今日のユーロドル分析6月8日号

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20160608

(チャートをクリックすると拡大されます)

まずは日足チャートからの分析です

昨日のローソク足は同値線を形成しました

一昨日に続いての同値線ではありますが
一昨日にもまして幅の小さい値動きになっております

1点注目は上値抵抗線です
昨日のレポートでは日足+1σラインに注目しておりました

昨日の展開を見ると日足+1σラインの真下でモジモジしている状態が読み取れます
つまり、上方向にアタックを仕掛けているものの
越えることができない状況です

このような小幅な値動きの時は要注意でして
レンジ中のトレードは様子見ですが
レンジブレイクすると大きく動く可能性も十分あります

現状のレンジ幅は
レンジ上限 1.1380
レンジ下限 1.1335

の狭い範囲で動いております

上方向の動いた際は次の目標値を1.1450
下方向に動きた際は次の目標値を日足平均線

で見ています

どこまで動くか未知数ではありますが
上記を動き出しのキッカケにしていただけましたら幸いです

以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20160608

(チャートをクリックすると拡大されます)

ブログランキング参加中!
今日は何位かな?
↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ





この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する