今日のユーロドル分析10月26日号

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足201501025

(チャートをクリックすると拡大されます)

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます!)

まずは日足チャートからの分析です

金曜日のユーロドルは陰線を形成しました

比較的幅のある陰線となりました

先週の重要ポイントは木曜日のECBでして
この指標で大幅な下落となりました

それを受けて金曜日は引き続きの陰線を形成できる目安として
1.1085の下値抵抗線を判断基準としておりました

結果的にこのラインをブレイクしましたので
追い込みショートに自信が持てたと思います

また、この背景には中国の利下げが絡んでいまして
それに伴いドル買いが進んでいます

この中国の影響もこれまでのレポートで解説してきた通りで
為替変動に影響を及ぼしやすいニュースとして注目しておりました

週明けの今日もどこまで影響を受けるのか見ていきたいところです

ユロドルにおいては次の下壁は1.1000に注目しております

このラインをブレイクした場合はラインよりも下の範囲内継続中はショート軸で見ています

逆に上昇の狙い目は小反発狙いであればチャンスは発生するかもしれません

この場合は下降トレンド中のロングで逆張りになりますので
エントリーと同時に損切り設定を入れるようにしましょう

日足ー1σラインを越えるまではある程度上昇してからの再下落待ちがメインの狙い目として考ええおります

以上を大きな狙い目と考えております


★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20151026

(チャートをクリックすると拡大されます)

ブログランキング参加中!
今日は何位かな?
↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する