今日のユーロドル分析12月1日号

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足201501201

(チャートをクリックすると拡大されます)

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます!)

まずは日足チャートからの分析です

昨日のユーロドルは陰線を形成しました

一昨日と同じような展開になっております

大きな値動きではありませんが、トレンドに沿った形になっております

昨日のレポートでも指摘しましたように
ポイントとなるラインを2つ用意しました

1つは1.0600ラインです

昨日の展開でもこのラインを越える事が出来ませんでしたので
上昇圧力の期待は持てませんでした

もう1つは1.0565ラインです

このラインを下値抵抗線として位置付けしておりました
結果的にやはりこのライン付近で安値がストップしております

ですので、昨日の陰線は指摘した範囲内に収まる展開になっております

引き続きの下攻め展開中ですので
上記のラインを今日も意識したいと思います

今日は月が変わるのと中堅どころの指標が並んでいますので
ある程度動く可能性を期待しております

動き出す際は上記ラインに対して変化が発生しますので
目安にするといいでしょう

ラインを割れた際の狙い方については昨日のレポートで指摘した通りです

ここから

下方向に関しては4月以来の安値圏内ですので、
深追いはせずに30~50PIPSで利確の勝ち逃げを推奨しておりました

ちょうどその範囲で戻していますので
まずまずの展開ではあったと思います

結果的に下がって戻しての展開ではありますが
1.0600がキーポイントになっているようです

今日の展開で1.0600よりも下の範囲を継続できれば
引き続きの下攻めを想定しております
この場合は次の下値抵抗線を1.0565付近で見ています
しかし、深い追いは禁物ですので
下方向へのブレイクがあったとしてもある程度で勝ち逃げを考えております


また、1.0600を越えた場合ですが、
過度な上昇期待は禁物ですが
日足ー1σライン付近までの上昇を期待しております

ここまで

いずれにしても、上昇も下降もどこまでか見えにくい状況ですので
エントリーと同時に損切り設定を入れることは忘れないようにしましょう


以上を大きな狙い目と考えております


★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20151201

(チャートをクリックすると拡大されます)

ブログランキング参加中!
今日は何位かな?
↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ




この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する