今日のユーロドル分析1月26日号

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20160126

(チャートをクリックすると拡大されます)

まずは日足チャートからの分析です

昨日のユーロドルは陽線を形成しました

やはり上昇してきましたね

金曜日の終わりかけでは下降トレンドを形成しておりましたので

どこまで下落するのかに注目しておりましたが
戻しの展開となりました

戻しの判断基準となったのが1.0800ラインでしたね

昨日のレポートで指摘しましたように
このラインを基準線として
ラインを越える事により再上昇を期待しておりましたので
その通りの展開となっております

再上昇したことより
レンジ相場に引き戻された格好となっておりますので
先週同様のレンジ展開型のトレードを意識しております

今朝の時点では緩やかですが上昇トレンド中ですので
まずはどこまで上昇するのかを見ていきたいところです

直近では1.0900付近に上壁の存在がありますので
ここまで上昇した場合は注視するといいでしょう

また、再度下降圧力が発生した際は1.0800ラインに注目しております

このラインよりも下の範囲ではショート圧力継続で見ています
最近の傾向ではどちらかというと
下方向にアタックを仕掛けておりますので
今後も何度か下攻め展開があるかもしれません
経験値的に1.0800を一時に割れても戻されるケースもありますので
この場合は薄利決済または損切りでしっかりと対応するようにしたいところです

FOMC前の様子見感も強くなりやすいですので
このあたりも参考にしていただけましたら幸いです

以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20160126

(チャートをクリックすると拡大されます)

ブログランキング参加中!
今日は何位かな?
↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ



この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する