取引が可能です。
口座開設はこちら

この記事へのコメント
イサムさん、こんばんは^^
予想通り90円レベルで粘ってますね!
ぽちっとな♪
2009/02/12(木) 20:18 | URL | 魚屋 #-[ 編集]
こんばんは!
突っ込み売りは避けたいですね。
応援ポチ
2009/02/12(木) 20:37 | URL | ひでたろう #-[ 編集]
ドル円しぶといですね。
v-286
2009/02/13(金) 08:27 | URL | masaru #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する