今日のユーロドル分析4月4日号

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20160404

(チャートをクリックすると拡大されます)

まずは日足チャートからの分析です

金曜日のユーロドルは同値線を形成しました

雇用統計発表の割には大きな動きとなりませんでしたね

サプライズは特になかったと判断できます

とはいえ、統計発表では一時は上昇方向に反応したものの
結局戻されてしまいました

その結果、上ヒゲを出しています

先週1週間の全体の流れとしては上昇トレンドを形成しておりますので
金曜日の上ヒゲには注視したいところです

レートで示すと1.1440付近になりますが
このあたりには上値抵抗線の存在を意識することができます

今日以降の展開でこのレートを越えてくると追い込みロングの目安になりやすいのですが
越えるまでは戻しのショートも意識したいところです

といいますのも、現レートは今年最安値を形成しております
2月中旬も同レベルの高値まで到達したものの
天井となり上昇→下降へと流れを変えたレート付近でもあります

そういう意味ではこれからの上昇に対しては慎重に判断したいところです

特に日足+1σを割れてくると下降圧力の優位性が読み取れますので
このあたりも注視したいところです

全体としては上昇トレンド継続中ですので
現状でのショート判断は時期尚早ではありますが

今後の期待として戻しの下降もあり得ることは想定しておいた方が良いでしょう

以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20160404

(チャートをクリックすると拡大されます)

ブログランキング参加中!
今日は何位かな?
↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ




この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する