今日のユーロドル分析5月18日号

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20160518

(チャートをクリックすると拡大されます)

まずは日足チャートからの分析です

昨日のローソク足は同値線に近い陰線を形成しました

方向は上攻めでしたが指摘した上値抵抗線でピタッと止まりましたね

昨日のレポートで注目したのが日足平均線の上値抵抗線でした

このラインを越えると先週から続いている下降圧力の弱まりが期待できる
大事な判断材料となるラインでしたが
やはり、このラインがキーポイントとなりましたね

上方向にアタックをしては戻しての展開で
1時間足ではレンジ展開となっております

昨日は終始こんな感じでしたので大きな変化は発生しておりませんし
エントリーポイントの乏しい展開となっております

昨日のレポート同様のポイントを掴んでおきましょう

上方向は日足平均線を越える事で先週発生の下降圧力の弱まりが読み取れる

下方向は日足ー1σラインを割れることで先週の下降圧力の後押しとなり
もう一段下降する期待が持てる

というように考えております

今は方向付かずの状態ですが、
現状のレンジがブレイクすると変化発生で大きく動く可能性も十分ありますので
上記の変化を見逃さないようにしましょう


まずは
日足平均線を越えるのか
日足ー1σラインを割れるのか

どちらに反応するのかを見ていきましょう



以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20160518

(チャートをクリックすると拡大されます)

ブログランキング参加中!
今日は何位かな?
↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ



この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する