今日のユーロドル分析1月12日号

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
★★★ イサムプレゼンツ 無料配信 ★★★

初心者必見!
「トレードスタイルを掴む」レポートプレゼント
無料レポートが欲しい方はコチラ


今日のトレンドを配信
トレンドに乗って大きく勝ちましょう
抵抗値無料配信はコチラ
----------------------------------------------------
■■ゴルスパチャートで分析中■■

日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20140112

(チャートをクリックすると拡大されます)

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます!)

まずは日足チャートからの分析です

金曜日のユーロドルは陽線を形成しました

ようやく陽線を出してくれましたね

直近数週間では下降圧力がかなり強く、ほぼ毎日が陰線となっておりましたので
かなり久しぶり感があります

ただし、この1本の陽線からは特に変化点は読み取れません

引き続き下降トレンド継続中の相場と考えております

この場合は方針がショート軸ということであって
結果的にこのまま上昇する可能性がゼロと言っているわけではありません

現状の下降トレンドからブレイクするまでは
積極的なロング狙いは控えたという意味です

日足ー1σラインを越えるまでは
ショート軸継続中として考えておりますが
逆の言い方をすると日足ー1σライン付近までは上昇する可能性もあり得るということです

ですので、下降トレンド中であっても現状のように日足ー2σラインに近いところであれば
ロングチャンスもありますが、大事なことは深追いはしないことです

短期保有と損切りをしっかりとできるのであればロングチャンスもゲットできるでしょう

ただし、今の相場のロング狙いは中級向けと言えます

初級的な狙い方であればある程度上昇してからの戻り売りが狙いやすいといえます

特に金曜日は陽線を出してくれましたね
上昇の様子を確認しながら
再度、下値抵抗をブレイクしてからのショート狙いが狙いやすいでしょう

この方針は日足ー1σラインよりも下の範囲内であれば有効と考えております

日足ー1σラインを越えると下降トレンドの弱まりが期待できますのでロングチャンスが増えやすいと思います

今日は休場明けですので金曜日の上昇力がどこまで継続されるのか確認しましょう


以上を大きな狙い目と考えております

詳しい狙い目は1時間足にて解説します

更に詳細のトレードポイントはゴルスパの矢印に従うといいでしょう

ゴルスパを使っての簡単トレード手法はコチラです
最新版を更新しました
↓ ↓ ↓ (クリック)
特別レポートはコチラをクリックです





★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20140112

(チャートをクリックすると拡大されます)

★下記ではエントリーポイント公開!★

ここから先はゴルスパ【ボリレンジャー】会員様特別分析となります

拍手が「30」で臨時公開します!(^^)!

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する