今日のユーロドル分析6月7日号

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20160607

(チャートをクリックすると拡大されます)

まずは日足チャートからの分析です

昨日のローソク足は同値線を形成しました

先週金曜日に大幅に上昇した明けの月曜日ではありましたが
昨朝のレポートで指摘したことは
金曜日の上昇トレンドを継続できるのかどうかでした

特に上昇した際のポイントとして
上値抵抗線 日足+1σライン
を指摘しておりました

案の定、昨日の最高値はこのラインやや下で止まってしまいましたので
上昇に対しては変化が発生しておりません

逆に下方向へも変化は発生しておりません

1時間足を見ますとほぼレンジを維持しておりますので

まだ更なる上昇の可能性も残されている格好となっております

今日も上昇圧力の強まりの目安として日足+1σラインを意識しております
このラインを越えてると更なる上昇を期待しております

しかし、このラインを越えられない場合は
反落も視野に入れたいところです

第一下値抵抗線 1.1320
第二下値抵抗線 1.1280

このラインに対して変化が出てくると
下降圧力発生の兆しとして期待しております

今朝の時点では上昇も下降も可能性は半々ですので
上記のどちらかのラインに変化が出た折に
変化の兆しの目安にされると良いでしょう

以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20160607

(チャートをクリックすると拡大されます)

ブログランキング参加中!
今日は何位かな?
↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ


この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する