今日のユーロドル分析3月14日号

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足201603014

(チャートをクリックすると拡大されます)

まずは日足チャートからの分析です

金曜日のユーロドルは陰線を形成しました

木曜日のECBによる大幅な上昇に対して戻しの下降圧力となりました

結果的に陰線ではありますが
特徴的なのが下ヒゲの存在です

比較的長い下ヒゲを出しておりますので
陰線でありながらも下値抵抗の根強い状態も読み取れております

また、ヒゲの先が日足平均線でピタッと止まっていることも想定通りの展開と言えます

週末だけの値動きを見ますと

高値は日足+1σラインでストップし
安値は日足平均線でストップしている

この点は押さえておきたいと思います
今日の展開でどちらかのラインをブレイクすることで
変化点を読み取れるポイントになりやすいでしょう

上方向にブレイクした際は
その次の大きな壁は1.1370付近で見ています

逆に下方向にブレイクした際の大きな壁は1.0945付近で
見ています

このあたりは今週のポイント値にもなりやすいと思いますので
注視するといいでしょう

特に今週は重要指標が立ち並んでおりますので
変化が発生する可能性は十分にあります

まずは上記を目安にするといいでしょう。

以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20160313

(チャートをクリックすると拡大されます)

ブログランキング参加中!
今日は何位かな?
↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ



この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する