今日のユーロドル分析9月15日号

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
★★★ イサムプレゼンツ 無料配信 ★★★

初心者必見!
「トレードスタイルを掴む」レポートプレゼント
無料レポートが欲しい方はコチラ


今日のトレンドを配信
トレンドに乗って大きく勝ちましょう
抵抗値無料配信はコチラ
----------------------------------------------------
■■ゴルスパチャートで分析中■■

日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20150915


(チャートをクリックすると拡大されます)

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます!)

まずは日足チャートからの分析です

昨日のユーロドルは同値線に近い陰線を形成しました

やっぱり陰線を形成しましたね

昨日のポイントは上値抵抗線の存在でした

振り返りますと一昨日までの6営業日は陽線を形成しておりまして
上昇圧力優勢の相場展開となっておりました

しかし、昨日は重要局面でして
昨朝のレポートで指摘しましたように

上値抵抗線である日足+1σラインの真下からのスタートとなりました

案の定、昨日はこのラインに抵抗線を受けての下落の結果となりました

しかし、昨日のローソク足をみると
強い下落ではなく、ライン際で揉み合う程度の下落で収まっております

そういう意味では今日も再度上方向へのトライもあり得るでしょう

引き続き今日も日足+1σラインを基準線として見ておりまして
このラインを越えると上昇圧力の強まりを期待できるので
ロング軸の範囲と見ています

逆に日足+1σラインを越えられない場合は
下方向に伸びる可能性がありますが
昨日のように中途半端な下落で終わるケースもあり得るでしょう

下落をした際の最初の目標値は日足平均線ですが

日足平均線よりも上のに位置しておりますので

一時的に下落をしても再上昇の可能性もあるでしょう

そういう意味では
日足平均線~日足+1σラインの間は方向の付き方が弱いとも言えますので
ラインブレイクが次のチャンス場面になりやすいと見ています

以上を大きな狙い目と考えております

詳しい狙い目は1時間足にて解説します

更に詳細のトレードポイントはゴルスパの矢印に従うといいでしょう

ゴルスパを使っての簡単トレード手法はコチラです
最新版を更新しました
↓ ↓ ↓ (クリック)
特別レポートはコチラをクリックです





★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20150915


(チャートをクリックすると拡大されます)

ブログランキング参加中!
今日は何位かな?
↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する