今日のユーロドル分析9月28日号

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル1時間足20150928

(チャートをクリックすると拡大されます)

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます!)

まずは日足チャートからの分析です

金曜日のユーロドルは陰線を形成しました

やっぱり下落しましたね

ポイントは木曜日のローソク足でした

木曜日は陽線はありながらも上ヒゲを出していました

金曜日のレポートではこのことに着目しましたね

要するに木曜日は陽線ではあるものの
終わりかけには短時間足で下降圧力が働いていたことを指摘したわけです

ですので、金曜日の課題としてはどこまで下落をするのかに的を絞ったのですが

結果的に順当に下降の流れを引き継いだ展開と言えます

また、金曜日の重要下方抵抗線として

第一下値抵抗線 日足-1σライン
第二下値抵抗線 1.1085ライン

を指摘しました。
ほぼこの通りになっています

また、金曜日は陰線ではありますが
下ヒゲを出しています

これは木曜日の逆でして、下値抵抗線の存在があることを意味しています
だいたい、指摘しました第二下値抵抗線付近ですので狙い目通りですね

さて、先週末展開では結局行った来たの展開となっておりまして
方向のしっかりしない状態です

陰線も陽線も何本かは続きますが、しっかりとしたトレンドは発生しておりません

現状では

上値抵抗線 日足平均線
下値抵抗線 日足ー1σ

が最初のポイントとなります

木曜日も金曜日も一時的な抜けで終わりましたので
しっかりと抜けてくると次の動きを見つけやすいと思います

今朝の時点では短時間で浄書トレンド中ですので
まずは上攻めから確認したいところです

特に日足平均線の攻防には注視しましょう


以上を大きな狙い目と考えております

詳しい狙い目は1時間足にて解説します

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20150928

(チャートをクリックすると拡大されます)

ブログランキング参加中!
今日は何位かな?
↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する