今日のユーロドル分析7月26日号

目指すは「損小利大」。初心者が大損をしないために毎日【抵抗値】を算出し、【損切り】を徹底させます
日足チャートから読み取ること
・トレンドを知る(短期&中期)
・現在の抵抗値を知る(サポート&レジスタンス)



日足チャートの見所

中期トレンドライン:黒色

中期トレンドライン:茶色


抵抗線:ボリンジャーバンド


このラインに注目しましょう


【日足チャート】
ユロドル日足20160726

(チャートをクリックすると拡大されます)

昨日の日足ローソク足は陽線を形成しております

金曜日のローソク足は比較的長い陰線を形成しておりましたので
週明けの課題として下降圧力がキープできるかどうかでした

結果的に維持できませんでしたが
昨日のレポートで指摘しましたように
判断基準として1.0980ラインを意識しておりました

このラインを上回ると下降圧力が弱まり流れの変わるポイントととして意識しておりました
昨日の夕方までは1.0980ラインが上値抵抗線として機能していたのですが
夕方以降の展開で越えて来たことで上昇圧力優勢の展開に変わってきました

今朝の段階では1時間足で上昇トレンド継続中ですので
どこまで上昇するのかを見て行きたいところではありますが

最初の注目点は
日足ー1σラインです
ただ、最近の傾向では強い上値抵抗線にはなっていません

その次の上値抵抗線は1.1060付近を意識しております

上方向にはその上にも何層をもの抵抗線の存在がありますので
このあたりは意識しておきたいところです

また下方向は
金曜日に直近安値を更新しておりますので
1.0955付近を意識しております
このラインを割れてくると安値更新で下方向に一時的に勢いを増す期待が持ててくるでしょう

いよいよ明日のNY時間でFOMCがありますので
注目はここに集まるでしょう

様子見優勢になりやすいですので無理はしないようにしましょう


以上を大きな狙い目と考えております

★ご注意
ご提供する配信データ・取引内容ははあくまでも参考データであり、売買を推奨するものではありません。
お取引に際しましては、ご自身でのご判断において行われます様お願い致します。


【1時間足チャート】
ユロドル1時間足20160726

(チャートをクリックすると拡大されます)

ブログランキング参加中!
今日は何位かな?
↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ



この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する