今日のポンド円3/5

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
こんにちはイサムです
いつもご愛読ありがとうございます

主要3通貨日中は小幅に動いております。

こ3通貨に共通していることですが、現在の位置が+2σ上限に近い位置に存在しているということです。

節目を意識する上で+2σは強い上値抵抗値となります。

また上昇トレンドの際は+2σの上昇線に沿って陽線を形成していきます。

これがバンドをはみ出しながらであれば、よっぽど強い力が働いているでしょうし、バンド内で+1σ~+2σの間で波を打ちながら上昇をすれば安定した上昇と言えるでしょう。

今の状態ですと、バンドをはみ出しておりませんので、バンド内で+2σに抵抗を受けながら上昇をしている格好と言えるでしょう。

このような理由から小刻みに動いてしまうと考えていいと思います。

この先も一時はこのような状況が続くと予測されます。

また、小刻みの状態はエネルギーを溜めておりますので、いきなり長いローソクを作ることも予測されます。

その動きは短時間のボリバンの動きを見る必要があると考えます。

現在注目するのは日足のボリバン+2σ付近での値動きと、2時間足のボリバン+1σ付近での値動きと考えております。

小刻みのレートであっても平均線とボリバンを動きますので、気がつかないうちに節目を迎えることがあります。

ですから、レートで判断せずに局面である節目を意識することを心がけていただきたいと思います。

このように節目がポジションを取る際のタイミングがとてもつかみやすくなります。

節目を意識することにより、天で買い、地で売るような的外れなトレードが驚くほど減少します。

節目を意識することにより、リスクが激減します。

実際に、新研修からの体験談として、値頃感で取引をするのと、節目を意識して取引をするのでは明らかに結果が違うというお喜びの声がたくさん寄せられております。

FXはギャンブルではありませんので冒険をする必要は一切ありません。

相手がいるわけではなく自分一人の勝負です。

大損をする人の原因は決まっております。

それは買うタイミングを間違えるのと、損切りが出来ないことです。

たまに勝つことにより、欲が生じます。

予想外のマイナスを被ることにより、取り戻そうとします。

「予想外」ってなんですか?

FX取引で「予想外」はしてはいけません。

勝つ思ってポジションを取るのではなく、負けることもあると思ってポジションを取らないといけません。

その根本は「損切り」設定です

しかし、多くの初心者がどこで損切りをしたらいいのか分からないというのが現状です。

損切り値を算出するのは難しくありません。

「抵抗値」「転換値」ですればいいのです

私のブログをご覧頂ければ、結果はおわかりいただけるかと思います。

何度もその日の最安値を当てているのは、「抵抗値」を算出しているからです。

抵抗値を出すことは難しくありません。

自分で鍛錬することにより誰でも算出することができます

これができれば、どこかのHPで「上がりそうだ」とか「下がりそうだ」とかの無責任な発言と鵜呑みにして、取引をしてしまい「損切り」が出来ずに大損をするということはあり得ません。

研修生の皆様には「イサムのFX鍛練シート」というツールを利用して毎日鍛練していただいております。

締切りとさせていただきましたが、どうしても欲しい方は ueg72297@biglobe.ne.jp までご連絡をください


ポンド円】
★★★1位の情報をチェックしましょう★★★
ポンド重要情報人気ブログランキング

これからの展開を
テクニカル的に見てみましょう
MACDの見方はこちらをどうぞ

【日足】
ポンド日足3.5

ボリバンでは+2σ付近値動きをしております
今はやや円安に進んでおりますが、小刻みで動いています

これは冒頭でも申し上げましたが、上値が+2σで抵抗を受けているからです。

不思議なことではなく、+2σで抵抗を受けるというのはごく当然の動きと言ってよいでしょう。

上昇トレンドであるからにはボリバンそのものが広がるでしょうから、広がった+2σに沿って上昇すると考えいます。

今の段階で想定されることとして+1σ~+2σの間での値動きを想定する必要があるでしょうから
+1σまでの下落も予測入れる必要があるでしょう。

この先、米ドルが100円の大台に乗せるかどうかの局面を迎えるでしょうし、現在も上からの圧を受け始めております。
この大きな抵抗に対して、更に上値に乗せることができるのか、失速するのかでポンドの流れは変わると予測出来ます。

そういう意味ではここ2,3日の動きが重要と言えるでしょう

抵抗値は
上値抵抗値 142.10
下値抵抗値 138.00

振り切った方に加速しやすいと考えております
【FXシート】にはこの抵抗値をご記入ください

【2時間足】
ポンド2H3.5

ボリバンでは+1σ~+2σの間で値動きをしております。

これが私が冒頭で申し上げた形です。

大事なことはレンジであるとか、ではなくて「+1σでサポートを受けている」と言うことです。

+1σでサポートを受けている限りは安定した上昇が期待できます

この先はこのチャートの+1σを挟んでの値動きは欠かさずに見ていただきたいと考えます

逆に言うとロングポジを取るのでしたら+1σやや下を損切り値として推奨いたします。

短時間ベースでの抵抗値は
上値抵抗値 141.60
下値抵抗値 140.30

特に下値抵抗値でサポートを受け続けるかどうか注目しましょう

この数値は【FXシート】にご記入ください。
慣れてくるとご自分でこの数値が出せるようになります

1日1回のクリック応援をお願いします(下の2つのアイコンをクリックしてください)
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

★★★★★★
イサムから研修生へ
慣れるまでは小額取引をお勧め致します
例えばポンド円でしたら変動率が大きいので1000通貨でも十分利益が得られます。
ヒロセ通商でしたら、1万円からお取引が可能です。
口座開設はこちら

この記事へのコメント
やっぱりサポートをうけてると強いんですね!!
まるで人生みたいです。。
ぽちっと。。
2009/03/06(金) 00:26 | URL | heavenSmile #-[ 編集]
おはようございます。
141円後半をなかなか抜けれませんね。
応援ポチ
2009/03/06(金) 07:01 | URL | ひでたろう #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する