今日のユーロドル分析1月22日号

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20160122

(チャートをクリックすると拡大されます)

チャートはゴルスパチャートです(トレンドラインは自動で引いてくれます!)

まずは日足チャートからの分析です

昨日のユーロドルは同値線を形成しました

昨日のポイントは下ヒゲですね

久々に見る長い下ヒゲを出しました

大きく下がって戻していますので
変動幅としては倍となりますね

この理由は昨日も指摘しましたようにECBにより大きく下落したのですが
その後の戻しにより、下げて上げての形となりました

注目していただきたいのは値幅です

大きく動いているのですが、結局はレンジ範囲で収まっております

勢いで若干のはみ出しはありますが
指摘しておりました

第一下値抵抗線 日足ー1σ
第二下値抵抗線 1.0800

の範疇にほぼ収まっている状況です

それほどまでにユーロとドルの均衡が保たれているといっても良いでしょう

一方でユロ円は昨日の指標でユーロ売り円買いとなりましたが
それ以後の値動きでユーロの買い戻しが発生しております
強い下降トレンドを形成しておりましたユーロ円ではありますが
やや底打ち感のある状況です

ユーロドルに話を戻しますが
今朝の時点では深夜から発生している
短時間の上昇トレンドを形成しておりますので
どこまで上昇するのかを見ていきたいところですが
日足では強いレンジ中ですので
抵抗線を強く意識したいところです

同様ではありますが
第一上値抵抗線 日足+1σ
第二上値抵抗線 1.0980

第一下値抵抗線 日足ー1σ
第二下値抵抗線 1.0800

あたりで意識しております

今の段階ではレンジ型の
上値抵抗付近では売り
下値抵抗線付近では買い

が順当なトレードになると思います
但し、損切り設定は必須ですので心掛けるようにしましょう

以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20160122

(チャートをクリックすると拡大されます)

ブログランキング参加中!
今日は何位かな?
↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ







この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する