今日のユーロドル分析5月17日号

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20160517

(チャートをクリックすると拡大されます)

まずは日足チャートからの分析です

昨日のローソク足は陽線を形成しました

陽線ではありますが
実体に短いローソク足となっておりますので大きな動きは発生しておりません

先週金曜日に比較的長い陰線となりましたので
戻しの作用といったところです

昨日のショートチャンスは乏しい展開ではありましたが
金曜日に発生した下方向への変化は継続中でありますので
今日もその点は加味したいと思います

今朝の時点では方向付かずの状態ですので
どちらに反応するのかはわかりませんが

昨日同様の抵抗線を意識しております

下方向は日足-1σラインを重要な抵抗線として考えておりまして
金曜日の変化がもっとしっかりとした下降圧力になるための
ラインと言っても良いと思います

また、上方向は日足平均線を意識しております
このラインを越えると金曜日の変化が帳消しとなるラインですので
このラインの攻防も注視したいところです

今の段階では金曜日の下方向への変化はあるものの
油断できない状況です

先々週までが強い上昇トレンドでしたので
それに対する戻しの下降とも判断できる範疇ですので
1.1215付近を割れるまでは反発も考慮したポジション調整を意識しております

まずは
日足平均線を越えるのか
日足ー1σラインを割れるのか

どちらに反応するのかを見ていきましょう



以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20160517

(チャートをクリックすると拡大されます)

ブログランキング参加中!
今日は何位かな?
↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ






この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する