初級講座:質問編

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
こんにちはイサムです

今日はこんな質問を戴きました。

【米ドルはこのあと下がるでしょうか?
ここ数日でドルが109円台まで上がっていますが、近々また下がると思いますか?
107円前半で売りから入っているポジションがあるので、
このまま上がり続けるのではないかとちょっと心配なのです。
(心配するくらいなら為替をやるな、という感じですが…)】

恐れながら回答させていただきます

質問者様は107円で「売り」注文をだされていらっしゃるのですね。

投資スタイルはどんなスタイルでしょうか?

短期ですか?

中期ですか?

長期ですか?

中期、長期投資の場合は通常は「売り」はいたしません。

なぜならスワップポイントのロスが発生するからです。

恐らく短期だと思いますが

FXはご存知の通り上がるか下がるかですので

短期で見た場合は上の壁と下の壁をかなり意識する必要があります

ここ2週間のお話をしますと、2週間前は105-107のレンジで動いてました。

108円に大きな壁があったからです。

先週はこの壁と突破し108円に乗せました。

108円に乗せてからは、米の指標が多少悪く、NYダウが下がっても米ドルは持ちこたえました。

テクニカル的に上の壁を乗り越えると今度はそこが下の壁になることがあります。

つまり現在は108円が下の壁といえ上の壁は110円と判断します

ですから、想定レンジから外れている107円での売りというのはあまり長く持ち続けることはお勧めできません。

昨晩は109円後半まで上がりましたので、一度は下げてくると思いますが

多少は損をしても108円前半くらいでロスカットをしたほうが良いのではないかと思います。

短期でする場合はロスカットはキチンと定める事をお勧め致します

107円台で「売り」注文をして、109円後半になってもロスカットにならないというのは非常に危険な投資方法です。

上がるか下がるかの世界です

五分五分でもプラスになる投資をお勧めします

利大損小が基本ではないでしょうか


参考になった方はポチっと応援お願いします(アイコンをクリックしてくださいね)
にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ
ブログランキング
人気ブログランキング


この記事へのコメント
EURUSDの動向も併せてチェックしておくと、なお説得力が上がりますよね。
2008/08/07(木) 16:22 | URL | のるげばんく #E6kBkVdo[ 編集]
はじめまして。
“負け犬サラリーマンの勝也のFXトレード”というブログを書いている勝也といいます。
もしよかったら相互リンクをお願いできないかと思い、ご連絡させて頂きました。
リンクは設置済みですのでご確認下さい。

http://katuyafx.blog39.fc2.com/
■ブログ名
負け犬サラリーマンの勝也のFXトレード
■URL
http://katuyafx.blog39.fc2.com/
■紹介文
~ギリギリ10万円から始める貧乏サラリーマンのFX日記~
よろしかったら相互リンク、ご検討下さい。
2008/08/07(木) 16:48 | URL | 勝也 #-[ 編集]
中期でも、売りは。。。いいかと
ストップを入れるのは大切ですね♪
2008/08/07(木) 20:48 | URL | 美夕 #-[ 編集]
美夕さん
コメントありがとうございます
確かに中期でも「売り」は有りですよね
しかし、強い精神力が必要だと思います。
今年は特に93円という大記録の年でしたから、107円というとさほど低い気はしませんが、通年で107円というのは十分円高の数値と捉えております。
この状態でプラスを取ろうと思うといつ巡ってくるかの目処が立てにくいと思います
いずれにしてもロスカットは定めましょうね
たくさんの色々なコメントお待ちしてます
2008/08/07(木) 22:02 | URL | 宗風 #-[ 編集]
損小利大!これに尽きますね。
ポチ!!!
2008/08/07(木) 22:24 | URL | いぬーぴー #/.OuxNPQ[ 編集]
こんばんわ~。窓際です。
売りのマイナススワップは、本当に効きますよね。
金銭的にはもちろんですが、持っているだけで
損しているという、精神的なマイナスが大きすぎます。
というわけで、私も、売りに関しては、迷ったら、即切ります。
でも、為替の場合、下げるときはものすごく早いので、それで十分なんですよね。
応援していきまー
2008/08/08(金) 03:00 | URL | 窓際サラリーマン #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック