今日の★米ドル円★2/18

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
1日1回のクリック応援をお願いします(下の3つのアイコンをクリックしてください)
人気ブログランキング
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村
ブログランキング

おはようございます

昨日の主要3通貨は米ドルは円安方向、ユーロは円高方向、ポンドは行った来た
とバラバラの展開となりました

これは昨日のブログで申し上げましたように、米ドルVSユーロ という展開になっております。

これは、ただ単に米ドルが強くなり、ユーロが弱くなったという状況ではないでしょう。

下にユーロドルのチャートを掲載しますが、昨日はー2σから大きくはみ出しておりますので、行きすぎと判断できます。
ユロ米ドル2.18

このような時はレートは判断しない方が良いと思います。

例えば、お互いが平均線より上値であったり、下値圏内であったりであれば、気にする必要はないでしょう。

しかし、米ドルが高値圏内でユーロが下値圏内で逆に勢いを受けようとしているので注意が必要なわけです。

ずっとこの状態が続くとは思いません。

近々どちらかが大きく動く気配を意味と思います。

これが勉強して節目である【転換値】をわかってる者といない者との違いだと思います。

単体で見れば、それぞれ方向を持っているように見えますが、どちらも成立するというとは考えにくいですからお互いの【転換値】周辺での動きに注目しましょう

このように、節目がわかっていると、相場の流れの「理由」が分析できます。

意識せずにトレードをしておりますと、レンジならいいですが、トレンドになった時に対応できなくなり大損を招く結果になります。
そのようなトレードをしておりますと、9勝1敗でも損益となります。

だから、勉強が必要なのです。

上値に対しても、下値に対しても「抵抗値」「転換値」を定めておく事により

トレード力が格段に上がります。

上に向かおうが、下に向かおうが想定内であれば慌てることは一切ありません

これを無視すると、常に値頃感でのトレードをしてしまい、「買ったら下がり」、「売ったら上がる」という逆タイミングポジションをとってしまいます。

人は神様ではありませんから、パーフェクトな予測はできません。
大事なのは「どこまで自分の予測と反対に行った時に、それを認めるか」です

いつまでも自分の値頃感予測にこだわると、損切りが出来ずに、甚大な損益を抱え、切るに切れない状況の陥ります。

ですから、私は「転換値」として必ず自分の考えを転換させるポイントを設定しております。

それは損失は最小に抑える技と言えるでしょう

その転換値は自分自身の経験がものを言いますし、長くしていれば勝手に身につくものでもありません。

意識して、鍛練することにより身に付くものでしょう。

私は初心者の方でも身につけられやすいように「FX鍛練シート」を作成しました。

欲しい方はメール下さいね

さて、早速今日の解析をしてみましょう
今朝のFX為替レート(8時位)は   ()カッコ内は前日同時刻レート

USD(米ドル)/JPY  92.33(91.68)
前日 始値 91.72
   終値 92.40
    高値 92.75   
    安値 91.57

EUR(ユーロ)/JPY 116.08(117.23)

GBP(ポンド)/JPY  131.34(130.88)

NZD(ニュージーランドドル)/JPY  46.75(47.14)

EUR/USD 1.2573(1.2787)

市場情報()内は価格
日経平均終値前日比   -104.66(7645)JPY 

NYダウ平均終値前日比  -297.81(7552) USD

※「FXシート」をお持ちの方は上記の数値は必ずご記入下さい。
あとはご自分の取引通貨の前日の高値安値もご記入下さい。



【今日の経済指標】
指標2.18

★★★テクニカル検証★★★
MACDの見方はこちらをどうぞ

【日足】
米ドル日足2.18

●ボリバンでは+2σ付近に位置しております
主要通貨の値動きを見ますと、米ドルの一人勝ちのような状況です。
米ドル単体で見れば、非常に力強いものを感じます。
しかし、そう簡単にいかないのはユーロの存在です。
なぜここまで、正反対の動きをするのかはわかりません。

というより、米ドルが強すぎる気もします。
昨日はNYダウが300ドルも下げたにも関わらず、米ドルは上昇しております。
これは米ドルが強いというよりもユーロが弱いのではないでしょうか
オセアニアも弱含んでおりますので、そのあたりから、ユーロを売って米ドルを買うという動きがあるように見えます。

という観点から、私が数日間言い続けている「米ドルVSユーロ」が目立ってきたと状態です。

このまま安定することはないでしょうから、どちらかが大幅に動くことが予測されます。

米ドルは+2σですから、居心地の悪い場所に位置しております。

ここで抵抗を受けて下に行くか、更に値幅を持って上昇するかのどちらかだと思います

このまま上昇トレンドを形成するにはユーロが転換値をクリアすることが条件になるでしょうから

今日もそのあたりに着目した方がいいと思います

転換値は
第一下値抵抗値 91.07
第二下値抵抗値 90.10

第一抵抗値でサポートを受けている間は上向きが強いと判断できます

【FXシート】には、このポイント値を記入してください


●RSIは67.49でやや買われてます

●MACDはシグナルと上向き平行ですので、まだ上昇力は残っているようです
★★★★★★
私の参考ブログランキングへ
★★★★★★

【2時間足】
米ドル2時間2.18

●ボリジャーバンドでは+1σ~+2σの間で値動きをしております

昨日の夜から上昇しましたが、ローソクを見るとあまり綺麗な配置ではありません。
つまり安定した上昇をしていないということです。

しかも、長い上ヒゲを出しておりますので、上値に抵抗を受けていることもわかります

つまり、ここから「ロング」というのはお勧めできません

例えば、先上ヒゲを大きく上回るのであれば、上昇の可能性も発生しますが、今の段階ではそこまでは読み取れません

これはキチンとチャートを見ている人でないと判断できません。
日々の鍛錬の成果と言えます。

節目での判断はとても状況です。

これを誤ると、買った途端に下がったり、売った途端に上がったりと的を得ないことをしてしまいます

この重要ポイントが身についていない方は【FXシート】で鍛錬してください

短時間ベースでの抵抗値は
上値抵抗値 92.70
下値抵抗値 92.00

【FXシート】には、このポイント値を記入してください

●RSIは60.24でほぼ中間値です

●MACDはシグナルと平行ですので、角度を付けた方に勢いが付くでしょう

また夕方にポンドを述べて行きます

★★★★★★
イサムから研修生へ
慣れるまでは小額取引をお勧め致します
例えばポンド円でしたら変動率が大きいので1000通貨でも十分利益が得られます。
ヒロセ通商でしたら、1万円からお取引が可能です。
口座開設はこちら

この記事へのコメント
頑張って下さい!!
応援、ポチ、ポチ。
また来ますね!!!
2009/02/18(水) 08:48 | URL | 元塾講師中里によるアフィリで楽しく毎日が給料日 #-[ 編集]
大変参考になります。
4つともポチっと応援完了です!
2009/02/18(水) 10:23 | URL | ai #-[ 編集]
こんにちは。
まだ様子見が良さそうな状況ですね。
今晩は方向性ガ見えてくることを願っています。
応援~
2009/02/18(水) 15:41 | URL | sktm #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する